2014年をむかえた。

2013年は色々あった。去年結婚した兄弟、妹が先月12月はじめに県外から故郷の高知へ出産のため帰ってきた。(当ブログでも前記事に一文表記してます。)

そもそも結婚したのが9月の秋。三ヶ月に経ってすっかり妊婦。
よくよく考えてみるとハネムーンベイビーなら最低は半年かかって産まれるはずがなぜ?
そこで自分は気が付いた!『できちゃった婚かよ…』

そういえば結婚式のとき新郎、ダンナ側の親族が難しい顔していたのおもいだした。

それはともかく12月はまだかまだかと出産を待ちづつけ、クリスマスを得てついに大晦日。
先日、29日ごろに入院して病院で半日かけて遂に女の子を出産した。

自分は自宅で待機していたが外を出て緊張を和らげるつもりで酒を飲み事にした。
ほとんど夕飯は居酒屋で飲んでやってしまった。

それから家に帰ってきた、両親が妹のダンナが連れてくるため待っていたものの
おもっていたより時間がかかって暇で缶ビール2,3本飲酒した。

やっと帰ってきたものの時計は夜の12時、ついに新年を迎えた。
今度は妹の出産祝いで乾杯。酒を飲んだ。母の趣味でワインを飲むことに。

水分補給をろくにしなかったため、元旦の朝は見事に二日酔いした。

今度は兄夫婦が正月帰り、老人ホームから父方の祖母を連れてきて
母方の祖母夫婦らがやってきて新年会。新年早々なかなか飲めなかった。

父は大喜びで珍しく一升瓶を飲み干してしまった。

それよりかこの間生まれてきた子、姪の名前を一体どんなのにするのか。ダンナの奴はまだ考えていないのだ。ダンナはどんな顔かって?一応は今どきのイケメン(平成美男子)に長嶋茂夫のような濃いアゴヒゲを付けた。


おもわず安野モヨコ&庵野秀明ら夫婦が活躍するエッセイ漫画「監督不行届」をおもいだした。

だけどこの内容はまだ子供を設けていない夫婦の話であった。
何かの参考書を探すつもりでブックオフの本棚をかけづりまわったけっ・・・

「クレヨンしんちゃん」も読んだナ。どうして?しんちゃんの母みさえがなんと妊娠。今度は妹ひまわりを生むことになるエピソードがあったからだよ。
[PR]
# by notyou0508 | 2014-01-02 01:07 | 日記・雑談(その他)

お久しぶり

先月はもうブログの更新をすっかり忘れてしまってた。一か月は放置してしまった。

妹の結婚、および引越しの手伝いなどいろいろあった。

久しぶりの記事はどんなものにするか悩んだ。結婚がらみでカップリング、モーニング誌で連載もっている山崎さやかが実は30歳年上の夫がいるとか?
もうそれは既にほかの漫画家ファンたちの間で知れ渡っているだろう。
それに単行本(小学館イッキコミックス 「ダーリンは55歳」)がでている。

そうだ先週しいれたいいネタだ。グラゼニの「森高夕次」に関する情報だ。


(記事、後日追加修正・・・・)


グラゼニ (1)

森高 夕次 / 講談社




マンガ原作者「森高夕次」、実はベテラン漫画家「コージィ城倉」だった!

そもそも、この情報元は自分の住む高知県の地方紙、高知新聞(2013/08/26)の記事「マンガでゼミナール」のコメント、プロフィールに取り上げられて書かれていた!

『グラゼニ』とは講談社モーニング誌で連載中の原作付き漫画。


“グラウンドには銭が埋まっているー。”

一軍と二軍をきったりきたりする中継ぎ選手が主人公。野球選手の年棒をテーマにした漫画作品。

野球選手の生活苦する姿が生々しく描いてる。

過去作品には

双葉社:アクションコミックス 「おさなづま」(幼な妻)
同じくアクションコミックス 「親父の心配事」

秋田書店:少年チャンピオンコミックスより「ストライプブルー」&「ショー☆バン」(共に野球少年モノ)

ほかタイトルには、タイムトラベルモノ「総理を殺せ」、いじめっ子っが音楽デビューする「琴子の道」など

まだそれはいいとして

上記の作品の一部内容を受け継ぐアッパーな作品 『トンネルを抜けたら三宅坂』


(『グラゼニ』と並行して連載している漫画作品)


「おさなづま」に続くアッパーな漫画!作画は「彼女とカメラと彼女の季節」でおなじみの新鋭の『月子』

いつかだったか連載雑誌を読んでみたら驚きの連続。

なんせ主人公がパンツ一枚で歩き回る美少年、しかも夢はエッチな漫画家になること?

作画者も何でこの仕事OKしたんだろう。実際、単行本も表紙からして結構買うのに度胸がいる。

普通に読んでみると思春期の少年少女を面白おかしく描いた漫画なんだけどな。

「コージィ城倉」と同一人物の証明。

「どこかおかしいな。」 過去に思ったことがあった。アクションコミックス 「親父の心配事」を昔読んでいたときの違和感を感じた。

なんとなく絵の画面構成が「コージィ城倉」の作品そっくりだと感じた

たぶんこの人「コージィ城倉」とこのアシスタントだな?とその時は思った。


とにかくそういったもやもやした疑問が晴れてなくなった。(実際は原作者が絵コンテで指示していたんだろう。)
[PR]
# by notyou0508 | 2013-09-03 21:10 | 漫画・アニメ

非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛 vol.1 [DVD]

バンダイビジュアル



ブログの更新をすっかり忘れていた。前回からはやもう一か月以上たっている!

兄弟の結婚式、漫画家のM先生とのイラスト展示会兼宴会パーティーに
再就職のために、農家をやっている親戚へところへ無理やり親に連れて行かれるなどなど

イラストレーターあるいは漫画家になる為にはどんどん絵を描かなくては
練習のつもりで自分が昔夢中になったガンダムやウルトラマン、仮面ライダーといったヒーローを描いてみた。

結構描くのにコツやポーズに関する構図があることが分かった。
でも肝心の人物や背景などの絵も描ける様にならないと・・・

c0192523_21311089.jpg

題して、『シュリケンジャー VS テントウライジャー』

ちなみにテントウライジャーとは深夜番組「非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛」に登場する
キャラクター。スーパー戦隊シリーズを自分が好む悪役が勝利する作品に書き換えるため生み出された偽ヒーローとか・・・

「非公認戦隊アキバレンジャー」シリーズで主人公格のレッドを演じるのは俳優・和田正人、実は高知県出身者なのでますますファンになってしまった。前作のDVDを借りてこようかな?

人物を描けるために最近のアニメを参考に古本屋で古雑誌のアニメ情報誌を買いに行って参考のため描いてみようか。ここ最近ただでさえニートなのに、ますますオタクになっている。

先日もおじいちゃんから「農家の仕事手伝いをしないなら、高知をでていって大阪とかで仕事を探ししなさい!」

と叱られたな・・・
[PR]
# by notyou0508 | 2013-06-19 21:42 | 日記・雑談(その他)

映画館へ観に行った。

ブログの更新をすっかり忘れていた。とりあえずここ最近映画館で観に行った作品の紹介でもしますか。

4月の末までは『シュガー・ラッシュ』、『とある魔術の禁書目録-エンデュミオンの奇蹟-』

前回いったとおり『シュガー・ラッシュ』は観に行ってやった、正直楽しみにしていた。
なんたってテレビCMでも何回か紹介されていたし興味津々だった

最初の5分間は『紙飛行機』というショートストーリーだった。
一人の青年が一目ぼれした女性にもう一度会いたいと願った途端それが現実に
なんと自分の勤める会社のビルのむかいにつとめていた。
彼女にあいたい一心で彼は必死で紙飛行機を彼女のいる部屋に投げつけて行った・・・

これも結構良かった。

とりあえず本編に戻ってテレビ画面のモニターの裏側で繰り広げられる冒険

かって大昔、「ターボ」なるレーシングゲームのキャラクターが
新しく導入されたレーシングゲーム機に嫉妬して
本来いるべきゲーム機から電気コードをつたってそこへ乱入
故障扱いとみなされてしまい、彼はゲーム機と共に姿を消してしまった
この違反者の名前が由来となって他のゲーム機に住むキャラクター達から

違反の総称として「ターボ」と呼ばれるようになった

そして現代
とあるゲームマシンの悪役キャラクター・ラルフが他のキャラクターを見返すために必要なメダルを探しに
ゲームセンターの電気コードを伝ってちがうゲームの世界「シュガー・ラッシュ」へと移動
 
レーシングゲームの世界
そこでいじめられっ子の少女ベネロぺとであう。
しかし彼女は異端、コンピュータにおけるバグなので
画面に登場すると故障扱いされてしまう。
「シュガー・ラッシュ」が廃棄処分されてしまうとそこの王様から話を聞かせれ

ベネロぺと別れることに・・・
お目当てのメダルを手にいれて帰ってきたかわり、幼馴染のフィリックスと
行き違いになってしまい。さらに自分の住む世界が崩壊、ゲーム機が廃棄処分されてしまう危機が

もう一度「シュガー・ラッシュ」の世界へ突入を考えるラルフ
しかし外から見たときに彼はベネロペがれっきとした登場人物であることに気が付く

実は王様はレースに参加するはずのないキャラで彼女にかわってレースに参加していた
ラルフはフィリックスとベネロペを救い出しレースに彼女を出場させた。

レースが進む中、王様の正体があきらかに、不気味な骸骨のような顔であった。
実はかれこそがゲームキャラクター達で最初の違反者ターボであった。


日本のゲームキャラクターでいえば「スーパーマリオカート」
のようなもの。もっとも実際にマリオの宿敵クッパがゲストで登場。
ラルフが悪役キャラ集合会の席にて画面の端にいることがわかる


5月のはじまり、『アイアンマン 3』、『スーパーヒーロー大戦Z』
これは後日に紹介しょうか。

前にもいったようにパソコンの買い替えなどたいへんだった。
今度はパソコン用デスクだ。足についているタイヤがいかれてしまってとにかく
ホームセンター「ニトリ」へ買い換えることになった。

ちなみに届くのは明日明後日、連休の最中である。組み立てるのが大変だ。
[PR]
# by notyou0508 | 2013-05-04 22:32 | 映画(全般)

高知なう

NEO BLACK―茂本ヒデキチ画集

茂本 ヒデキチ / 早川書房



アーティスト・茂本ヒデキチ、高知市ギャラリーファウストにて個展開催中

昨日4月2日は久々の雨。そんな時におばあちゃんが遊びに来て母とおしゃべり、話し始めると一時間は
かかるので。雨のやみ間に出かけるとこに。帯屋町へきてまずパチンコ店へ軽く遊ぶつもりで入ってみた。
1000円分使って帰るつもりが最後にプレイした「CR弥次喜多道中3」で大当たりを引いてしまった。
おかげで+2000円の儲け。次はどこへ行こうかと次は裏通りのラーメン屋へ、ところが本日オヤスミ。

なら次はギャラリーファウストへ行ってみるか?
当然新しい展示会がやっていた。看板のポスターイラストをみると
「あれ?たしかテレビCMや雑誌の広告とかで見た絵だよね?」

さっそくギャラリーへ入ってみたら茂本ヒデキチさん本人がいた。
パチンコ店で稼いだお金で画集を購入、もちろんサインも付けてもらった。


なぜ高知県へきたのか?
なんでもアーティストつながりでデハラユキノリさんとは知り合い、彼の紹介だそうだ。

一週間は高知に滞在するそうだ。「ひろめ市場」はもう前日、作品搬入の後で飲みに行ったそうだ。
とりあえず、高知市内で楽しめるところはほかにあるとしたら「沢田マンション」を教えた。

今度の4月6日は高知城の花見イベントの一環としてライブペイントをするそうだ。

その日、夕方から始めるオープニングパーティーに参加させてもらった。
とうぜん、高知の新聞社、TV局の関係者らもきていた。
まさかそこで高校時代の同級生に会うとは思わなった。
パーティー後半では専門学校の先生、村岡マサヒロさんらもやってきた。

おかげで朝はまた二日酔い。
[PR]
# by notyou0508 | 2013-04-03 13:48 | 日記・雑談(その他)

今日は何の日?

今日はエイプリルフール、ウソをついても構わない日だが、これだけはほんとに言わせてほしい。

飲料会社サントリーの新しい発泡酒『グランドライ』はなんだか不味い(マズイ)!

発泡酒は絶対冷やして飲まないとダメだ!
[PR]
# by notyou0508 | 2013-04-01 22:48 | 日記・雑談(その他)

映画館へ観に行った。

プラチナデータ (幻冬舎文庫)

東野 圭吾 / 幻冬舎



5年以上使い続けていたパソコンがついに壊れた、新しく買ったパソコンに慣れるため
時間を費やし最近、ブログの更新が進められていなかった。

この間、映画『プラチナデータ』を観に行った。

当然、これまで同様映画代が安くなる夜の時間帯に・・・見始めたときトイレに行きたくなった。
夕飯時に酒、アルコールは控えるべきだった。

「犯人を特定するDNA検査機にデータをかけたら答えは自分だと表示された?」
研究所内で起こった殺人事件、状況判断により主人公・神楽(二宮和也)による犯行にほぼ違いないと
指摘され彼は自らの無実を主張し逃亡。そんな中、刑事の浅間(豊川悦司)は独自に捜査を開始する。

神楽が精神に疾患をもった二重人格者など、いくつかの事実が明らかに。そして犯人の正体が・・・

この物語の第一印象はトム・クルーズ主演の『マイノリティーリポート』みたいな物だろうと思った。
こちらは、人間の殺害を予測するマシーンが登場する物語、マシーンの活躍で殺人事件を未然に防いで
ほぼ100%殺人件数ゼロ

そんなある日、アンダーソン刑事(トム・クルーズ)が『明日、とあるホテルの一室で殺害を起こす』とマシーンに予測されてしまう。
仲間に追われながらも切り抜けていきアンダーソンはついに自分が殺害を起こす地点へ到着

被害者となる男性が、昔自分の息子を誘拐した犯人ではないかと一時怒りを感じたものの肝心のところで
彼は我慢した。しかし男性は無理やりアンダーソンの銃で自殺した。

「ここでお前に殺されないと報酬がもらえない」アンダーソンは彼の言葉と行動に疑問を感じてついに
黒幕の正体にたどり着く、マシーンの盲点などに熟知した男、それは自分の上司でもある最高責任者であった。

と、このように最初映画を見始めた時は『たぶん、真犯人は内部の人間、提出するデータを細工したモノだ』と考えてしまった。

原作小説本を読む機会もあったが、「もしかしたら主人公は双子(一卵性双生児)?」とも考えたりした。
小説、ここ最近読み上げるのが面倒くさい。

監督は「龍馬伝」「るろうに剣心」でおなじみの大友啓史
龍馬伝でところどころ面白い演出が見られたのだから「プラチナデータ」は?
二宮がバイクを乗りこなすアクションがでてきた!

でもところどころスタントマンに代わってもらっているだろう。

二〇一三年のトップアイドルはAKBをはじめとする48グループが女子部門を独占。
もちろん男子部門はほぼ「嵐」だろう。

なんせ今年の夏やる新作映画は桜井翔主演「謎解きはディナーの後で」、こいつとはタメ、ほぼ同い年だ。

でも、同じ新作映画でも乙武洋匡主演の映画にはかなわないだろう。

ちなみに次みる予定の映画は「ドラえもん」、じゃなくてディズニーの「シュガーラッシュ」だ。
[PR]
# by notyou0508 | 2013-03-26 23:37 | 映画(全般)

ルパン三世「ルパンVS複製人間」[Blu-ray]

VAP,INC(VAP)(D)



本日「東日本大震災」。一昨年2011年は、昼まで寝てその夜は知人の飲み会へ飛び入り参加。
自分が住む地方の街から遠く離れた所ではかなり大変な大惨事が起きていたとは・・・

そんな日に一人の声優が亡くなったニュースを聞いた。“銭形のとっつあん”こと納谷吾朗である。

「ルパーンっ、貴様が死なないのであれば俺も死なんぞーっ!」

少年時代に見た『ルパン三世VSクローン人間』冒頭にて銭形警部が叫んだ台詞である。
テレビ金曜ロードショーで見た話はノーカットディレクター(完全)版だったかな?
作中で銭形警部のは娘さんがいる事が明らかに?

この記事を書き始める前に記事の確認をしたところ、正確には3月5日の夜、午前3時であったそうだ。おいおいと思った。
さらに驚いたのは先日10日に亡くなった声優さんがあきらかに?!滝下毅さん?最初からそのニュースを流せ!
[PR]
# by notyou0508 | 2013-03-11 23:38 | 漫画・アニメ

最近観た映画

脳男 (講談社文庫)

首藤 瓜於 / 講談社



映像化されてわかった。『脳男』とはダークヒーローというべきかな?

いつかみたバラエティ番組にゲストで出てきた生田斗真
「今度やる主演の映画です。」と簡単な宣伝で知った。

名前だけは一応知っていたグロテスクな名前と小説本の感じ悪い表紙絵が好きになれなかった。
映像化される作品はそれなりに価値があるし、TUTAYAでレンタルDVD借りるよりも大画面で観られる。

何よりもケーブルテレビで観たデビッド・クローネンバーグ監督作『ザ・フライ』シリーズ。
あのグロテスクな映像を忘れたかった為でもある。あれは夢に出てきてうなされそうだ。

話戻って「脳男」これは普通に人間同士のドラマだ。主人公の人物像は海外テレビドラマの「デクスター」いや、漫画家さそうあきら作品の一つ「ドック・ドック・ドック」が一番近いかもしれない。

犬・犬・犬(ドッグ・ドッグ・ドッグ) 5 (ビッグコミックス)

花村 萬月 / 小学館



追記】とりあえず、「脳男」と「ドック・ドック・ドック」(以下ドッグ)の違いについて。
「脳男」の主人公・(仮名)鈴木一郎ことイチロー、「ドッグ」のマヒケンともに脳内の神経に異常をきたし一部の感覚が麻痺していた。

イチローは元々大富豪である老人の孫で人里離れた所で英才教育と一流の山岳家による体力運動を受けた元御曹子。
ある日、自分の家に夜な夜な忍び込んだ強盗が祖父を半死状態にその上放火をするといった悪どい行動に怒りを感じ初めての殺人を起こしてしまった!元々祖父からも法律で裁く事ができない悪人らを
殺す為の教育を受けていた為に都会へと足を踏み入れた彼は次から次へと悪人達を殺していた。
勿論、相手が自分の判断により確実に悪であるかどうかの確認をしてから・・・

一方マヒケンとは京都のとある街に住む青年、幼い頃両親から家庭内暴力を受けて続けていた彼はついに自分の手で両親を亡きののにした・・・それからというもののマヒケンは平気で人を殺す事が出来るヤクザも恐れる青年に成長した。感覚が麻痺しているためふとした事で大怪我しても平気というか我慢も出来る・・・

やっぱり、「脳男」の方がマシだ。ある意味コッチは「バットマン」にも近い存在だ(2013年3月2日
[PR]
# by notyou0508 | 2013-02-26 18:02 | 映画(全般)

昔から読んでいる週刊漫画誌ではジャンプよりもマガジンを買いたくなる。

週刊少年ジャンプはほとんどの作品がアニメ化されている。
「ワンピース」「ナルト」「ベルぜバブ」「銀魂」など「バクマン」も終了
買おうと思うとしたら「ジョジョの奇妙な冒険」外伝の「岸部露伴は動かない」だな。
ほぼ不定期連載で単行本になるのは10年後になってもおかしくない。

テレビアニメ化の影響で新鮮味がかけるので、そこで少年マガジンを読んでみたら
面白かった。「モテキ」でおなじみの作者、名前なんだっけ?とにかく新作の「アゲイン」
「カイジ」でおなじみ福本伸行の「零(レイ)」他には

新感覚ホラーの「神様の言うとおり弐」、実際するアイドルグループとのコラボ「AKB49」
タイムトラベラーの恋愛騒動「我妻さんは俺の嫁」今度四月にアニメ化される「波打ち際のむろみさん」好きな作家が描いてる「アホガール」などなど結構面白い漫画で一杯だった。

新年、限定商品がもらえるキャンペーンに参加、ビンゴゲーム形式でリーチはかかったものの
しかもトリプル!だがビンゴにならずじまいせっかくだから送ってみると今になって参加賞の
カレンダーが届いた。

「波打ち際のむろみさん」少し読んでみたら登場人物が食事するところで「オーマイコーンブ」
と叫ぶ台詞が、多分作者の歳は20代後半から30代と推測できる。そう思ってニヤリとおもわず心の中で思った・・・

【追記】2013/11/24

今最近はマガジンからチャンピオンに移り代わっている。

それからまさか「ジョジョの奇妙な冒険」外伝の「岸部露伴は動かない」が単行本化した!
でも次の単行本がでるのは5,6年さきかもしれない。
[PR]
# by notyou0508 | 2013-02-25 18:39 | 漫画・アニメ

ブログの更新は気まぐれです。とりあえず漫画などの紹介をします。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31