c0192523_13411241.jpg

こちら、アメコミ情報誌WIZARD(ウィザード)。日本でいえばアニメディア、ニュータイプのような雑誌である。

c0192523_1165836.jpg
数年前に日本語版が出版された「アマルガムコミック」バットマンとウルヴァリンが
合体したダーククロウやスーパーマン+キャプテンアメリカのスーパーソルジャー
などが登場するアメコミ、本場アメリカでは当時の米国読者らの募集から集められたオリジナルアマルガムキャラ大会が開かれていた!!



スパイダーマンの敵とバットマンの敵同士の合体キャラ

c0192523_17484127.jpg

ヘル・スポーンがベースの「ヘルアンジャラ」ハルクと他のアメコミキャラ合体の「アルマゲドン」

c0192523_19375311.jpg

そして輝く第1位はウルヴァリンの合体キャラ『ブレードランナー』であった!
c0192523_19371653.jpg

左隅のキャラは片割れのフラッシュ、高速で走る男である

アマルガムコミックス (JIVE AMERICAN COMICSシリーズ)

ジャイブ

スコア:


DCvs(バーサス)マーヴル (JIVE AMERICAN COMICSシリーズ)

ジャイブ


[PR]
# by notyou0508 | 2009-01-29 01:35 | アメコミ

c0192523_17354512.jpg

コミックボンボンで連載されてた「ロックマン」鉄腕アトムを想わせる眼である。
元々手塚治虫の弟子だけあって手塚似の画風なのだ。

そもそも始まりは「ロックマン」の前に描いていた前作(タイトル不詳・ゲーマー漫画)が原因
主人公がTVゲームの世界にはいってプレイして悪の組織と戦う物語の中「ロックマン」が登場、そこで主人公がロックマンに変身してプレイ。池原しげとの描いたロックマンが高評なのか
前作終了後、次回作が「ロックマン」にきまった。

しかし数年後「ロックマン8」が漫画化されたときロックマンの眼がゲーム版ロックマンと同じ眼になってしまう。
当時、その連載がのってたボンボンを読んだ驚いた。

おそらくカプコン(CAPCOM)の方から『眼をゲーム版とおなじにしろ!』とクレームがかかってもおかしくない。
[PR]
# by notyou0508 | 2009-01-28 23:54 | 漫画・アニメ

c0192523_132938100.jpg


10年前の作品、モーニング誌上で連載されてた「国民クイズ」
今思えばコレは「デスノート」「20世紀少年」に匹敵する名作なのかも知れない!

舞台は未来の日本、饅頭売りの男がクイズショーで
日本国民の大スターとなり建造された新政府の世界!そして世界のトップ!
そんな政府に特別な省があった「クイズ省」!?(クイズショー?)
そこから国民の願い一つかなえる為のテレビ番組「国民クイズ」を放送していた。

番組の司会者・K井K一は自ら番組に挑戦して敗北、そこから終身司会者になっていた。
キャラクターぶりが好評で少しずつ待遇もよくなっていき大スター!
ある日、近隣国のスパイ・キョウコから日本政府崩壊ための番組にヤラセを要請される。
見事に計画成功!なんとか疑問に思う大勢の国民をK井K一は
言葉巧みにごまかして鎮圧、しかし自分が国民達の指示する司会者であることに
自覚を感じていた!?
その一方アメリカをはじめとする他国連合軍が日本に進軍を開始していた。
ラストで国民による暴動が発生、K井K一を前に国民が選んだ「答え」とは?
現在、作画の加藤伸吉は「モーニングツー」で連載しています。
[PR]
# by notyou0508 | 2009-01-28 23:10 | 漫画・アニメ

講談社イブニング誌で「少女ファイト」を連載中の日本橋ヨヲコの「G戦場へブンスドア」(↓)
c0192523_12302259.jpg


主役の町蔵とテツオを中心に繰り広げられるドラマ
堺田町蔵は売れっ子漫画家の父親と共にイヤイヤある町へ
引っ越すことに、そこでテツオとクミコらに出会う。
彼らの出会いによりマンガが嫌いだった町蔵はテツオとともに漫画家をめざすのであった。
「G戦場へブンスドア」は何かすざましい「漫画道」である。

物語半ばで他の受賞者候補らと仲良くなりその一人イノサンから漫画家・町田都(ミヤコ先生)を紹介される
なんと町蔵、テツオ達の学校担任・蔵田三成の友人であった。
ミヤコ先生の仕事場で町蔵と蔵田がばっちり鉢合せ、当然大慌てなんとかわかってもらって
町蔵はミヤコ先生から蔵田の過去を少し知ることになる。

「みっちゃん(三成)はね、高校を中退しちゃんたんだよ。」
蔵田三成の過去っていったいなんなんだ?と気になるだろう。
実は蔵田三成、町田都は過去作「プラスチック解体高校」に登場したキャラなのだ。

まるでバトンリレーみたいなキャラクター演出
日本橋ヨヲコ漫画を読み込んでいるファンにとってはマニアックな表現である。

そして、「G戦場~」の物語はラストのところで新キャラ登場、テツオとクミコの娘ルミコであった。

このルミコ、現在連載中のバレーマンガ「少女ファイト」の脇役として登場している!!
最近の「少女ファイト」では町蔵の描いたマンガ雑誌が登場したりルミコの会話から時々町蔵のことがでてきたりする。さらに登場人物・小田切がマンガを描いてるという展開が!
町蔵・テツオコンビの再登場に期待したい?

少女ファイト 1 (1) (イブニングKCDX)

日本橋 ヨヲコ / 講談社


プラスチック解体高校 2 (2) (ヤングマガジンコミックス)

日本橋 ヨヲコ / 講談社


G戦場ヘヴンズドア 3 (3) (IKKI COMICS)

日本橋 ヨヲコ / 小学館

スコア:


[PR]
# by notyou0508 | 2009-01-27 13:22 | 漫画・アニメ

「ディアスポリス」からリチャードウーをとったら「東京プー」かな?
c0192523_1652684.jpg

すぎむらしんいち、現在週刊モーニング誌でリチャード・ウーとコンビで「ディアスポリス」を
連載中。とあるサイトから「東京プー」はおもしろいと聞いて何とか全5巻揃えた!
これがなかなかおもしろい、そのまんま映画にしていいくらいだ。
東京のある商店街に住むキョウコの前に現れたシンヤ、
シンヤの食い逃げが原因で記憶喪失になりさらにパンチパーマにされてしまう。
彼がよく覚えているのはカマロ(車)とキョウコ(女)だった。
彼女にとっては謎の多い男シンヤにだんだん惹かれていくのあった。
だがチンピラから追われたりソコから警察に捕まったことにより
シンヤの正体がわかった。彼の正体は北海道からお互い未成年で学生結婚した
“女房のキョウコ”をおってきたのだ。
(ちなみに昔シンヤは誤認逮捕をうけたことがありソコから記録が残ってた)
とうとう記憶を取り戻したシンヤは妻のキョウコと共に帰る事に・・・
しかし東京のキョウコに奇跡が起きた!?シンヤとの再会を果たすラストには涙モノ!

ちなみに「ディアスポリス」の主役(アフロ)、「東京プー」の主役(パンチ)なんとなく似てる?

c0192523_17462154.jpg

[PR]
# by notyou0508 | 2009-01-26 22:54 | 漫画・アニメ

c0192523_19451238.jpg

アメコミ・パロディ・イラストと化したニルヴァーナ、もちろんモトネタはウオッチメンからです!
c0192523_19452655.jpg


c0192523_19454394.jpg


”スペシャルサンクス・K”
[PR]
# by notyou0508 | 2009-01-24 19:47 | イラスト

派遣・リストラなどでこの漫画を思い出した

c0192523_0163744.jpg

『フィールドオブドリームズ』利志達(レイ・ジイダ)×岩見吉郎コンビ作
実際ココで紹介したいのは前作“お疲れ様でした”
現在の不況を予見したのか衝撃的だった!
車大会社の社長が自ら本物の首切りを開始する物語であった!!
当時学生時代、所属していた漫画研究会にソレが載ってた雑誌をひきとってもらった。

その代わり“フィールドオブドリームズ”を表示
内容はサッカーサポーターのワールドカップ観戦を阻止するため
野球チーム応援団が強引に野球試合観戦をさせようとした所から喧嘩になる
喧嘩の原因となったイチ家族の視点から見た物語


c0192523_0302060.jpg

『派遣社員 お銀』こちら、神尾 龍×落合尚之コンビ作
内容は007などを想わせる元スーパーエージェントが派遣社員として活躍する物語
連載当時は娯楽的な内容だった。なんせ主人公はセクシーダイナマイトな女性
恋をするが見事に失恋に終わるばかり、時々入浴シーン在りまさに“お銀”
どんな不況でも“お銀”はのり越えられそう
『派遣社員 お銀』の続編を出して欲しいが
多分、作画者・落合尚之の都合でそうはいかないだろう

ココでコネタ
利志達(レイ・ジイダ)×岩見吉郎コンビについて
●利志達(レイ・ジイダ)は香港か中国の漫画家カナリ精密に描く!
●岩見吉郎はペンネーム・久部緑朗で連載漫画「ラーメン発見伝」の原作者!
京都の大学で講師もしてるとか?

神尾 龍×落合尚之コンビについて
●神尾 龍はあの映画『奈緒子』原作者の片割れ、漫画原作者
●落合尚之は現在、漫画アクション誌で『罪と罰』を連載中
[PR]
# by notyou0508 | 2009-01-23 00:46 | 漫画・アニメ

萌え全盛期の時代にぶち込む汚いバクダン!!
c0192523_13524516.jpg

『超市民F』!!2005年アフターヌーン5月号に登場した“爆劇画”
内容はなんとなくギャグに近い感じである!例えていえば、島本和彦「燃えよペン!」シリーズ?
埼玉在住の漫画家“F”と担当スズキの物語!
ストーリーは地味かも知れないが、オレオレ詐欺師を懲らしめる話なのだ。
c0192523_13321699.jpg


しかしあまりにも“破壊”の印象が強い、漫画の仕事に使うGペンを使って
何かを描きあげて幻覚を出したりハエを操り車を持ち上げたりする。
c0192523_133539.jpg

マジスゲェ!
実に残念な漫画、たった1本で終わってしまい、捨てるのが惜しくてこうして切り抜いて採っておいてる。
後に漫画サンデーで「女犯僧」を描くのでした。あれはちゃんと終わりまで書き上げたけれど単行本の続きがまだでていない!?

【追記】2015年10月3日深夜未明

最近解る事と言えばAmazon.co.jpの方でいくつか「Kindle」、電子書籍も販売している
当然、ふくしま政美作品も電子書籍化されている。
おかげで自分がAmazon.co.jpでいくつかだしたレビューを見てくれる人がますます増えてうれしいね。

色々調べてみると新しい作品も確認できる。『竜剣 -大菩薩峠- 』?これはまだ知らない。
そのかわり当記事で紹介する『超市民F』は確認できない。

いつかだったかな?「Kindle」とは違う方の電子書籍化されていた事があった。
そこには『超市民F』の第2話が確認できた。無理して購入し読んでみればよかった。

ふくしま政美先生、不定期連載でいいからする『超市民F』の第3話をお願いします!
[PR]
# by notyou0508 | 2009-01-21 14:03 | 漫画・アニメ

「聖マッスル」今より遡ること30年前「北斗の拳」よりも「ベルセルク」よりも「」グラッパーバキ」よりも先にこんな漫画が世に出ていたなんて!

c0192523_13295070.jpg

c0192523_13292769.jpg


「聖マッスル」主人公登場シーン、いきなり主人公が裸で現われるシーン
肝心のモノを描かないでおいておく裸体の描き方がどことなくアメコミに似た表現
である!イメージの都合で某アメコミから天使のイメージを出しました。

そしてこちら、最近になって描かれた「超市民F」から
c0192523_13453267.jpg

ある凶暴なエイリアンにおそえわれるヒロインのシーン
実はこのエイリアン、あのヒーロー映画「スポーン」にでてくる「バイオレーター」に
よく似ているのだ。(または原作に登場するその弟達 ↓ )
c0192523_13494995.jpg

[PR]
# by notyou0508 | 2009-01-21 13:51 | アメコミ

c0192523_1331441.jpg

こちら、『ウオッチメン』と有名な犬漫画『ピーナッツ』が合体したキャラクター
ネット検索で見つけました。
[PR]
# by notyou0508 | 2009-01-21 13:33 | 映画(全般)

ブログの更新は気まぐれです。とりあえず漫画などの紹介をします。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31