高知なう

NEO BLACK―茂本ヒデキチ画集

茂本 ヒデキチ / 早川書房



アーティスト・茂本ヒデキチ、高知市ギャラリーファウストにて個展開催中

昨日4月2日は久々の雨。そんな時におばあちゃんが遊びに来て母とおしゃべり、話し始めると一時間は
かかるので。雨のやみ間に出かけるとこに。帯屋町へきてまずパチンコ店へ軽く遊ぶつもりで入ってみた。
1000円分使って帰るつもりが最後にプレイした「CR弥次喜多道中3」で大当たりを引いてしまった。
おかげで+2000円の儲け。次はどこへ行こうかと次は裏通りのラーメン屋へ、ところが本日オヤスミ。

なら次はギャラリーファウストへ行ってみるか?
当然新しい展示会がやっていた。看板のポスターイラストをみると
「あれ?たしかテレビCMや雑誌の広告とかで見た絵だよね?」

さっそくギャラリーへ入ってみたら茂本ヒデキチさん本人がいた。
パチンコ店で稼いだお金で画集を購入、もちろんサインも付けてもらった。


なぜ高知県へきたのか?
なんでもアーティストつながりでデハラユキノリさんとは知り合い、彼の紹介だそうだ。

一週間は高知に滞在するそうだ。「ひろめ市場」はもう前日、作品搬入の後で飲みに行ったそうだ。
とりあえず、高知市内で楽しめるところはほかにあるとしたら「沢田マンション」を教えた。

今度の4月6日は高知城の花見イベントの一環としてライブペイントをするそうだ。

その日、夕方から始めるオープニングパーティーに参加させてもらった。
とうぜん、高知の新聞社、TV局の関係者らもきていた。
まさかそこで高校時代の同級生に会うとは思わなった。
パーティー後半では専門学校の先生、村岡マサヒロさんらもやってきた。

おかげで朝はまた二日酔い。
[PR]
# by notyou0508 | 2013-04-03 13:48 | 日記・雑談(その他) | Comments(0)

今日は何の日?

今日はエイプリルフール、ウソをついても構わない日だが、これだけはほんとに言わせてほしい。

飲料会社サントリーの新しい発泡酒『グランドライ』はなんだか不味い(マズイ)!

発泡酒は絶対冷やして飲まないとダメだ!
[PR]
# by notyou0508 | 2013-04-01 22:48 | 日記・雑談(その他) | Comments(0)

映画館へ観に行った。

プラチナデータ (幻冬舎文庫)

東野 圭吾 / 幻冬舎



5年以上使い続けていたパソコンがついに壊れた、新しく買ったパソコンに慣れるため
時間を費やし最近、ブログの更新が進められていなかった。

この間、映画『プラチナデータ』を観に行った。

当然、これまで同様映画代が安くなる夜の時間帯に・・・見始めたときトイレに行きたくなった。
夕飯時に酒、アルコールは控えるべきだった。

「犯人を特定するDNA検査機にデータをかけたら答えは自分だと表示された?」
研究所内で起こった殺人事件、状況判断により主人公・神楽(二宮和也)による犯行にほぼ違いないと
指摘され彼は自らの無実を主張し逃亡。そんな中、刑事の浅間(豊川悦司)は独自に捜査を開始する。

神楽が精神に疾患をもった二重人格者など、いくつかの事実が明らかに。そして犯人の正体が・・・

この物語の第一印象はトム・クルーズ主演の『マイノリティーリポート』みたいな物だろうと思った。
こちらは、人間の殺害を予測するマシーンが登場する物語、マシーンの活躍で殺人事件を未然に防いで
ほぼ100%殺人件数ゼロ

そんなある日、アンダーソン刑事(トム・クルーズ)が『明日、とあるホテルの一室で殺害を起こす』とマシーンに予測されてしまう。
仲間に追われながらも切り抜けていきアンダーソンはついに自分が殺害を起こす地点へ到着

被害者となる男性が、昔自分の息子を誘拐した犯人ではないかと一時怒りを感じたものの肝心のところで
彼は我慢した。しかし男性は無理やりアンダーソンの銃で自殺した。

「ここでお前に殺されないと報酬がもらえない」アンダーソンは彼の言葉と行動に疑問を感じてついに
黒幕の正体にたどり着く、マシーンの盲点などに熟知した男、それは自分の上司でもある最高責任者であった。

と、このように最初映画を見始めた時は『たぶん、真犯人は内部の人間、提出するデータを細工したモノだ』と考えてしまった。

原作小説本を読む機会もあったが、「もしかしたら主人公は双子(一卵性双生児)?」とも考えたりした。
小説、ここ最近読み上げるのが面倒くさい。

監督は「龍馬伝」「るろうに剣心」でおなじみの大友啓史
龍馬伝でところどころ面白い演出が見られたのだから「プラチナデータ」は?
二宮がバイクを乗りこなすアクションがでてきた!

でもところどころスタントマンに代わってもらっているだろう。

二〇一三年のトップアイドルはAKBをはじめとする48グループが女子部門を独占。
もちろん男子部門はほぼ「嵐」だろう。

なんせ今年の夏やる新作映画は桜井翔主演「謎解きはディナーの後で」、こいつとはタメ、ほぼ同い年だ。

でも、同じ新作映画でも乙武洋匡主演の映画にはかなわないだろう。

ちなみに次みる予定の映画は「ドラえもん」、じゃなくてディズニーの「シュガーラッシュ」だ。
[PR]
# by notyou0508 | 2013-03-26 23:37 | 映画(全般) | Comments(0)

ルパン三世「ルパンVS複製人間」[Blu-ray]

VAP,INC(VAP)(D)



本日「東日本大震災」。一昨年2011年は、昼まで寝てその夜は知人の飲み会へ飛び入り参加。
自分が住む地方の街から遠く離れた所ではかなり大変な大惨事が起きていたとは・・・

そんな日に一人の声優が亡くなったニュースを聞いた。“銭形のとっつあん”こと納谷吾朗である。

「ルパーンっ、貴様が死なないのであれば俺も死なんぞーっ!」

少年時代に見た『ルパン三世VSクローン人間』冒頭にて銭形警部が叫んだ台詞である。
テレビ金曜ロードショーで見た話はノーカットディレクター(完全)版だったかな?
作中で銭形警部のは娘さんがいる事が明らかに?

この記事を書き始める前に記事の確認をしたところ、正確には3月5日の夜、午前3時であったそうだ。おいおいと思った。
さらに驚いたのは先日10日に亡くなった声優さんがあきらかに?!滝下毅さん?最初からそのニュースを流せ!
[PR]
# by notyou0508 | 2013-03-11 23:38 | 漫画・アニメ | Comments(0)

最近観た映画

脳男 (講談社文庫)

首藤 瓜於 / 講談社



映像化されてわかった。『脳男』とはダークヒーローというべきかな?

いつかみたバラエティ番組にゲストで出てきた生田斗真
「今度やる主演の映画です。」と簡単な宣伝で知った。

名前だけは一応知っていたグロテスクな名前と小説本の感じ悪い表紙絵が好きになれなかった。
映像化される作品はそれなりに価値があるし、TUTAYAでレンタルDVD借りるよりも大画面で観られる。

何よりもケーブルテレビで観たデビッド・クローネンバーグ監督作『ザ・フライ』シリーズ。
あのグロテスクな映像を忘れたかった為でもある。あれは夢に出てきてうなされそうだ。

話戻って「脳男」これは普通に人間同士のドラマだ。主人公の人物像は海外テレビドラマの「デクスター」いや、漫画家さそうあきら作品の一つ「ドック・ドック・ドック」が一番近いかもしれない。

犬・犬・犬(ドッグ・ドッグ・ドッグ) 5 (ビッグコミックス)

花村 萬月 / 小学館



追記】とりあえず、「脳男」と「ドック・ドック・ドック」(以下ドッグ)の違いについて。
「脳男」の主人公・(仮名)鈴木一郎ことイチロー、「ドッグ」のマヒケンともに脳内の神経に異常をきたし一部の感覚が麻痺していた。

イチローは元々大富豪である老人の孫で人里離れた所で英才教育と一流の山岳家による体力運動を受けた元御曹子。
ある日、自分の家に夜な夜な忍び込んだ強盗が祖父を半死状態にその上放火をするといった悪どい行動に怒りを感じ初めての殺人を起こしてしまった!元々祖父からも法律で裁く事ができない悪人らを
殺す為の教育を受けていた為に都会へと足を踏み入れた彼は次から次へと悪人達を殺していた。
勿論、相手が自分の判断により確実に悪であるかどうかの確認をしてから・・・

一方マヒケンとは京都のとある街に住む青年、幼い頃両親から家庭内暴力を受けて続けていた彼はついに自分の手で両親を亡きののにした・・・それからというもののマヒケンは平気で人を殺す事が出来るヤクザも恐れる青年に成長した。感覚が麻痺しているためふとした事で大怪我しても平気というか我慢も出来る・・・

やっぱり、「脳男」の方がマシだ。ある意味コッチは「バットマン」にも近い存在だ(2013年3月2日
[PR]
# by notyou0508 | 2013-02-26 18:02 | 映画(全般) | Comments(0)

昔から読んでいる週刊漫画誌ではジャンプよりもマガジンを買いたくなる。

週刊少年ジャンプはほとんどの作品がアニメ化されている。
「ワンピース」「ナルト」「ベルぜバブ」「銀魂」など「バクマン」も終了
買おうと思うとしたら「ジョジョの奇妙な冒険」外伝の「岸部露伴は動かない」だな。
ほぼ不定期連載で単行本になるのは10年後になってもおかしくない。

テレビアニメ化の影響で新鮮味がかけるので、そこで少年マガジンを読んでみたら
面白かった。「モテキ」でおなじみの作者、名前なんだっけ?とにかく新作の「アゲイン」
「カイジ」でおなじみ福本伸行の「零(レイ)」他には

新感覚ホラーの「神様の言うとおり弐」、実際するアイドルグループとのコラボ「AKB49」
タイムトラベラーの恋愛騒動「我妻さんは俺の嫁」今度四月にアニメ化される「波打ち際のむろみさん」好きな作家が描いてる「アホガール」などなど結構面白い漫画で一杯だった。

新年、限定商品がもらえるキャンペーンに参加、ビンゴゲーム形式でリーチはかかったものの
しかもトリプル!だがビンゴにならずじまいせっかくだから送ってみると今になって参加賞の
カレンダーが届いた。

「波打ち際のむろみさん」少し読んでみたら登場人物が食事するところで「オーマイコーンブ」
と叫ぶ台詞が、多分作者の歳は20代後半から30代と推測できる。そう思ってニヤリとおもわず心の中で思った・・・

【追記】2013/11/24

今最近はマガジンからチャンピオンに移り代わっている。

それからまさか「ジョジョの奇妙な冒険」外伝の「岸部露伴は動かない」が単行本化した!
でも次の単行本がでるのは5,6年さきかもしれない。
[PR]
# by notyou0508 | 2013-02-25 18:39 | 漫画・アニメ | Comments(0)

あなたの知らない名作


今日2月9日は“漫画の神様”の異名を持つ手塚治虫の命日なり、ココで遺作の一つ『グリンゴ』を紹介

手塚治虫が死ぬ間際に手がけた作品の一つ、サラリーマン漫画『グリンゴ』
『グリンゴ』とは日本語に直訳すると「よそ者」だそうだ。

手塚治虫のサラリーマン漫画にして日本人の自尊心(アイデンティティー)を描く作品

主人公は“ニホンジン”と書いて“日本人”(ヒノモト・ジン)
時は1980年代、日本が『バブル』と言われる絶頂期に差し掛かっていた時期。
大手企業の子会社社長になった早々に前任者の事故死をはじめとするトラブルの数々。

しかもそこはエジプト・サウジアラビア地方付近の中東
物語中盤で部下の裏切りによってさらに治安の悪い近隣国へと左遷、いや新規開拓を命じられる。

今は亡きサダム・フセインを連想させる首領が支配する国、さらに治安の悪化でほぼ無政府状態の地域で新たなるビジネスに挑戦するヒノモト、ふとした事でレアメタルの鉱山を見つけてのし上がっていくところへ
悪徳首領による爆撃騒動、さらに日本の本社、上司の裏切り。

命からがらたどり着いたところはなんと日本の田舎村?
正確には1940年代、日本から中東へ新天地を求めてきた移住者の子孫たちが作り上げたコロニー・東京村
大抵のルールとして日本人以外の者は追放処分。ヒノモトの妻エレンがカナダ人、さらに娘もほぼ妻と同じブロンドヘアー。

しかの東京村の村長ときたらかなりのスケベ!妻エレンに手をかけようとした事を知ったヒノモトは自ら出ていく事に。

かろうじて村を出て行ったものの、近隣国コロンビア国境でパスポート不所持のため入国できずやっかいばらい。イヤイヤ村に戻る事になった。村に移住できる条件とはヒノモトが相撲大会で優勝することだった。

条件は10人抜きの勝ち抜き相撲!しかも準決勝、決勝戦あたりの大戦相手は前大会の優勝者だった!
ヒノモトは前半の5人抜きは楽勝を宣言、しかしそこで手塚治虫がポックリ!他界してしまう。

もしも手塚治虫がもう少し生きていて『グリンゴ』を完成させていたら
相撲大会の結果、東京村の正体などがあきらかになるといった展開があったかもしれない。
枠線が少し気になっていたがオムニバス形式の物語だっただろう。
多分、ヒノモトが命からがら妻子らとバブル崩壊後の日本に帰るといったラストと考えてもいい。
[PR]
# by notyou0508 | 2013-02-09 23:56 | 漫画・アニメ | Comments(0)

映画館へ観に行った。

先日、観た映画「Ted」(R-15)を紹介

直訳すると『クマのぬいぐるみ・テッド』ただでさえCMのワンシーンでも強烈なインパクトをしてくれる。この間、深夜の映画館にいって観に行ってやた。(深夜割引目的)

“少年の友達はクマのぬいぐるみ・テッド。「ホントにお話できたらいいのに」と願った次の朝ぬいぐるみのテッドが意思を持つて話すように。やがて少年はおじさんに、テッドも少しボロのぬいぐるみに、そのまま大人へと成長した2人の物語”。日本の漫画で例えると「大人になったドラえもん??」

主人公の元・少年はどこかで見た事ある人、ティム・バートン版『猿の惑星』の主演マーク・ウォールバーク!

c0192523_20403677.jpg



主人公は恋人とつきあいやがて同棲し4年目、勿論テッドもだいたい一緒。
そんなある日、テッドは抜きで2人っきりデートをして帰って来た夜のこと。
なんとテッドが夜のお友達、コールガール(娼婦)を呼び集めて
パーティー&映画鑑賞。普通にならまだいいとして罰ゲームに「部屋で脱糞」?

トイレではなくテレビのあるリビングでウンコが転がっていたというとんでもない事が起きていた!!

たしかにコレは最悪に強烈、下品な言葉だけでなはくウンコが、さらにはいけないギリギリのところで男と女のセックスシーンでてくるとは・・・R-15指定を受けるだけの事はある。

いやまてよ。ぬいぐるみのテッドとお姉さんのセックスって?お野菜を使った??

他にも実際の音楽家のゲスト出演。昔別の海外ドラマで観た事があるヒト、『マイネームイズアール』??

もっとも驚かされたのはSFアドベンチャー映画『フラッシュ・ゴートン』主演者の登場!?(日本のヒーローでいえば仮面ライダーを演じた藤岡ヒロシのような存在)

しかも「昔々あるところに」と語る語り手は「新・スタートレック」のパトリック・スチュワート??

とにかく話の紹介に戻るとして、夜のお友達騒動の後テッドは家を出ていく事に。

ボロアパートの一室を借りて仕事探しに、スーパーの面接で乱暴な口のきき方をして失格?

とおもってたら逆に気にいられて合格!!スーパーの店員女性とも仲良くなってひと安心。

しかしテッドの事を付け狙う怪しい親子の登場であった。

さらにテッドがふとした事で主人公と彼女の関係を破局させてしまうなど?

何とか仲直りさせようとテッドが主人公を立ち直させるため話し合いから大げんか、CGを贅沢に使った場面が見どころ。

彼女の気を引くために大物音楽家に協力を頼むなど、そしてテッドが死ぬ?

とにかく最後は泣ける事、間違いなし。

追記】レンタルショップTUTAYAで『フラッシュ・ゴートン』のレンタルDVDを探してみたがなかなか見つからない。

映画の三分の一は『フラッシュ・ゴートン』のほとんどパロディ、さらには酒に酔ったフラッシュゴートンと
幻覚のミン皇帝(中華料理店の店長、テッドの隣人)のバトル。

さらにはかわいらしく笑えるクマのテッドと(料理用の)アヒルとのバトルシーンなど。Aflac(アフラック)?
[PR]
# by notyou0508 | 2013-01-31 21:30 | 映画(全般) | Comments(0)



2013年1月13日、この日は高知県は久しぶりの大雨だった。デハラユキノリさんのライブなのでなんとみにいってやった。

開始時間はまた夜の7時(19時)からスタート。お昼に郵便をだした後、スーパーで買い足し。
午後5時ごろ夕飯を食べて一休みして開始より30分前に外出。
到着した時には大勢のお客さんが、もうすでにデハラさんが始めていた。

とりあえず仕事の依頼を受けた時の作業話、実際に出来上がった人形が使われたTVコマーシャルの映像など表示、次にゲストの金子ナンペイさんに関する紹介、しかしここで自分はトイレに行きたくなった。
会場のトイレはすでに先客が、止む追えず隣のビルにあるトイレへ向かったら

金子ナンペイさんが寒い外でスタンバイしていた。

たしかデハラさん、あるいは金子さんのブログで見たプロレスラーのコスプレ、他の会場でも二人のプロレスがやっていたので今回の高知でもプロレス開始とみた。プロレスラーのコスプレだけあってパンツ1枚あまりにも寒そうだった。

自分がトイレを終えた後、いよいよプロレス開始だった。その光景は流血試合だった・・・。

c0192523_2383089.jpg

前日同様プロレスラーのコスプレをしたデハラさん

c0192523_238386.jpg

今現在、小学館・ビックコミック誌の表紙絵を手がけてる金子ナンペイさん。彼もまたプロレスターのコスプレ

パーティーをやるといった感じではなかった。知り合い二名から一緒に飲まないかと誘われたが、
一人は元SM女王様を奥さんに持つかなりのディーブコアといったタイプ、
もう一人は酔いが回るとすぐさま路上で立ち小便をしてしまう人なので少し遠慮した。

金子ナンペイさんが次に高知にくるとしたら2、3年後かもしれないので
金子さん、デハラさん両名からサインをもらって帰る事にした。しかしまち時間がかかった。
会場の缶ビールを一,二個飲んで帰りは傘さし運転で雨の中を帰った。
これならラーメン屋によって食事すればよかった。
[PR]
# by notyou0508 | 2013-01-16 23:36 | 日記・雑談(その他) | Comments(0)

1月6日、今度はグラフィティで村岡マサヒロさん、デハラさん他2名が作品を展示中

c0192523_02656100.jpg


そこへ漫画家・西原理恵子さんが訪ねてきた・・・


c0192523_0261979.jpg


やっぱり高知県は意外な繋がりが多い。先ほど恩師である美術教室の先生に挨拶を終えて
今度は知人でもあるグラフィティのおじさんのところへ御挨拶とのこと2,3時間して空港へ東京へ帰った。

追記】2013年1月16日

西原理恵子とは小学館ビックコミックスペリールの巻末にでてくる漫画を描いてるヒトだ。
西原理恵子本人と他のマンガ家さんとの対談をそのまま漫画にしたものだが、
登場する主人公・西原さん自身がなにか毒々しく表現されていた。

しかし正直会ってみて西原さんを実際に見て驚いた、大人しい感じの人。とても2人の子供を産んだヒトには見えなかった。

しかもその日は西原さん主演のテレビ放送収録のため、師でもある都築先生の対談を終えた後だそうだ。
都築先生とは高知県の県絵画芸術展覧会でも有名なヒトだ。2月10・NHKBSで放送されるそうだ
[PR]
# by notyou0508 | 2013-01-08 00:31 | 日記・雑談(その他) | Comments(0)