2015年10月について・・・

とりあえず10月の事を簡単に明記する。

10月1日
Mさんと映画鑑賞、マーベルコミックヒーロー『アントマン』。
結構面白かった。流石に話題になっているだけの事はある。


10月4日~10日
職業訓練所、ハローワークの関連施設で職業適性試験をうけた。

あくまで適正であるかどうかのテストゆえ実際どうなるかは
ゆるくしていないで、自分自身がよく行動をとる事。すなわち職活をする様に注意を受けた。


10月11日~17日
11、12日は連休。11日叔父の所へ行く。ここ最近、日の暮れが早くなってきた事に気がつく。
叔父夫婦の家で食事した、酒飲んだ。ちょっと小言言われた。叱られた。

とりあえず実家の、高知の両親が生きているうちには職を見つけないといけない事には理解した。

12日、東京・上野駅。たしか上野の森美術館で『蒼樹うめ展』が、最終日。
きてみたら長蛇の列。諦めた。これからは平日に行くべきだと肝に銘じた。

上野の辺りで酒を飲んだ。最後に500円の海鮮丼食べた、何かイマイチ。
魚がスーパーで売っているような安物だとわかった。
せめて赤身じゃなくてサーモンにするべきだった。

次の日、13日以降腹部が痛くなってきた。腹を壊した。痛みがなかなか治まらない。
流石にこれは病院に行く事にした。ただしくは診療所。

腹部の痛みからして盲腸なのか、そこのお医者さんは悩んでいた。
指示されるように右足だけでジャンプしてみたが立っていられるところからして

隣の街まで、駅一つ隣の街にいってきたことも話したらお医者さんはさらにビックリ!

手持ちの薬を飲用していたら具合が良くなったことを話したらそれ用の薬をくれた。

名前には少しわらえた『クラリス』。

引っ越しの準備に手間取っていた。引っ越し便をアート引越センターを希望したものの
Mさんは過去に宅配便から大事な高級時計を泥棒されたそうだ。

聞けばその会社は「アート引っ越しセンター」?とにかく当然宅配員は不正で罰せられて
肝心の高級時計は還らず物となったとか・・・

仕方がないので別の方を探すことにした。

そのうえ、荷物を全部引っ越し先に運んでもらうように強く支持されている。
元々Mさんの家具を借りている生活だ。仕方がない。


10月18日~24日
18日は引っ越し先の街に行ってきて不動産の事務所へ
その時はトイレ、小便を我慢したりするせいかまた腹部が痛かった。

水は飲んでやった、薬も飲んでやった。

腹の痛みは抗生物質を飲んできたおかげかだいぶマシになってきたかな?

しかし疲労もあって風邪になってしまった。いやいや他の薬も飲む羽目に。

一応、風邪用の抗生物質もあった。

薬の影響か頭が少しぼけっーとする。
急ぐためにおもわず信号無視見たいな行動をしてしまったが相手の運転手は気がついてくれた。
もう不慣れな東京の真ん中で交通ルールは守らないといけないことにした。

そういえば、引っ越し便はクロネコヤマトの系列会社にした。

ただ25日は急遽、Mさんのお手伝いとしてフランス人旅行者たちを池袋へ案内する事になった。

こんな事ならまた診療所へいって新しく薬を貰うと簡易な検査を受けるべきだったかも・・・

その他
引っ越しのため部屋の物を整理。というよりも自分の手持ちの本を泣く泣く売ってきたヤッタ。
そういえば土田世紀の『俺節 完本』3冊セットを無理して『まんだらけ 中野本店』とかへ売ってきたな。
新宿西口にあるBOOKOFFへ20冊近くある漫画本、アニメ関連の雑誌。仮面ライダードライブフィギュア
も売ったら思っていたより高く売れた。

ただそれよりも引っ越しの荷造りをさっさとすべきだったかもしれない。
実際、依頼した引っ越し便の方からきた訪問者が言うには予定したプランの規定外だそうだ。
大型家具と衣類が多いことが一番の問題点だ。

それに気分転換しに外に出ていないでさっさと荷造りすればよかったかな?
後はストレスのせいか体の具合が悪い。
やっぱり上述したように診療所へいって薬や検診受けるべきだった。

こんな時また酒を飲みたくなる、一緒に水も飲んでいる。
アルコールのせいか気分良くなる事がいくつか感じられる。
とりあえずブログの更新は当面オヤスミ。
[PR]
# by notyou0508 | 2015-10-24 22:37 | 日記・雑談(その他)

最近、買ったアメコミ

ここしばらくご無沙汰だった読んできたアメコミの紹介でもします。

ここ最近買ってきたものはほとんど「DEADPOOL」(デッドプール)関連本ばかり。
最近はAmazonで購入するよりも時々立ち寄るまんだらけ中野店か秋葉店で中古書購入している。
TPB、単行本を定価より安く買えた。

まあ、前回の記事でいった通り専門店でセット買いした最新作の紹介でもする。
でもやっぱりこれも「DEADPOOL」(デッドプール)だったりして。

『Deadpool's Secret Secret Wars 』

c0192523_354640.jpg


前略、翻訳家高木亮さま。貴方が過去翻訳したスパイダーマンのエピソードの一つである
『Secret Wars』(1986)をwebサイト「アメコミくえすと」に載せてくれたおかげで
TPB、単行本コミックスを買わずとも話の内容を理解できました。
さらに今になって『Deadpool's Secret Secret Wars 』をスムーズに読みあげる事が
できました。感謝してます。

サイト「アメコミくえすと」アドレス → http://ameque.web.fc2.com/


直訳すると「デッドプール:秘密の“シークレットウォーズ”」?
自分としては単純にマーベルコミックの企画「WHATIF?」(もしもの物語)シリーズを思わせた。

デッドプールは実際にX-メンの関連作品に初登場したのは1991年
ゆえ「Secret Wars」がだされた1984年にはまだ登場していないのだ。

秋葉原のアメコミ販売専門店『ブリスター』にて話の初めから終わるまでの4冊セットで買った。
大体はTPB、単行本を買えばいいけど調べるとこれが単行本になるのは来年だそうだ。
せっかく店に来たのだ。バラの小冊子を調べたらそれが全4話分そろっていた。

問題は第1話の分だったがこれだけ特別カバー版しかなかった。
自分が欲しいのは通常版、仕方かないので買ってやった。
レジをうってもらう際中でわかったが特別カバーだけあって170円高かった。

とりあえず自分なりにあらすじを紹介。

『Deadpool's Secret Secret Wars 』 #1
1984年、地球より遠くはなれた惑星バトルワールドのとある施設にて。
デッドプールことウェイド・ウィルソンは気がつくと周りは爆発を受けた事に気がつく。
仲間のヒーローたちはみな負傷してるようだ。

話をいったんスパイダーマンをはじめとする21人のヒーローが自分たちがビヨンダーなる謎の人物によって
闘技場型宇宙船に収集されたところへ戻る。

そこには。X-メン、アベンジャーズ、ファンタスティック・フォーといった顔ぶれがそろっている中
なぜかX-メンの宿敵マグニートも混じっていた。お互い初めて顔合わせするため、
アベンジャーズのワスプといった新参メンバーたちは自己紹介するのであった。

しかし、最後の21人目。デッドプールだが誰も知らない人物であった。
不審に思うアベンジャーズのメンバーら。X-メンも驚く。みたところミュータントである事は明白。
とりあえずプロフェッサーXがテレパシーで彼の心を読んでみたトコロ読み取れない事に驚く。

同じ頃もう一方の宇宙船がある。
そこにはドクター・ドームをはじめとするヴィラン達数名らも集められていることが判明した。

すると、次の瞬間、宇宙空間に新たな惑星「バトルワールド」が現れた。
そして、暗黒の宇宙に一筋の光が差し込み、ビヨンダーなる者の声が響きわたった。「我は彼方より来たりし者ビヨンダー。お前たちの敵を滅ぼすがよい。そうすれば、お前たちの望みを何でも叶えてやろう」

とにかくバトルワールドへむかうためヒーロー集団はデッドプールの仲間入りを許可した。

そしてバトルワールドに転送されたヒーロー集団たちだが
アベンジャーズはマグニートーが自分たちのグループにいる事に異議を唱える中、
マグニートーは一人どこかへと飛び去っていってしまった。
残されたヒーローたちはドクター・ドームをはじめとするヴィラン連合と対戦を開始するのであった。

デッドプール対アブソービングマン、彼は自分が触れた物質に肉体を変化できる能力者ゆえ
デッドプールに触れたことからひどい皮膚病をうつされる羽目になった。

結果としてはヒーローたちの圧勝、しかし捕虜にしたヴィランの中にはドクタードームといった大物たちはいなかった。

そして時間を爆発後の施設にもどす。
再生能力で再び体制を整えたデッドプール、その姿はどういうわけかみにくい皮膚病ではなかった・・・?


『Deadpool's Secret Secret Wars 』 #2
回復を果たしたデッドプールは、遭遇したリザードと共に
自分の皮膚病を治療してくれた異星人の女性ザジーのいる村へ行く事に。

まずザジーであるがヒーロー達がヴィラン連合との再戦から帰る途中、巨大な岩山が降ってきた。
下敷きになった。とおもいきあつぶされる寸前ハルクの怪力で岩山を支えることから始まり
なんとか危機を乗り越えた。しかしそのためには手持ちのアイテムを使う必要があった。

その時デッドプールが入手した円盤には精密な機械が組み込まれていたため
止むを得ず一部のパーツを差し出すことにした。

ファンタステック・フォーのリード博士は分解したパーツを新たに組み立てる中、
デッドプールは退屈しのぎにハルクをからかってやった。

岩山騒動から難を逃れてこのバトルワールドに元々住んでいると思われる異星人らの村へたどりつく。
そこで女性ザジーが腕先から放つ光線で負傷して横たわる仲間たちを回復させる。

「お気に入りの楯が台無しだ。」と落ち込むデッドプールの前にザジーが彼の体に触れる。
何か異変に気がつくデッドプール、するとマスクを脱いでみたら皮膚病にかかる前の素顔に戻った!
ザジーは彼の皮膚病に気がついてそれを治癒してくれたのだ。

ザジーに礼をいうデッドプール、そんななかデッドプールの円盤から
彼と年老いたザジーの映像が映し出された。

これは彼らの未来を意味する事にはだれも気がつかなかった・・・

『Deadpool's Secret Secret Wars 』#3
なんとかザジーの村にたどり着いたデッドプール、ザジーが自分への恋愛感情に気がついていたものの
爆発した施設の方へ連れて行くのであった。

施設の有り様を見て驚くザジー。他のヒーロー達がほとんど死んだとしかない状態

彼女はデッドプールに言われるままコロッサスの死体に手をあててなんとかしてする事にした。

そして、コロッサスの蘇生に成功。気がついたコロッサスは目の当たりの光景に驚く。
なんとザジーが年老いたとしか言いようのない姿に変わり果てて横たわっていた。
ザジーはデッドプールに言われるまま死体を復活させるためかパワーを使い果たしたためである。
続けてリード博士を蘇生して力尽きて死んだ!コロッサスは当然この状況に怒っていた。

施設が半壊した原因はドクタードームの襲撃であることがあきらかに。

ドクタードームがこの騒ぎに便乗して宇宙魔神ギャラクタスに相当する強大なエネルギーを
自分の物にして新たなる宇宙魔神になっていた。

この時デッドプールはドクタードームが美男になった素顔をさらす際
自らもマスクを脱ぎドクタードームに突っ込みを入れた。

他のみんなも蘇生させるために治癒装置に運ぶ中デッドプールが本来の醜い姿に戻ろうとしていた・・・

ちなみに3巻目はデッドプールがブラックコスチュームを着用する表紙

実際作中でも彼がブラックコスチューム着用するが見られる。

デッドプールは不思議な機械の事をハルクから聞かされる。早速機械を使ってみたら
黒いスライム状の物質があっという間に彼の全身を覆いつくす。
するとデッドプールは黒いコスチュームへと変化してしまった。
自らの思考に応じては変形するコスチュームに驚きそれを楽しんでいる中
スパイダーマンのマネをした時に奇妙な違和感を感じてコスチュームを脱ぎ機械の中にもどした。

そこへスパイダーマンとやってきて今度はスパイダーマンがそのコスチュームを使ってみることにした。
ちなみにこれこそ後のスパイダーマンを悩ませるエイリアンコスチュームであった。

『Deadpool's Secret Secret Wars 』#4
ここからいきなりワスプとデッドプールのベットシーンからはじまる。
皮膚病が治った時にデッドプールはその素顔でワスプを誘惑しては一夜を共にした様だ。
ワスプと情事を行った後とはいえデッドプールの脳裏にはザジーの事が浮かんできた。

そのザジーが死んでしまった事が原因か醜い皮膚病の姿に戻ってしまったデッドプール。
ワスプもさすがに彼の本来の醜さに気を引いていた。

ほとんどのヒーローたちの蘇生に成功して醜い顔で彼ら達と共にドクタードーム討伐にむかうデッドプール。

向こう側もドームの部下となったウルトロンと超音波砲を持つクロー
彼らの後援として新たに怪獣たちを出してヒーローたちにおそいかかるが、
彼らは全力で立ち向かい怪物たちを次々に倒していく。

ついにキャプテンアメリカと共にドクタードームの元へ、
宇宙魔神だけあって強大なエネルギー波をなんとかかわしていくなか
ドームが膨大なパワーを制御できずに倒れてしまう。

そこへ背後からクローが襲い掛かる中デットプールがキャプテンアメリカを庇った途端
すると別の異空間にいる、そこで宇宙神「ビヨンダー」と遭遇する。
実はクローの肉体に乗り移っていたパワーを取り戻す機会をうかがっていた。
というよりドクタードームが所持していたパワーは元々ビヨンダーの物だった。

デッドプールは全知全能の神ともいえるビヨンダーがなれなれしく絡んでやった

ヒーローとヴィランの戦いは終わりをつげて彼らは地球へ帰る事に。

デッドプールはNYの路地でバトルワールドの出来事を話しながらホットドッグを食べていた。
遠い宇宙の彼方、バトルワールドの村では驚くことに死んだと思われたザジーの姿があった・・・

【感想】
『Deadpool's Secret Secret Wars 』、直訳すると『デッドプールの秘密のシークレットウォーズ』

どこのタイトルがどういう意味をあらわしているのかちょっと難しい。
『WHAT IF』シリーズのようになもしもの物語なのか

ほんとに本編『Secret Wars』にデッドプールが参戦して陰で暗躍していたのかしれない。

デッドプールは全能の神ビヨンダーが「お前たちの望みを何でも叶えてやろう」といったように
ザジーを蘇生するようにお願いしたとか、みんなの記憶から自分一人の存在だけ削除してつじつま合わせに改変してくれとかいったかもしれない。

#3に関してはブラックコスチュームを着てふざける姿には笑えた。
この時デッドプールが感じた違和感は危機感だったかもしれない。
というよりもスパイダーマンのブラックコスチュームをデザインしたのはデッドプールだったという事かな?
[PR]
# by notyou0508 | 2015-10-12 03:33 | アメコミ

2015年9月について・・・


9月前半、覚えている事と言えば大雨台風のため外出困難。しかも風邪をひいた。

ここしばらくはなんだか腹が無償に減ってはよく食べては太る、酒もよく飲んだ。
神楽坂の居酒屋を夜な夜な歩く日々、一軒入ったら酒を2,3杯飲んで帰る。

おかげで相手に顔を覚えられてしまったようだ。
それからホッピーと焼酎割りの味を覚えた。

これから下述するように部屋の整理・掃除に見舞われた。

JR東日本の山手線・中央路線を騒がす放火犯が無事に逮捕された。

とか色々あったなー。とにかくこれからいくつか覚えている事を表記。

9月1日、映画鑑賞・2本見た
今月はMさんと一緒に見に行く約束。7月と同じ銀座より南西にあるゴジラの小像前。
先月8月末打ち合わせ、NARUTO疾風伝の続編『BORUTO』と細田守監督の『バケモノの子』。
どちらがいいかリクエストされた。ならばと『バケモノの子』を選んだ。

理由は『BORUTO』は「ハリーポッターのような大長編のマンガが原作だからちょっと難しいかもしれないよ?ハリーの子供たちが活躍する話をみるのと一緒かな?」と言ったら漫画に疎いMさんはわかってくれた。

ということで『バケモノの子』を見るであった。渋谷の裏通りに迷い込んだ家出少年が体験する不思議なお話
九才の少年が妖怪達の住む街に迷い込みクマ男に拾われてはキュウタと名付けられてから七年目。
クマ男と喧嘩したはずみに自分が元いた世界、渋谷の街へ戻ることができたキュウタ。

色んなところを見て歩くなか図書館へ行く。そこで知り合った少女と恋におちてしまう。
この上、彼女の協力もあって本当の父親の居場所を見つけてくれた。

しかしこれは自分が育ての親であるクマ男との別れ話を意味する事、キュウタは決意した。
そんなクマ男は以前から目指していた次期総長の座をかける試合にでることに。
キュウタがいなくなった事に少しさみしさを感じていた。ライバルのイノシシ男との対決。
ほとんど喧嘩では彼に負けてばかり。この試合でもやはり「負けてしまうのか?」と思うクマ男
そんな彼の前にキュウタが戻ってきてくれた!・・・と物語はここから急展開を迎える。

細田守のプロダクション「スタジオ地図」には笑えた。そしてミスターチルドレンのED曲、良い終わり方だった。
この後Mさんと別れた。犬の散歩をしに帰るそうだ。せっかくのサービスデイだ。

この後一人で映画『TED 2』(テッド2)を観に行った。
この映画はMさんにはお勧めできなかった、下ネタ満載。
雑誌の映画新作紹介の記事のあらすじを読んでから興味を持って見てやろうと思ってた。

昔は有名スターだった「喋るクマのぬいぐるみ」が仕事仲間の女性と結婚。
女性との子供を作ろうと考えたもののぬいぐるみの自分には子供を作るのに必要な性器はおろか
子種はないため親友のジョンと有名スポーツ選手の男から子種を採取しようと男の寝床へ押し入り
パンツを脱がしてはなんとも下品な行動にでるので思わず笑いたいがこらえた。
持ってきていた雨水をふきとるタオルを首に巻いていた。それで口を押さえた。
他にも下品なネタが次から次へとでてきた。子種が正常かを調べるために親友ジョンと共に
精子バンクへ行ってみた。そしたらふとしたことでジョン演じるマーク・ウォールバークが
『ザーメンまみれ』になってしまうに羽目に。ここまではYoutubeの予告動画と同じか。

他に大麻草、マリファナをいくつか見つけて煙を味わうために使うためのタバコ用パイプが女性向け。
男性器を象った形ゆえこれはスゴイ。モザイクなしで現れた。
元々テッドは有名大スターだったのだがマリファナ、麻薬をタバコにして吸った罪で捕まって
芸能界を後にしたもののいまだにやめられず遂に男性性器型パイプを使用するシーンが・・・これまたスゴイ。

「R15+」表記の意味がよくわかったが後半からは真面目な展開であった。観終わるのに2時間近くかかった。この夜になってそのまま有楽町で夕飯。吉野家で食べた。
それから駅前でトリスハイボール新商品のためのキャンペーン
そこでは一杯100円のハイボールがだされていたから2,3杯飲んで帰った。

いつも思うがDVDの再生デッキが欲しいなーっ。自宅で映画が見られるからだ。

その日は曇りのち雨。まさかこれが北関東方面を大洪水にする予兆とはだれが思っただろうか?

9月2日~12日
この辺で覚えているとしたらほとんど雨と曇りが多い日が続いた。
雨の中の歩いていく買い物は大変だった。やっぱり風邪のぶり返しが続いた。

退屈なので、コンビニによってきたら絶対コミック誌や週刊プレイボーイ誌を購入してきた

本や漫画は読み終わったモノはAmazonやヤフオクの方で出品して売りだした。
1000円ぐらいで買った『中春こまわりくん 2巻目』は高く売ってヤッタが梱包などに苦労した。


9月13日
そうだったこの日、朝早くに目が覚めた。すると2,3分揺れ出した地震だ!
さすがにTVをつけてニュースを見た。この日の天気は晴れ時々曇りだったことは確かだ。

しばらくして朝7時、テレビ朝日で「仮面ライダードライブ」「手裏剣戦隊ニンニンジャー」観てやった。
これがスーパーヒーロータイムってやつだ。この時仮面ライダーは今月中に終わるとは思ってもいなかった。
最終回を見逃すこととなった。

9月19日
お母ちゃんから電話、「ホテルが見つかった」とギリギリのトコロで連絡してきた。
さすがに怒った、電話とはいえ少し親子喧嘩した。とにかく飛行機乗るので通話を終了。

せめて一週間前には「ホテルを探してみる」とか伝えてほしい。

ここしばらく姪っ子。妹の娘、自分の孫に溺愛。骨抜きな様子が多い。
そうだった先週あたり妹が風邪ひいて看護しにわざわざ高知~大阪へいったな。

だからって、『姪っ子の好きなモノはドキンちゃんだよーっ』以外の言葉や伝達は充分できたはずだぞ(怒)

9月20日、両親が来た
4連休初日、両親が訪ねに来る。最初はウチに。自分が住むアパートをホテル代わり泊まるつもりであった。
8月の終わり事前に聞いてよかった、しかしおかげで大掃除。

とにかく部屋をキレイして両親は先日宿泊してるホテルからアパートへむかう。
お父ちゃんと商店街をあるく。お昼ご飯にと『鰻重』を食べた。
ここで話すとしたらお父ちゃんは味オンチ!

とにかく、食べに行った店は昔ジョン・レノンが食べたと言われる店でした。
自分としては食べ続けることで養殖ウナギの特徴が良く理解した。
養殖物は固い味だった。実際そこで食べたウナギはやわらかい噛みごたえだった。

一緒に食べてみて、お父ちゃんは何も言わず黙って食べていた。
よくわかってないみたいだ。やっぱり味オンチだよ・・・。

そもそも、電話やメールでわかるように伝えてきたはずなのにわかっていない。
ってか話聞いていない!
とにかく実際にアパートの部屋や近所の街を歩いてみて部屋は泊まるには困難。
町の近所はキツイ坂道が多いことを歩いてみてよく理解してくれた。

ついでにお父ちゃんを近所に案内する一方お母ちゃんは勝手に人の部屋を掃除する!
もうこんなことならバカみたいに掃除しなければよかった・・・

このあとアパートを紹介してくれたMさんに住む東久留米の方へ・・・
普通に両親がお礼のいうのは当たり前、これからが問題。
実は自分自身が今住んでいるアパートから出ていかなければいけなかったことがわかった。

実はいわゆる「又貸し」である。Mさんが話を旨い事言いくるめてくれたとばかり思った。

が実際は違っていた・・・。大家さんに話をつけていなかった。思い違いであった。

まあどうでもいい!自分としては神楽坂・飯田橋あたりで暮らすことに正直嫌々していた。
住んでいるアパートの地形からして買い物は不便、散歩にと外にでたら高級車やトラック、パトカーが頻繁に通る!いい機会だと思った。

ちなみにその日はMさんとうちの両親の話で盛り上がっていた。ただ後味悪いのはMさんが自分の飼い犬に噛まれしまった!元々コーギーだったかな?飼い主のしつけ以前にはかみつく修正のある特性悪い犬だった・・・。

9月22日、秋葉原
この日連休3日目、やむおえず「スポーン」といった日本語版アメコミを売りに本をいくつか整理して
秋葉原のまんだらけに売るつもりだった。しかししくじった。お店に着いたときは午後の夕方ごろ!
もう売りに出す本書をかき集めて最寄りの秋葉原へといってみたらが遅すぎた!!
その時は夕方、色んなお客さんが列を並べていた。実際待ち構えるには2時間近く。

荷物背負っておめおめと家に帰るのはもう嫌!まんだらけ秋葉原店から歩いてJR秋葉原駅近くのBOOKOFFへ売ってやった。とにかくまんだらけへ売るより半額の値となってしまった。

そこからもうヤケ。とにかくこの後知っているお店、アメコミ専門店「ブリスター」へ行った。
日本語訳アメコミ本は勿論、本場アメリカから輸入した単品もあった。
本場アメリカでは少年ジャンプみたいな雑誌はなく、薄い小冊子をいくつか出版しある程度の数を
単行本にするのでした。(通称・TPB、トレードペーパーブック)

とにかくここで買ったのは『Deadpool's Secret Secret Wars 』全4冊。
ちゃんとすべての話が終わるセットで買った。話が長引くの後日別記事として表記しまっ-す!

夕飯は秋葉原JR駅より北側の方を歩いてみて居酒屋兼定食屋で夕飯、久しぶりに生もの、刺身を食べた。

9月23日、たしか赤羽
来月辺りは引っ越しゆえ部屋の片づけ。片づけをだいたい終わり。まだいった事のない場所へ行こうかと考え赤羽に決めた。

マンガ『ウヒョッ!東京都北区赤羽』はもちろん、『こち亀』の両津勘吉も一度は言った事のある街!?

実際、行くにしても自分が今住んでいる飯田橋・神楽坂方面から行くにはやはりJR線を使うことに。
路面図がそのまま運賃表にもなっていたため解りやすい。ここからはどうするか考えた。

西側・池袋→板橋→新板橋→赤羽というコースを考えたものの、ここは東側・秋葉原から乗り換えていけば何とかなると思ったがここで間違いに気がついた。路線案内図も持っていることだし。

実際JR駒込駅のホームで降りてみると間違いに気がついた。持っていたのは地下鉄東京メトロ線が主に表示してある。地上のJR駅と地下鉄メトロ線が重なっているため駅のホームも繋がっているとばかり思っていたものの違っていた。後から地図を見直しJR田畑駅がJR赤羽駅とつながっていることを理解した。

実際の街を見るとよくわかった。少し自分が住んでいた高知に近い感じの街並み、いや高知の街を凝縮した感じかな?
ついては腹ペコ、とある居酒屋で焼き秋刀魚を食べた。先着50名様まで100円と聞いて食べてやった。もちろんご飯とみそ汁も付けて食べた。
赤羽の街を歩いてみたが酒のせいでふらふらした。信号無視みたいなことしちゃったっけ気を付けないと。
酒のせいか急にトイレに行きたくなった。いそいで大きい方のトイレさがしにコンビ二を探したな。
おいしそうな居酒屋でいっぱい。金をケチってしまい。500円の大盛りナポリタンを食べて帰った。

帰り道でわかったが秋葉原駅からそのまま直通するコースがあった事を理解した。ちゃんと路線図などをチェックしないといけないな、疲れた。

ここで9月で覚えていることを話すのはここまでにします。
[PR]
# by notyou0508 | 2015-10-03 21:47 | 日記・雑談(その他)

c0192523_23441281.jpg


(ウルトラジャンプ2015年9月号 より)

TVアニメ『ジョジョの奇妙な冒険 スターダスト・クルセイダーズ』も放送終了。

てっきり4代目・東方仗助が登場する『ダイヤモンドは砕けない』のアニメ化を期待したものの
なんの応答もない。

しばらく漫画の方を、『ジョジョリオン』をしばらく読んでいなかった。

もうネットでもいくつか話題にはなっている「ジョジョリオン」。
熱狂的なファンによって新しい情報がどんどん紹介されているブログなどが
いくつかあるがやっぱり本を久しぶりに買うことにした。
この日は雨、曇りといった日が続いていたため近所の書店から買ってきてやった。

今進行中のストーリーでは新手のスタンド使い「八木山夜露」。
自前のスタンド能力の他に肉体を岩石に変身できる二重の能力者!?

戦いの末「八木山夜露」を殺害する形で終わったが
死体を調べてみると本当の岩石に変質する人間だったことが解った・・・
この辺で漫画を読むのしばらく休止。この辺は東京への引っ越しなどでいそがしかったかな。

ちょうど自分が買ったウルトラジャンプ2015年9月号では岩石人間の能力に関するエピソードだった。
ほとんどエピソードの半分を埋め尽くす文面ばかりだったけど内容はほぼわかった。

岩石人間の元ネタって多分コレは究極生命体カーズだよ。

ジョジョ第2部「戦闘潮流」に登場するラスボス、カーズをはじめとする古代人たちと同じだ、この設定は。
なんでかって?元々カーズたち古代人も睡眠する時自分たちの体を岩石に変質する種族だった。

この設定を新たにジョジョリオンに再利用したかもしれない。
この調子で「ジョジョリオン」作中にカーズやサンタナといったそっくりさんがでてきたりして?

買ってきたウルトラジャンプは数日後部屋の整理の際に古本屋に売ってやった。
そんでもって漫画の新刊・・・『惰性57パーセント』を買ってやった。

次回は9月の出来事でも書くとしようかな?
[PR]
# by notyou0508 | 2015-10-02 01:08 | 漫画・アニメ

8月も終わりになろうとしている

8月1日
叔父と食事をする約束で伯父宅へ。今月は従姉妹もいて久々のお食事。
実家から聞いたことを、大叔父さんとお婆ちゃんらの具合を伝えた。

8月2日~8日
この辺でよく覚えているのは、猛暑日続き。今住んでいるマンションに面した道路が
ガス管工事。外出した。天気は快晴、洗濯物や布団をよく干した。

8月9日、いとうのいぢさんを見にいく。

東京・中野、中野サンプラザ2Fの一画がギャラリーになっている。
そこでは定期的に個展が開催される。

この日は、ライトノベル「涼宮ハルヒ」シリーズなどを手掛けてきた「いとうのいぢ」氏が
サイン会をするために来日。どんな感じの人かこの目で見てみたかった。

美人であった。大阪出身ときくお好み焼き店とかで働いたとすれば看板娘になっているかも。

ファンの人たちが結構多かった。サイン色紙ではなく携帯型パソコンなどに書いてもらってる人がいた。
ギャラリーの作品をもう少しみたかったが大勢のファンが多かった、ギャラリーが狭い為出ていくことにした。

8月13日、秋葉原
部屋の掃除だったかな?部屋に置いてある本類を何冊か集めた。

ちょうどこの間、買った講談社・月刊アフターヌーンも売りに夕方ギリギリ秋葉原へ行ってみた。
まんだらけに引き取ってもらい1000円ぐらい儲かった。

もう時間としては夏とはいえ真っ暗な時間。秋葉原を少し歩きまわった。

アメコミ専門店 ブリスターに立ち寄った。これで2度目、前はアメコミを立ち読みさせてもらった。
今回もまた立ち読み、どうせなら買って帰ろうかと思った。
欲しいとおもう本は一冊あった。無理して「ULTIMET-SPIDERMAN」の最新刊を買った。

夕飯は作るのめんどくさいので、中華料理チェーン日高屋・秋葉原店へ入って野菜たっぷりのタンメン
を注文。しかしお店の中はお客さんでいっぱい。お店からだされたお水のカップにはゴミが少し浮いてた。

注文した品についてたレンゲは米粒みたいなものが、気が付いた時は手遅れだった。スープの中にいれてしまった。
秋葉原の日高屋にはいかない方はいいかも・・・そういえば道端に捨てたガムを踏んづけた。

8月14日、国分寺、吉祥寺
叔父から連絡受けた、「市役所にいってこい!」と言われた。
先月、医者の方へ行って検診を受けた事が原因で健康保険の関係郵便が届くことに。
住民票の都合で、叔父の家に届く事になっていたが手続きに不備があった際、市役所の方が訪問。

叔父が話をつけたので肝心の自分が市役所へ手続き更新のため訪問。
この時叔父一家は仕事。腹が減ってきたので国分寺のラーメン屋で油そば食べた。(横浜家系ラーメン)

せっかくなので途中で吉祥寺の街を探索。イラストレーター永沢まことの個展をやっていた。
商店街の方も探索した。ほぼ北側の方である。今度は南側の方を探索かな

8月19日、高田馬場
Mさんと出かける約束、高田馬場へ。求職の関係施設を訪れた。
高田馬場の町は結構にぎやか。引っ越し先の予定地に入れておこうかな?

面倒な手続きばかり、こんな事なら映画を観る約束にすればよかったかな。

高田馬場の街を少し見て回ってみた。さらに地下鉄1日乗車券を買ったので
帰りは中野の方へいってまんだらけ中野店などを見て回った。さらにその後はどうしょうか考えてみた。

せっかくなので地下鉄を乗り放題やってみた、スカイツリーの方まで行ってやった。
墨田区周辺を少し歩いてみた。暗かったが住んでみるには悪くない感じの街並みだった。
さすがは「こち亀」の舞台だ。そういえば途中で永田町か霞が関の駅で降りて首相官邸をみたな。

8月21日、東京仕事センター
Mさんが僕の求職のために東京仕事センターへ行く事に。
この日は寝過し、待ち合わせの時間お詫びに以前トルコライスを食べた喫茶店を紹介した。

目的地は意外と知っている場所、秋田書店ビルの前。以前、観に行ったことがあった。
Mさんが話をほとんど進めていた。
適性テストを受けるように勧められたが、自分で良く考えてからにしてほしいといった。

8月24日、早稲田付近探索

神楽坂商店街から歩いて早稲田方面を行ってみた。電車で一駅隣の距離を見くびってしまった。
結構遠かった。そして疲れた。スタート地点は元々は山の上にあるようなもんだから登り坂、急な下り坂で大変。っていうか狭い歩道だった。その日はそんな道を使う人たちが多くて大変

行く途中、ブックオフやイトーヨーカドーを見つけた。しかし目的地の高田馬場までは遠かった・・・
早稲田のメトロ地下鉄駅まで遠いのだから大変。

夕飯は途中で見つけた横浜家系ラーメンで普通のラーメンを頼んだ。しかし麺を味わってみるとイマイチおいしくない。チャーシューやホウレン草といった具はまあまあよかったけど。

8月25日未明~29日

台風が接近中、しかも2個。ひとつは西日本付近、もうひとつは太平洋を北上。
西日本は各地は被害をもたらし。東日本はその影響か北から冷たい空気を運びよせた。

おかげで東京は、関東地方はいきなり寒くなった。ほんと北の国にやってきたと実感する。
故郷の地・高知ではまだ暑いのだから。

おかげで寝間着の方は衣替えすることにした。

8月27日
先日、酒を飲みすぎたのか。急に冷え込んだのか風邪をひいたのか。具合が悪い。
当然、腹の具合が悪くて下痢であった。

ここ2,3日はこんな毎日で退屈なので思い切って上野の森美術館へ行く事にした。
ガンダムをデザインした大河原邦男の作品展示会である。

秋葉原によることもできた。秋葉原のまんだらけに本を売るのはまた次の機会にすることにして
美術展を見ることに専念することにした。

体調が整った時には時計の針は午後4時を指していた。
いそいで直結したJRの駅へ足を運んで無事に上野駅にたどり着いた。
「ガンダム」や「ヤッターマン」の他には「ダイクーン3」「勇者警察エクスカイザー」など
聞いたことある作品や昔TVで見た事のある作品のロボットデザイン画が展示されていた。
制作に関わってきた作品を見てみると一部の作品らにある共通点が見つかった。
やはりロボットの顔がどこtなくガンダムに似ていたという事だ。

帰りにTUTAYA上野店によってみたらちょうど欲しかった本が取り寄せられていた。
日本語版アメコミ「デッドプールVSカーネイジ」&「アイデンティティ・ウォー」の2冊
無理して購入した。

その足でJR秋葉駅へむかう。電車賃を少し浮かすため。
夕飯を作るのが面倒で中華料理チェーン日高屋・上野店を見つけて
夏バテ、疲労回復に効くニラレバ定食を食べてた。こっちのお店がきれいだった。

8月30日

まだしばらく風邪っぽい。

夏も終わろうとする。この日も雨。「STAND BY ME ドラえもん」がTV放送されていた。
3DCGがリアルすぎる。小道具まで丁寧にできてる、画面のはじっこにコロコロコミックが確認できた。

今度の9月1日、Mさんと映画観る約束、映画のタイトルは『バケモノの子』
[PR]
# by notyou0508 | 2015-08-30 22:58 | 日記・雑談(その他)

気が付けば8月8日。先月7月は猛暑日続きで暑いったらありゃしなかった。
おかげでへとへとの毎日。毎日エアコンを付けなければいない日々、しかし洗濯物の乾きは早くにすんだ。
とりあえず7月の出来事を表記する。

7月1日映画鑑賞

以前からブログで紹介しているMさんに誘われて7月は新宿の方へ
こちらも単純にOKしてしまったがいくつかしくじった事があった。

待ち合わせの時間を映画の上映開始する時間と勘違い。それはしかたないけど
今度は待ち合わせ場所!「ゴジラの辺り」と聞いていたがそこは日比谷の当り。
映画を観る東宝シネマよりも、東京・銀座のあるJR有楽町駅から南にある方。
自分はまだその辺の地理や裏道など覚えていない為、道がわからなかった。
上映開始する20分前にMさんに連絡して直に映画館で落ち合う事に。

なんとかギリギリにSF映画「トゥモロー・ワールド」を観た。
上映中にMさんが用意したサンドイッチを食べた。うまかったけど上映館内で食べるのは大変だった。
先月から左側の上奥歯を抜いたせいかなんとか右側の方でよく噛んだ。

映画の方だけど、主人公の少女を導く中年男えんじるジョージ・クルーニーに対抗する
トゥモロー・ランドの支配者役の人。たしか海外ドラマ「ドクターハウス」の主演男優だ。

ちなみに映画をみているうちに電源を切ったはずの携帯。スマホの着信音が鳴った。
すぐさま自分のスマホをチエックしてみたら違ったなんと映画の方からだった?
主人公の父親が使っているスマホが自分と同じアップルマークでおなじみのアイフォンだった。

7月7日、友人と飲んだ。

東京にいる高校生時代の友人の誘われて酒を飲んでやった。ここで彼の事をカトちゃんと呼びますか。
もう大学をでていまや大学の非常勤講師、いや学芸員だったかな?そういった関係の仕事についている。

中学、高校時代の同じ美術部だった。ゆえ今でもときどき絵を描いている。
今は大学の仕事仲間らと絵の展覧会を開いている。東京・銀座にあるギャラリーだ。

絵の方は昔と変わらない写実画、作中背景に鏡が出てくるせいかフェメールとかいう
名匠画家の絵をおもいだした。他の人たちもなかなかうまい人たち。

ギャラリーの絵を観終わった後飲みに行く事に。てっきりカトちゃんの仕事仲間らと
飲むのかと思ったら別行動。これならもうちゃんとご挨拶をするべきだった。

東京・銀座から渋谷の方へ地下鉄で移動。
前から行ってみたかった「銀座ライオン」の店。でかいジョッキのビール3,4杯は飲んでやった。
足が少しふらつくが無事に自分が住む町に着いた。

帰りに行ってみたかったラーメン屋へ行ってみた。
営業許可書の札をみてわかったがそこのオーナーが自分と同じ苗字だった・・・
ココでバイトはできないな。魚醤スープのつけ麺大盛りを頼んだ。

そういえば6月にカトちゃんに誘われて明治神宮へいった事を紹介するの忘れてた。

c0192523_141559100.jpg


7月8日 朝顔祭
前日の酒のせいか体調が少し悪いかな?
寝る前にかならず水分補給。ペットボトル2リットルはラッパ飲みしたのだ。頭痛はしなかった。

待ち合わせは池袋。お昼はJR池袋駅の上のデパート。レストラン街のほうで天丼をごちそうになった。
しかし問題はこの後だった!おトイレ、大きい方に行きたくなった・・・てっきり祭りは池袋とおもいきあ上野より北の方、鶯谷駅の方へ行く際中列車の中で我慢して目的地の駅でなんとかすませた。

とにかく鶯谷駅の街へ着いて周りをみてみるといつかみたテレビドラマの背景を思い出した。
ココが撮影現場かな?単純に朝顔の即売会。朝顔は風流だったがこの日は雨ゆえ歩くのは大変だった。
スカイツリーがうっすら見えた。

せっかくなのでこのまま歩いて上野駅までいってみた。ただ歩くのに妙に疲労を感じた。
倒れるのではないのかと不安だった。しかしもう手遅れ、スマホの地図によると半分まで来てしまった。
必死で体を立ち上げて暑い缶コーヒーを飲んで根性でだして上野駅まで歩いた。

そのあとはどうしたっけ?一応ツタヤ上野店までは新しいマンガ本を買ってやって
帰りはJR上野駅で帰って行ったな。

7月後半 内科検診をうけた

親元を離れてマンションで一人暮らし。2ヶ月に一度の水道料金支払いと通常の電気代料金の支払いが重なった為、手持ちのお金がもうない。早めの仕送を実家に頼んだ。

6万ぐらいのトコロが10万にしてくれた。上述したようにカトちゃんと酒を飲んだ時「実家に仕送のお金少しUPできるじゃないの?」といってくれた、ホントにできた。っていうか最初から月10万仕送できたのではないか?

これなら病菌で診察を受けることができる。親父が医者なので前に参考話を聞かせてもらったが
参考にならなかった・・・。できればどういった病院が名医であるかを見極める方法がききたかったが
親父は三流だったことを思い出した。

とにかく自分が住む町は高級住宅地。東近所の神楽坂商店街、そこに面した道路は先の首相・田中角栄が毎朝毎晩車で送迎してもらったそうだ。西の方には警察署、郵便本局がある。
そこでおもいだしたがそこに開業医があるのを思い出した!牛込商店街の方だ。

とにかくそこのお医者さんの検診をうけた。
自分が地方から東京へ上京したばかりの者など具体的なことを話した。
体重を測ったみたら高知にいたときよりも5キロ近く痩せていた。

当の自分の肉体はシェイプアップした感じはない。そこのお医者さんもビックリしたから
血液検査をうけた。外装も綺麗だしも中もホントに綺麗。広々として充実感があった。

やっぱり親父がつくづく三流におもえる。経営や院内の内装の事を考えると・・・

次の週、結果を知る為再来。
「食事制限は無理なダイエットと同じだから栄養が偏ったのでは?」と言われて
食事はモリモリ食べた。おかげで顔色はましになった。体もふらつかない。

血液検査の結果、「中性脂肪」と「アンモニア」が基準値を上まわっていた。
だった。肥満の典型的な数値であるが。

逆に下回っている数値と成分名を観た。「クレアチニン」と「k mEq L」だ。
調べると「クレアチニン」は体の筋肉に栄養を与える成分。
「k mEq L」のKはカリウムのK、塩分だった。

両方とも体を維持するには必要な酵素成分だったから食事は遠慮することなくモリモリ食べることにした。
[PR]
# by notyou0508 | 2015-08-08 13:54 | 日記・雑談(その他)

またしてもブログほったらかしすぎ気が付けば7月9日。七夕も通り越した。ここ最近、体がだるい。くらくらする、多分酒を飲んでは水分補給を怠らない為、また脱水症状かも・・・。この上座ってばかりで腰が痛い。


このうえ梅雨入り台風接近のためか2,3日外出できないかもしれないと食糧の買いたしにいくにしろ。
自分が今住んでいる神楽坂は文字通り坂道が多いためホント歩くのが大変。転ばないように気を遣って歩いている。自分が住む場所の不便な点を改めて気が付いた… 


最近読んだマンガ、『怒りのグルメ』

 著・土山しげる 出版元:コアマガジン

ここ最近は「アクエリオン」10周年記念で続編がでたり、
人気のライトノベル、「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っている」、「GATE ゲート 自衛隊 彼の地にて 斯く戦えり 」。それから「下ネタという概念が存在しない退屈な世界」といった有名な作品がアニメ化されている中、自分は反骨精神かごく一部の人達しかしらないマニアック、不人気な作品を紹介。

c0192523_2231167.jpg


原題タイトル「噴飯男」、政治家や芸能人の悪評やきわどいヌードグラビア等をだす週刊誌『実話BUBUKA(ブブカ) タブー』で連載されていた変な漫画、イヤ痛快娯楽劇?
2013年から連載開始。コンビニや書店の店頭本棚で立ち読みして読んできたが「正直、これ単行本になるのか?」とは思っていた。ところが漫画単行本が出ると聞いて発売当日、コンビニの店頭で購入した。

さすがは東京、ちゃんと発売日には出るものだ。だがここで関心するところではない。
ビックリしたのはタイトルが変更されて出版されていた。

ここ最近、作者の土山しげるの描いてる漫画が双葉社の雑誌で描いていた『闘飯』。これ以降変な方向に走ってしまった。当然他の漫画ファンからも「おそ松くんのチビ太のまんまキャラ!」と不評を受けてたそうだ。
とにかく、「噴飯男」こと「怒りのグルメ」はまあまあ面白かったから買うことにした。

ネットショップAmazon.co.jpの方でレビューを出してやった。後日評価を確認してみたら9人の方が参考になりましたとのアンケートを確認。それから発売されてから2ヶ月かな。コンビニ店頭は勿論、置かれていない。いつの間にかネットではプレミア、高値で売られていた。

自分が買った本書も処分するときAmazonの方で売ろうかな?

けど買ってみた漫画単行本にはいつか読んでみた最終回が載っていない、第2巻目が出るのか出ないのか正直期待してる、だってまだ読んだことのないエピソードが読めるかも・・・
[PR]
# by notyou0508 | 2015-07-09 22:55 | 漫画・アニメ

6月の出来事前半をまとめてここに表記。


6月1日
この日は映画鑑賞ときめている。毎月1日、月初めは映画館の入場料が1000円一律。
前文で述べたとおり新宿ピカデリーで『チャッピー』を観た。

6月2日
キャッシュクレジットカードが更新された。試しにAmazon.co.jpで買い物注文。
いい歳こいて特撮ヒーローオタクである。講談社『テレビマガジン2015年7月号』を購入注文。
本来、幼少向け雑誌だが特撮オタクにはたまらない最新情報が満載。
「フィギュア王」や「ハイパーホビー」より早くに情報が見られた。

しかもこの号には付録品オリジナルDVDがついている。
TV本編では見られない『手裏剣戦隊ニンニンジャー』のセルフギャグとパロディが見られる。
しかし今年は『仮面ライダードライブ』の方が好評であった。仮面ライダーのオリジナルDVDに関しては
小学館『てれびくん』の方で行われている企画である。

これなら『仮面ライダードライブ 本物の力!タイプハイスピード誕生』を手に入れるべきだったかな?
テレビマガジンを注文するときにはてれびくんDVDのみネットオークションで出回っていた。

ちなみに去年は『テレビマガジン2014年10月号』を購入。付録のDVDを観終わった後は
すぐにネットの方で売ったけど、後から定価の3~4倍のプレミア価格に跳ね上がってくれた。

2015年7月号もいずれ売るつもり。来月か再来月ごろにはプレミア価格が付いていることまちがいない。

6月3日
先日Amazon.co.jpで注文した品は本日午後に届いた。関東圏内ゆえ一日で着くのは当たり前
ただ問題は親元を離れて今住んでいるマンションのポストに投函ができないため
郵便配達員に呼び出しをくらう為、今度からは秋葉原といった方の書店で直に買った方がマシだと感じた。

6月1日~6日・本を売る
Amazon.co.jpにはいくつか商品を出品している。
主に古本、あるいは自分が買って一端読んだ本などを売りにだしている。
ます最初は「SPA!(スパ!) 2015年 6/2 号」を安い値段で売ってやった。
ただこの週刊誌、後になって1000円以上の価格で売りに出されている、なんかシクジッタ。

他に売れたのは故・石川賢の「超護流符伝ハルカ」、元々108円コーナーにあった本を高く売ってヤッタ。

6月未明→9日
5日だったか6日だったか忘れたが、奥歯、左側上の”親しらず”が欠けてしまう。

というより一部壊しちゃった、その時爪楊枝で奥歯をいじっていたら固い小粒のかけらが出てきた。
何か奥歯にも異変を感じた。後日9日神楽坂の歯医者へいってみたら予感は的中。歯の横側がかけてた。
それから「左側上の親しらずを抜くべき」と見るからに同い年の先生に言われた。
これ以上かけると抜けなくなると明確に説明してくれた。

この時すでに電気代などを支払ったため仕送の半分を消費。それに12日は叔父の家を訪問する約束ゆえ
後日改めて訪問するといった。

6月7日
Mさんに昼飯食べないかと誘われる。この日は彼女の息子が仕事、出張がえり。
一緒に新宿の叙々苑で焼肉ランチした。

ここ最近ふらふらする。風邪なのか、酒の飲みすぎかどっちだろうか?
Mさんに聞いてみたら「あんたの事だから多分酒の飲みすぎ、脱水症状になるよ」と注意された。
一応、歯が欠けた事も話した

6月8日
秋葉原のまんだらけへ行く。これまでかき集めた古本や普通に買って読んだマンガ本を売る為である。
たしか、ほしの竜一「新装版 騎士ガンダム物語」を2冊が入っていた、これも108円で買った物
1冊500円ぐらいで売れた。それから秋葉原から上野の街を歩いてみてきた。

待ちを歩くうちにおもわず信号無視してしまう、そこへいきなりパトカーが!
補導されてしまうのかとおもいきすぐそこに違法運転をした車を止めに入る為であった。
お巡りさんがあっちに行ってもいいよと手を振った。あの時はちゃんと礼をしたかな?

上野の方へTUTAYA書店へと足を運ぶ、探していた本は見つからなかった。
仕方がないから別の本屋へ、アニメイト秋葉原店で購入。以前紹介した「のの湯」の単行本だ。
これを機に欲しい本はちゃんと取り寄せてある近所の書店で買うことにした。

ただこの日が通り魔による殺傷事件だった日を忘れていた。それらしき花束やお供え物を見ておきながら気が付くべきだった。

それから上野まできたのだから、西郷さんの銅像をみることに。そこで知らない外人さんに声をかけられる。
みたところインド人の旅行客、スマホを見せてくるので断れない。自分ももっと気を利かせて話すべきだったが
そのインド人はこっちに見切りをつけて違う人のトコロへ行った。もういいやとおもい西郷さんの像を見た。

どうやら相手も西郷さんの像を見に来たみたいだ。上野公園の階段を下りた時すれ違った。

向こうも言葉を話さず勝手だったとはいえ役に立てなかった悔しさに居酒屋で一杯。
よく冷えたハイボールを頼んで飲んだ。後からお冷、お水ももらったが運んでもらった方が名札を見ると店長であることがわかった!

この後電車賃を節約に上野から秋葉原の駅へともどる。秋葉原のブックオフでまた古本を購入。
中平正彦の「さくらがんばる!」を108円で買った。後日1000円以上の値で売れた。

余談・乙武洋匡らしき人を見た・・・
いつだったが忘れたが6月前半のことであるは確か。

Amazon.co.jpに出品している本の買い手が決まり牛込郵便局の方へ提出した。
その帰り牛込郵便局から神楽坂商店街につながる大通りを進む中家族連れが多かった。

そこへアイスクリーム屋の前にいるとある家族をみた。

乳母車は後ろ向き、その横では両親らしき夫婦が座る。夫の方が乳母車とお店の旗によって
すっかり体の全体が見られない状態、首から下が見られない。前から別の家族連れがやってくるので
さっさと歩いた、その夫が妻にアイスを食べさせてもらうといったトコロは直視することはできた。

夫の方は男の自分から見てもハンサムと思えた。誰かに似てると思い、「五体不満足」の乙武洋匡を
思い出した、メガネをかけていてあんな感じ、国分太一と一緒に映画にもでた人だったから
顔の方をよく覚えていた。おもわず立ち止まって気が付いた。

後ろを振り向いたら乳母車と思っていたのは誰も座っていない全自動車椅子!
先ほどの夫もこっちに気が付いて物陰に隠れてしまった。

やっぱり乙武洋匡先生だったかも・・・

ここは黙って去ってしまえばよかったと少し後悔してしまった・・・
[PR]
# by notyou0508 | 2015-06-23 00:40 | 日記・雑談(その他)

映画館へ観に行った。

6月1日、新宿ピカデリーへいく。

毎月1日、月初めは映画館の入場料が1000円一律。しかし朝早くに起きればもう一本鑑賞ができたかも?

それはともかく観ようと予定していたSF映画『チャッピー』。
『第9地区』でおなじみのニール・ブロムカンプ監督新作

前作同様、南アフリカのとある都会が舞台。そこは強盗事件が数多く発生する街。
とあるエレクト二クスの関連商社が開発した新型ロボットにガードマンをやらせることで街の治安は回復。

ある日、開発担当者の博士はロボットに考える力、思考能力を与えるプログラム開発に成功。
しかし会社側はその提案を拒否した。
彼はこのプログラムを実行するために廃棄寸前のロボットにこれを使うことにした。

そんな時、博士が強盗稼業の夫婦に拉致される。
ロボットの弱点を聞き出すつもりであったが失敗に終わる中
そこで廃棄寸前のロボットをこちらの味方側につくように修理しろと脅される・・・。
修理およびプログラム改造に成功したロボットはチャッピーと名付けられた。

とあらすじはこんな感じ。CMでよく聞いた「衝撃のラスト」観たさにこの作品を選んだ。

皮肉にも強盗夫婦の妻がしっかりとした母親ぶりを見せてくれた。
一方夫の方はチャッピーに自分の存在を認識させる教育とはいえ
ロボットを嫌うチンピラたちの前に放り投げこむ場面はひどい。

人間がロボットに乱暴、虐待。昔読んだ手塚治虫の漫画「鉄腕アトム」のような展開であった。

それから博士を妬む前任者が登場、博士を失脚させようと悪事をはたらく。
自らが開発した戦闘兵器でギャングたちをなぶり殺し。
ついには強盗夫婦の妻が殺されてしまう。これには泣けてしまう。

前任者、後から気が付いたけどヒュー・ジャックマンだったの?見事な悪役を演じてくれた。
ネタバレ御免。ついにラストに入る、チャッピーはなんと死んでしまった強盗夫婦の妻をロボットとして甦らせる!?いや事前にコピーしたデータを使うからこれってコピーロボになってしまうのでは・・・。
おもわず『クレヨンしんちゃん 逆襲のロボとーちゃん』思い出した。

とにかくリアルな演出、大スクリーンを見に来て損はなかった。
チャッピーの造形デザインであったが若干漫画家・志郎正宗のアップルシードにでてくるロボットみたいだった。

帰りは映画館の近所にあるラーメン屋で夕飯にした。ちょうど映画の来館者には一割方サービスしてくれるという。前から行ってみたかった店だからなおさら。実はワンタンメンを食べるのはこれが初めて。
c0192523_2221089.jpg


帰りには紀伊國屋書店によった。やまと虹一の「超戦士ガンダム野郎 完全版第5巻」と土田世紀「俺節 完全版 下巻」を購入。かなり高いお買いもの、6月初めから無駄遣いをしてしまった。
[PR]
# by notyou0508 | 2015-06-22 23:10 | 映画(全般)

6月未明発売漫画単行本「のの湯」発売記念の個展にいってきました。

2014年5月24日。東京都、中野サンプラザモールにて。

c0192523_1503793.jpg



この記事を書くことを忘れていた!24日の夜、前文のアメコミと紀伊國屋書店に関するデータの編集が
おもっていたよりも膨大でそのまま忘れてしまった。

25日昼中に作成編集するところ急用で郵便を出さなければいけなかった。郵便物を仕上げる中、午後の2時ごろ関東地方に地震がおきました・・・。

先週、夜中に寝る前にPIXIVサイトの端っこで宣伝されている「PIXIV Zingaro」の方を覗いてみた。

何と会場は中野サンプラザの一画のギャラリーで行われているそうだ。
ちょうど先週、中野サンプラザ内にある古本屋に本を、漫画類を売り払いに行ったばかりだというのに。
これはしくじった!今度もう一回中野サンプラザにいこうかと悩んでは考えた。
ちょうど売り損ねた月刊漫画雑誌が一冊、他にもいくつか漫画本があった。

極めつけは24日「釣巻和サイン会開催決定」、行く決心が固まった。

作者の先生は釣巻和氏。宣伝のブログに表記された画像、イラストを見ては興味津々。
あまり詳しくはないがなかなか綺麗な画を描く作家だ。

当日会場へ行ってみた。会場にあるこれまで手掛けた作品をみてみると「くおんの森」の単行本などが置かれていた。他にはかつては書店の店頭に置かれていた乙一の小説本、挿絵を担当した人であった。

過去作、その他作品ももなかなか面白い。

実をいうと「銭湯へ赴き、お風呂に入る女性」のお話と聞いて漫画で脱衣や入浴が見られる。
男としてはと邪な思いで観に行ってきた。これはなかなか、艶のある裸婦像であった。

ボーイシュ、髪の短い男のような女の裸に新たな色気を感じる、単行本がでたら買うとしよう。

肝心のサイン会に並んでみた、先に個展の方で売られているグッズを買うことがサインに参加する条件
あれっ?単行本刊行されると聞いてみたものの、実際はこの日より十日以上先だそうだ。

とにかくせっかく来たのだから参加条件のためグッズの手ぬぐいを購入。
肝心の先生を見てみると、一瞬考えてみた。「女性作家かな?」、図星であった。

長く話をすることはできなかった。主役の先生には御礼をいったつもりだ。

最期、近くの書店へいって「のの湯」が連載されている漫画雑誌を探してみた・・・ところが
肝心の名前を聞いてなかった。もう一度聞くべくギャラリーの方へ足を運んで関係者の方に
もう一度聞いてみた。なんとwebの方で連載されている漫画、今はやりのweb漫画であった。

損はなかった、なんでも漫画「のの湯」は「孤独のグルメ」原作の久住昌之が原案協力していることを聞いた。
だがここで、返答に困った。相手が女性スタッフゆえに。「美女の入浴シーンならおもわず買いますよ」
と言いたいところだが、「久住先生なら固いでしょ。」と言った。

スタッフに御礼をいってギャラリーを後にした。そうだった、本を売らないといけない。

後ほど中野サンプラザを中を見て回ると別のギャラリーで個展がされているそうだ。

名前を中途半端で覚え損ねたが「キム」というアーティストだ。そうこの人、韓国のアーティストだよ。

c0192523_23990.jpg


絵のタイプは名人・寺田克也系統な絵。壁一面には原画が張り付けられている!
これはスゴイ!購入も可能、画集も出版されてはいるが値段は高い!これは高い!

これは当時に作家のプライドの値段でもあるかな?
実際かなり精密な絵、聞けば下描きもしないで描いたラフ画などだ。
まあ自分が絵を描く参考として見てみることにした。

絵を見てみると半ばポルノ、ヌードデッサン。エロチックなイラストもいくつかあった。
しかし普通にもみても面白い絵もいくつか展示されていた。中々個性が感じられた。

いつかだったか自分の描いたイラスト、ラクガキ類をプロの漫画家先生にみせてたことがある。
プロの先生は絵に関しては褒めてもらったが、「後は自分の絵に個性を持つように。」とアドバイスを貰った。

「キム」の絵は柔軟性も感じられた。自分もこういった点は見習わないと。

小さなギャラリーをでようとすると寺田克也と「キム」の共作画が見られた!
しまった、これを写真にとるべきだった。
[PR]
# by notyou0508 | 2015-05-26 02:37 | 日記・雑談(その他)