6月未明発売漫画単行本「のの湯」発売記念の個展にいってきました。

2014年5月24日。東京都、中野サンプラザモールにて。

c0192523_1503793.jpg



この記事を書くことを忘れていた!24日の夜、前文のアメコミと紀伊國屋書店に関するデータの編集が
おもっていたよりも膨大でそのまま忘れてしまった。

25日昼中に作成編集するところ急用で郵便を出さなければいけなかった。郵便物を仕上げる中、午後の2時ごろ関東地方に地震がおきました・・・。

先週、夜中に寝る前にPIXIVサイトの端っこで宣伝されている「PIXIV Zingaro」の方を覗いてみた。

何と会場は中野サンプラザの一画のギャラリーで行われているそうだ。
ちょうど先週、中野サンプラザ内にある古本屋に本を、漫画類を売り払いに行ったばかりだというのに。
これはしくじった!今度もう一回中野サンプラザにいこうかと悩んでは考えた。
ちょうど売り損ねた月刊漫画雑誌が一冊、他にもいくつか漫画本があった。

極めつけは24日「釣巻和サイン会開催決定」、行く決心が固まった。

作者の先生は釣巻和氏。宣伝のブログに表記された画像、イラストを見ては興味津々。
あまり詳しくはないがなかなか綺麗な画を描く作家だ。

当日会場へ行ってみた。会場にあるこれまで手掛けた作品をみてみると「くおんの森」の単行本などが置かれていた。他にはかつては書店の店頭に置かれていた乙一の小説本、挿絵を担当した人であった。

過去作、その他作品ももなかなか面白い。

実をいうと「銭湯へ赴き、お風呂に入る女性」のお話と聞いて漫画で脱衣や入浴が見られる。
男としてはと邪な思いで観に行ってきた。これはなかなか、艶のある裸婦像であった。

ボーイシュ、髪の短い男のような女の裸に新たな色気を感じる、単行本がでたら買うとしよう。

肝心のサイン会に並んでみた、先に個展の方で売られているグッズを買うことがサインに参加する条件
あれっ?単行本刊行されると聞いてみたものの、実際はこの日より十日以上先だそうだ。

とにかくせっかく来たのだから参加条件のためグッズの手ぬぐいを購入。
肝心の先生を見てみると、一瞬考えてみた。「女性作家かな?」、図星であった。

長く話をすることはできなかった。主役の先生には御礼をいったつもりだ。

最期、近くの書店へいって「のの湯」が連載されている漫画雑誌を探してみた・・・ところが
肝心の名前を聞いてなかった。もう一度聞くべくギャラリーの方へ足を運んで関係者の方に
もう一度聞いてみた。なんとwebの方で連載されている漫画、今はやりのweb漫画であった。

損はなかった、なんでも漫画「のの湯」は「孤独のグルメ」原作の久住昌之が原案協力していることを聞いた。
だがここで、返答に困った。相手が女性スタッフゆえに。「美女の入浴シーンならおもわず買いますよ」
と言いたいところだが、「久住先生なら固いでしょ。」と言った。

スタッフに御礼をいってギャラリーを後にした。そうだった、本を売らないといけない。

後ほど中野サンプラザを中を見て回ると別のギャラリーで個展がされているそうだ。

名前を中途半端で覚え損ねたが「キム」というアーティストだ。そうこの人、韓国のアーティストだよ。

c0192523_23990.jpg


絵のタイプは名人・寺田克也系統な絵。壁一面には原画が張り付けられている!
これはスゴイ!購入も可能、画集も出版されてはいるが値段は高い!これは高い!

これは当時に作家のプライドの値段でもあるかな?
実際かなり精密な絵、聞けば下描きもしないで描いたラフ画などだ。
まあ自分が絵を描く参考として見てみることにした。

絵を見てみると半ばポルノ、ヌードデッサン。エロチックなイラストもいくつかあった。
しかし普通にもみても面白い絵もいくつか展示されていた。中々個性が感じられた。

いつかだったか自分の描いたイラスト、ラクガキ類をプロの漫画家先生にみせてたことがある。
プロの先生は絵に関しては褒めてもらったが、「後は自分の絵に個性を持つように。」とアドバイスを貰った。

「キム」の絵は柔軟性も感じられた。自分もこういった点は見習わないと。

小さなギャラリーをでようとすると寺田克也と「キム」の共作画が見られた!
しまった、これを写真にとるべきだった。
[PR]
by notyou0508 | 2015-05-26 02:37 | 日記・雑談(その他) | Comments(0)

最近読んだアメコミ

紀伊國屋書店でMARVEL AXIS シリーズ3冊買ってやった。
(AXIS以下、アクシズ)


c0192523_23121688.jpg



書店でアルバイトするため東京の街をあっちこっち探索。いくつか大きな書店をまわってみた
ご存じ「TUTAYA」、緑の看板が目印の「ジュンク堂」。
そして「きいくにやしょてん」、いや失礼「紀伊國屋書店」(きのくにやしょてん)であった。

ここで先月買いあさったアメコミを紹介するとしよう。

JR新宿駅より東に新宿本店。こちらは基本的には医学書を多く取り扱っている。
さらに南に位置する代々木駅から歩いてすぐの新宿南店、こちら自分としては理想。
洋書・アメコミが本店よりも多くとり扱っていた!アルバイトの募集をチエックする事を忘れてしまい
買い物の方に行ってしまった。

最初の一冊目は『Deadpool Volume 7: Axis』TPB
こちらは新宿本店で購入。
他のブログから得た情報で「デットプールがイメージチェンジをはかる!?」という話。
そもそもマーベル世界に異変が起こる大長編『アクシズ』の一環としてデッドプールにも影響が起こる。

マーベル世界に異変が起こるってどんな感じ?まあ前例にならうと『ハウスオブM』みたいなものだ。
日本の特撮ヒーローで例えると『スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号』のようなモノだ。
『歴史改変』という共通点がある。

とにかく話はアメコミに戻るとする
いつもどおりに活躍していたデッドプールであったが「禅の道」に目覚めた。
「真っ白なゼンプールだぁ!」と外部のサイトブログで騒いでは話題になっていた。
遂に興味をもってしまい購入してみた。

いきなりアクシズ番外編などを読んでしまったらはアクシズ本編を読んでしまいたくなる。
「この顔色の悪い少年は誰?」といくつかわからない場面があったため
本編を買うべきかどうか悩んでしまった。元々はデッドプールメインのブラックユーモア故に星4つ!

Amazon.co.jpで検索するとかなり高い、今出版されている本編はハードカバー版のみ5000円以上の値段。通常版・SCことソフトカバーが出版されるのは

2回目は新宿の街のまわりを知るために探索、マニアックな書店「ヴィレッジバンガード」新宿店の位置。
「Bookoff」の新宿駅東口店&新宿駅西口店の場所も覚えた。あと映画館やアニメイトなども確認。

そして紀伊國屋・新宿南店を見つけた!そこで二冊目、『Axis: Carnage & Hobgoblin』
スパイダーマンに代わって宿敵Carnage (カーネイジ)と Hobgoblin(ホブゴブリン)が活躍する2作をひとまとめにした単行本。せっかくなのでこれを購入、しかしこれは半分ハズレをひいた感じ!

内容は両方とも大人向けのストーリー

カーネイジは町をパトロールしては強盗達の首を撥ねるわ、殺しまくるわ。
コスチュームも元々はベノムのエイリアンコスチュームの肉片が独自に増殖した物ゆえに
生々しい。酷いけどカッコイイ!?これぞ「ピカレスクロマン」ってヤツか

一方のホブゴブリンであるが理解するにはかなり難しい。
レッドリック・キングスレイが主催するクラブに造反する者たちを描くお話。

マーベルコミックのキャラクターに関して熟知したファンなら笑って喜んでくれるかも。
背景にはウルヴァリンそっくりなD-MANなるキャラをはじめマイナーなキャラクターが次から次へと登場。

紀伊国屋書店で買った時、税込3000円もした。「うーむ?」と言わせてしまう。
まあ「カーネイジ」に関してはよかったとは言い切れる、評価は星三つ!

ここである事に気が付いた。元々アルバイトを考えていたはずなのに
新宿南店ではアルバイトできないかもしれない。
そこのフロア担当者と思われる中年男性を一度買い物した時レジを打ってもらい
その人の顔を覚えた。しかし同時に相手が自分の顔を覚えた危険性もあった!


数日後、別件で新宿の街に行く事になった。
今回はJR新宿駅西側にあるハローワークを訪ねていくこと。
これを機会に三冊目、『Avengers & X-Men: Axis』を買うことにした。

これは大長編の本編、やはりこれを読まずに大長編『アクシズ』は語れない!
ハードカバー版は高い!5000を越えて6000円代。
とうとう紀伊國屋書店のポイントカードを作ることになった。

説明を聞けば洋書一冊買った場合は2割方ポイントとなって帰ってくるそうだ。

やはりスゴイ!作画メインはアンディ・キューバート。

要約すると歴史改変などでかわってしまった世界。ハンマーの使えない雷神ソーと
逆に使いこなせる魔神ロキ。

年老いたキャプテン・アメリカ(初代スティーブ)、対して敵はパワーアップしたレッドスカル。
これでは勝てっこない!ただでさえアベンジャーズは初代派と新キャプテンアメリカを襲名した
レッドウイング波に分かれてしまい内乱状態。

その一方、ミュータントが迫害されることに変わりない日々を送るXメンは
かっての宿敵、魔神アポカリプスと組むこととなった!

とこんな感じ。今年夏にはいくつかのアメコミが翻訳出版されていく。

映画アベンジャーズの新作に伴い刊行決定の『エイジ・オブ・ウルトロン』
ファン待望のアメコミヒーロー大戦『AVX:アベンジャーズ VS X-MEN』

正直来年あたり、この『アクシズ』シリーズが翻訳されちゃったらどうしよう・・・。

ハローワークのほうだが一応、職員の方に相談をしてみた。
前職は勿論、高知に住んでいた頃のいきさつを話したら内容が内容ゆえに職員が黙ってしまった・・・。
[PR]
by notyou0508 | 2015-05-24 22:57 | アメコミ | Comments(0)

最近の出来事

五月は一日から映画鑑賞、それからゴールデンウィーク。10日までの出来事を語るとする。
生活習慣が悪いのか慣れない土地の気候のためか風邪をひいた。体調が悪かった。
思わずドラッグストアへ行ってみては薬も買った。タケダの「アリナミンA」、鉄分接種のため。

5月1日映画鑑賞
故郷高知にある地方銀行の支店が東京・神田にあることがわかったので連休に入るから少しばかり金を下すことに街を探索。午前中に起きることはできたものの朝のお通じが酷かった。下痢である。
事後ケツが焼けるような痛みが、そういえば昨日の夜、激辛キムチを食べたな。多分これだ。
おかげで神田駅までもトイレするはめに久しぶりの和式便器。

とにかく銀行へ向かった。スマホの地図のチエックもあったが目印になる商店街があった。
歩いてみるといくつかラーメン屋や居酒屋がいっぱい、ちょうど昼時ゆえか妙に小腹が空いてきた。
ホントうまそうな店ばかり。食べて満腹になると映画を観る際中に眠くなるから食べるのは小食にした。

とにかく神田から東京駅・銀座の方面へ移動した。その頃時間は午後2時。
映画を観るには少し遅かった。もう4時からの方が余裕がある。
前々から考えていた「王妃の館」を観ることにした。浅田次郎原作もあったので。

物語は水谷豊演じる小説家が新作を書く為単身ヨーロッパ旅行に、
そんな彼を追いかけて担当編集者が偶然にも同じホテルに。
ところが最初のトコロ彼らが鉢合わせすることは無かった!?
といったところから始まる。

もう少し早くについていれば松田龍平主演の「ジヌよさらば」も観ることができたかも。
なんせファーストデイは一般料金はほぼ半額だからもう一本鑑賞できたはずだ。

映画を観た後、東京駅近辺を歩いてみた。歩くのに時間がかかったが紀伊国屋書店の支店も見つけた。
地下街も歩いてみた。丁度そこへ「トンテキ」を出してる店に行ってみた。
高い値段だったが大きな豚肉ステーキとボリュームのあるキャベツ、自炊する参考になったかな?

ゴールデンウィーク期間中
ブックオフで20%オフキャンペーンが実地された。おかげで1000円の本が800円というからこれは大喜び。
まずは近所にあるブックオフでお買い物、漫画本を買うのも構わないが自炊に必要な本をメインに買うことにした。野菜の調理本、お肉の焼き方本などいろいろ買えた。インターネットではプレミア価格の付いている本も安く買えた。とにかく東京都内のブックオフ各店は安いと実感できた。

高知で暮らしていた頃はブックオフを下回る値段や入手困難な品と言えばアマゾンといったネットショップやヤフオクだった。

しまった、絵の上達のため漫画の作画参考のための本を買うの忘れた・・・

無理して上野のブックオフへ行ってみた。ただ街をあるいてみて気づいたがどうも
秋葉原の街へ歩いていける事実に気が付いた。おかげで秋葉原のブックオフにも行く事が出来た。
というよりもこれからは今住んでいる暇だったら飯田橋から秋葉原へいけばお得な事実に気が付いた。

ちなみに秋葉原から浅草方面へ徒歩で行くのは無謀というのは先月歩いてみた事があるから実感している。

それから母方の叔父宅を訪れて一緒に夕飯した。ちょっと説教された。
叔父さんの奥さんがカツオのタタキを出してくれたがどうも購入した店の腕はイマイチ。
半生のカツオのタタキ、失敗作。不味かった。叔父夫婦が口直しにと酒は勿論色々進めてきた。
おかげでお腹いっぱい。食休みしてから帰るはずだったが急に腹が痛くなった、お腹をこわしたようだ。

他に言う事と言えば高知にはないハンバーガーショップチェーン『バーガーキング』へいってみた。
マクドナルドは2015年新年早々起きた異物混入事件以来か食べに行っていない。
ワッパーというバーガーはかなり大きい!マックのビッグマックよりもでかい!
なんでこういう店が高知県に店舗が進出しないのだ!

c0192523_121844.jpg


ショボイ過ごし方かもしれないが今住む町の隣近所をいくつか探索してきた。

5月10日 神田・秋葉原付近
東京都 神田の老舗ウナギ料理屋でうな重食べる。
実をいうと五月の生まれで誕生日を迎えた。
前にもブログで紹介したMさんがその日に誕生日を祝ってくれる事でうな重をごちそうになった。

ちょうど神田祭りが行われていた。若い世代にも祭りの事をしってみてもらうためか
なんとTVアニメ「ラブライブ!」とのコラボが行われていた。
たしか「ラブライブ!」の作中舞台は神田近辺と聞く。
とにかく宣伝するにはうってつけのキャラクター。JR秋葉原駅の方へいくと
「神田祭りがよくわかる本」という薄い本イヤ、ガイドブックが売られていた。

c0192523_1321154.jpg


c0192523_1383567.jpg


高知県でいわせれば坂本龍馬というキャラクターを使って宣伝するのと同じ。
しかしこういった事に関しては高知はなかなか力を入れない。

創作小説ならぬ創作アニメに坂本龍馬を登場させた作品はいくつかあるものの高知は全然しなかった。
最近では「幕末Rock」なるアニメ・ゲームがでていたのもかかわらず高知県の役所や企業は
そういうタイアップといった事はしなかったなあ。これでは田舎町とバカにされても仕方がないことが実感できた。
[PR]
by notyou0508 | 2015-05-11 01:50 | 日記・雑談(その他) | Comments(0)