c0192523_14192077.jpg

近々引っ越しのためこれまでのデッドプールの英語版コミックおよび日本語版をいくつか売り払ってきた。前回でも言ったようにこれまで読んできたアメコミを紹介する。

来月辺りには「スパイダーマン/デッドプール:プロローグ」なるアメコミが
翻訳出版されるそうだ。買おうかな?

※いくつか所蔵していたコレクションの中から単行本『DEADPOOL ALL IN THE FAMILY』の画像表記。
未来人ケーブルが死んだかのように彼を抱えるデッドプールの表紙絵。
アメコミファンなら知ってのとおりDCコミック大長編「クライシス・オン・インフィニット・アース」のパロディ。
でも大丈夫。実際ケーブルは生きてる。

c0192523_21530777.jpg

『DEADPOOL Corps』
単行本三冊からなる大長編。日本語出版もされた「デッドプール:マーク・ウィズ・ア・マウス」の続編。
レディプール、ゾンビヘッドに続いて異世界からドッグプール、エグゼビア学園の悪ガキことキッドプールら仲間にして宇宙の荒くれたちと戦う話。

今現在は「deadpool classic VOL.12」なる愛蔵版が出版されAMAZON.CO.JPの方でも入手可能。

『DEADPOOL Back in Black』
ああっなんということだ。英語版を購入した翌月に翻訳出版?こんなことなら買うんじゃなかったよ。


『DEADPOOL Flashbacks
これはあまりお勧めできないというよりかもう日本のアメコミファンなら読んだことがあるエピソードの集まり。日本語翻訳出版された「デッドプール マーベルナウ」シリーズ作中で時々出てきた1970~80年代を舞台にしたエピソードをひとまとめにした単行本である。昔のアメコミの絵柄を意識している。


『DEADPOOL's Secret Secret Wars
もうすでに当ブログでも紹介している。とにかくコレ単行本の出版をまたずに
小冊子ともいえる全4冊を無理して買ってやった。結構面白かった


『DEADPOOL vs X-Force
これもAMAZONの方でレビューを出してる。
自分としてはなんとなくターミネーターの最新作「~新起動:ジェネシス」の内容を少し似ているような似ていないような?


Return of the Living Deadpool
これ映画秘宝なる雑誌のおススメで買って読んでみた。
前作ともいえる「Night of the Living Deadpool」を読まずに第2作目にあたる
これを読んでやった。
世界の人々がゾンビになってしまうとおもったら状況が悪化!
ゾンビたちがデッドプールに変貌しはじめた!?

これはたしかにおそろしい。元は美人だった女性がゾンビになったかとおもいきあ
男のデッドプールに変身してしまうことが一層恐ろしい。


『Fear Itself: Deadpool/Fearsome Four』
AMAZONの中古書で即購入した。他の方のレビューを読んでみてわかったものの
画のクリオリティはよかった。収録されてる内容は「ケーブル&デッドプール」のエピソードの一環である。

『DEADPOOL World's Greatest』
現在(2017)進行中のタイトル名を表記。もうすでにAMAZONでもレビューを出している。
単行本第1巻目は7人のデッドプール、他のみんなにもわかるようについに色分け。意図的に日本の特撮スーパー戦隊を連想させてくれて笑った。

第2巻目も読んでやった。いくつかとばしていきなり第5巻目を読んでやった。
内容は仲間や妻でもあるサキュバス、シクラーにまでも裏切られる話であった。


『DEADPOOL 2099
先ほど述べた「DEADPOOL World's Greatest」で時々見せてくれるエピソード
スパイダーマン2099が活躍する世界、いや未来が舞台である。
隠し娘とサキュバスとの娘が対決を予感させてくれる展開までしか読んでいない
独立タイトルが出版されるみたいだ。買おうかな?

とりあえず今日はここまでとする


[PR]
by notyou0508 | 2017-07-21 15:25 | アメコミ

2017年7月であるがただいま引っ越しの真っただ中である。

地震・雷・火事・親父なる言葉を聞いたことはありますか?

去年2016年であるがはっきりいえるのは関東方面は地震が多かった。
今年2017年5月はじめにはついに叔父さんから雷をもらった。
「だらだらするなら高知に帰れ!」
続いては親父が高知~東京に来た。さすがに火事にはならなかった。

故郷の高知を出ていって東京にやってきたのはいいが
事情が色々あって東京は東京でも西東京方面になってしまった

三十路になってやっと親元を離れたものの不慣れな一人暮らしがたたって
腰を痛めてしまった。今は腰痛を直してたものの
買い物などには苦労してくれた。晴れた夏日はカンカン照り。
日焼けを通り越してやけどするトコロであった

まず6月は大阪へ行ってみた。御袋と一緒に結婚した妹に会いに行った。
最初は大阪へ移るつもりだがなかなか部屋が決まらない。
問題は御袋が選んだいくつかの物件はすべて大阪の都心部のど真ん中
外側から見ても高級感ただようマンション。

はっきりしていたのはお袋は不動産会社に案内されるのではなくて
電話で指示されて行動していた。
これは向こう側に相手にされていない、貸すつもりはない気がしてきた。

お袋も大阪の物件を諦める事にした。
自分は高知に引っ越しを余儀なくされる。「結局、矯正送還かよ」そう心で想った

とにかく部屋をかたづけるの前提で本・漫画を売りはらう事にした。
ただ荷物は重い重い、東久留米町の人々の視線を少し感じたものの
無視した。ただでさえアパートはスイミングクラブの駐車場裏手に面している為
子供を教室に連れてきた母親たち数名が井戸端会議を横切る日々が続く中

ある日、声が聞こえた。「近所で有名なMさんと喧嘩したから引っ越すのよ。」
なおさら引っ越すしかないと思った。

西武鉄道の電車に乗って池袋に着いたら今度は秋葉原か中野のまんだらけへ移動した。アメコミの類は売ってやった。土田世紀の本セット、「編集王」も「かぞく」もほとんど売り払いしてきた。たしか総額5万円にはなったかな?

ほとんどの家具類は借り物ゆえ近所のMさんに返した
部屋はキレイになった。お袋が高知に物件を見つけてしまって
とうとう郷里に戻る事となった。

次に新しい記事を書くとしたら「デッドプール」かな?

いや問題は高知に帰ることになったのだ。ブログタイトルを変更しないといけない


c0192523_11185291.jpg

※2017年8月追文・画像追加

7月半ばには関東地方に冷たい空気と暑く湿った空気がぶつかり合い一時的な
大雨が西東京方面に降り注いだ。ちなみにこの時都内は雹(こおり)が降り注いだとか
そもそもこんな悪い天気は高知も一緒だ。できれば9月の秋にしてもらいたかったとこの光景を見てそう思った。

[PR]
by notyou0508 | 2017-07-17 01:18 | 日記・雑談(その他)

ブログの更新は気まぐれです。とりあえず漫画などの紹介をします。
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31