あなたの知らない裏話


前回の記事「デッドプールをはじめはデットプールと思っていました」の続き

紹介する作品の一つとして原題名「DEADPOOL : EVIL DEADPOOL」
単行本の画像表記。

別名『デッドプールキルズデッドプール 最終章』

c0192523_21355239.jpg
翻訳出版タイトルの一つ『デッドプール・キラストレイテッド/デッドプール・キルズ・デッドプール』に登場してくれた”エビル・デッドプール”との最後の戦い。

デッドプール同士の殺し合いで生き残ったエビル・デッドプールが
デッドプールの正史世界へとやってきたのです!
(肩から腰にかけたベルトのようなモノ、ワープマシーンとする)

そもそも、エビルデッドプールとは?
デッドプールの能力を解明するためにマッドサイエンティストが
集めてきた肉片同士が融合をして生まれ来たもうひとりのデッドプールとの事
別の生命体の腕といったパーツも移植されている

映画秘宝 2016年 7月号 「デッドプール原作エピソード紹介記事コメント」より)

自分になり代わって数多くの悪さをして市長さんか議員かどっちか忘れたけど
著名人の子供たちを誘拐
さすがに警察が狙撃隊を出動させてキャプテン・アメリカまでも
捜査に加わるのでした。

しかしながら本者と偽者が戦うトコロをみんなが理解して
最後は本者が偽者に勝った!と、その時
息絶え死んだエビルデッドプールの醜い顔がみるみる内に
美男子になる様に驚くデッドプール
元々は別世界の自分だというだけあってこの死が
自分が醜いやけど状の顔から本来の素顔に戻る方法とも
いえる事となるのであった。そこでカレはうっかり
ベルト状のワープマシーンを手に取ってしまいどこかへとワープする

なんとなくやりきれない終わり方。その時の単行本巻末には
楽屋オチのようなエピソードも収録

ここで一旦終了シリーズが「マーベルナウ!シリーズ」へと移行するのでした。

2、3年前から準新作「マーベルナウ!シリーズ」が翻訳出版された事に
大ショックだった。


これまで新品入手や中古書購入した品で
白いデッドプールことゼンプールが登場する「アクシス」に
マーベルナウ!シリーズラストの「オール・グッド・シングス」
シリーズ作中で最新作の「バック・イン・ブラック」!!

英語版こと原書を買うんじゃなかったよ!?
次はデッドプール買うのやめようかと思っています?


[PR]
by notyou0508 | 2017-08-25 22:08 | アメコミ

とりあえず・・・

c0192523_22301518.jpg

高知の近状を語るとする
三年ぶりの高知市内はすっかり廃れていた。
そんな雰囲気ではなくそのまま、休日高知市内では帯屋町よりも
イオンモール高知店の方へみんな足を向けていた

帯屋町には牛丼屋「すきや」一件のみ
「吉野家」「松屋」もぜんぜんない

書店にいけばよいが「ジュンク堂」はない「紀伊国屋書店」もない
ただ大きい書店は一件「金高堂」なる書店があるあそこで
アルバイトしてみようか考えている。駄目ならデパートかな?
ただ「西武デパート」はない「大丸デパート」のみ

東京・池袋が急に恋しく思った

今現在の自分の住まいは単身者用マンション
ジブリ映画作品「海がきこえる」の舞台モデルにもなった
高知市内でも有名な高校の近く。
最近になって高知大学の分校が新設された建物がきれいだ
イヤこれよく考えたらこのマンション、学生用なんじゃないの?
口うるさい両親にいないよりはましかな?

久しぶりにマンションより北方面にある愛宕商店街へ行ってみた。
子供の頃、小学生時代はよく歩いたものだ。
お米屋さんと隣は花屋さんだったところが
つぶれてコンビニファミリーマートになっていた。

おどろくのはこれからだ、行きつけの古本屋が店を閉めていた
南端から北端っこまで店は覚えていたがほとんど
シャッター商店街となってしまった事が一番ショックだった

しかも夜歩いてみたら暗くて電気も付けてくれなかった

ただ今度の8月26日の土曜日は楽しみだ。
愛宕商店街のシンボル・あたご劇場にて
「吉田類の今宵、ほろ酔い酒場で」が上映される
しかも主演者本人が訪問!これはいかないといけないかも?
ただ夜に訪問されるために熱帯夜になりかねない。
というか、あたご劇場がまだ運営されていたのか。

ちなみにその翌日は大丸デパートにて
漫画家・松本零次のサイン会が行われるそうだ?

c0192523_22325432.jpg

追記・公開日当日、トークショーに行ってきました! 2017年9月2日 こんなイベントに行きました。参照)


c0192523_23043813.jpg



[PR]
by notyou0508 | 2017-08-24 22:50 | 日記・雑談(その他)

高知なう

c0192523_18120769.jpg

高知に帰ってきた。独り暮らしするところも決まった。
ここは帯屋町、高知県のど真ん中に位置する場所より撮影。
久しぶりにこの商店街をあるいてみたものの
いくつか変わったところが多い。
シャッターが閉まった店が多くなった。

数日後にはよさこい祭りでにぎなう事となる。
多分、商店街の方からも参加者がでるための休業たと思いたい
でなければ不況の為、閉店だろう・・・

c0192523_18163575.jpg
そして当日、よさこい祭り。ご覧のとおり活気あふれる人だかり
地元ニュースでも海外からの参加者もいるそうだ。
さすがにブラジルのチームはなかった。
よさこいというよりブラジルの美女たちがセクシーな衣装を身に着けて踊ってくれることを考えてしまった。そうサンバ衣装だ!

ただ、帯屋町を探索して気がついた。新しいお店もいくつかできている。
スターバックスの新しい店舗。昔行き着けの書店がリニューアルオープン
まだ昔食べたラーメン屋も残ってくれていた。名前の紹介はまた今度にする

ただ一番残念に思ってのは牛丼の「吉野家」が全くなかった!

やっぱりこれだから高知県は田舎である!嫌いだ
よさこい祭り当日帰りに行きつけの居酒屋によってきた。
そこのマスターはちゃんと自分のことを覚えてくれていた。


c0192523_18272421.jpg

店名の紹介はまた今度、なんでもバンドグループ「グリーン」が良く訪れる
ホルモン焼きだ。一人焼肉するつもりはない。
ピクルス盛り合わせとトリスのハイボールを頼んだ。
新鮮な野菜を酢漬けしたピクルスとアルコールの組み合わせは
個人的には美味かった。


[PR]
by notyou0508 | 2017-08-16 18:30 | 日記・雑談(その他)

最近読んだアメコミ

c0192523_01094781.jpg


アメコミ「スワンプシング NEW52」いきなり最終回をよんでやった!

「いきなり最終回」という言葉を聞いたことがありますか?昔自分が高校生時代に読んだ漫画総集編タイトル「いきなり最終回」(宝島社刊行)からいただきである。

話はアメコミ「スワンプシング」に戻ります。2010年に一度翻訳されたことも
あるカルトホラー作品。
当時本書の帯には梅図かずお先生からの「怖い」のメッセージが添えられていた

1980年代に発表されたホラー映画「怪人スワンプシング」の原作タイトルでもある

サブタイトルの「SEASON’S END」は直に言えば最終回!東京都内の古書店にて表紙のかっこよさに引かれて購入。薄っぺらな小冊子みたいなものだが単独で出版されている。

数多くのアメコミが、スーパーマンバットマンの最新作らが翻訳されている中
唯一スワンプシングの「NEW52」が翻訳されていないからなおさらだ。

表紙をご覧のとおりスワンプシングが自分と同じように植物怪人に転生した者達と出会う中スワンプシング軍団を結成。

見るからに強そうな戦士のスワンプシングに日本武将のスワンプシング。
ロシア人、ケニア人、ゴリラ。海中植物?青いスワンプシング。
背後にはなんと!?ティラノザウルスのスランプシングまでもが!
勝手にスワンプファイター、スワンプサムライ。
スワンプラスプーチン、スワンプゴリラにスワンプザウルスと
勝手に名前を決めて一人笑った。

対する相手は自分たちと敵対する人工的に生み出されてきた人造怪人軍団といったところかな?

正直言うとデビルマンの最終回を読んでいるのと違和感ありませんでした。
体の一部を伸ばして翼に変形させて空まで飛んで行ってくれちゃったよ。

読み終わった後「SWANPTHING NEW52」でGoogle検索。
色々解ったのは不幸な事故で死んだ少女を
植物怪人として再生したスワンプガール(画面右端)

映画オタクが転生したトウモロコシの怪人には一番笑えた。
スワンプコーン?いやポップコーンみたいだからポップシングかな?
画面左端にみられるがバーコードで見切れてしまってる。



[PR]
by notyou0508 | 2017-08-15 01:57 | アメコミ

ブログの更新は気まぐれです。とりあえず漫画などの紹介をします。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31