最近、買ったアメコミ

Marvel Zombies Return

Fred Van Lente / Marvel



最近、買ったアメコミ『MARVELZOMBIES RETURN』TPB

TPBとは単行本の意味である。

内容はマーベルゾンビ2』のラストでテレポーター(転送機)によって

飛ばされたゾンビ・スパイダーマン、ウルヴァリン、アイアンマン

ジャイアントマン&ワスプ、ブラックパンサー、ルーク・ケイジらのその後を描いた話である!

少し過去の世界に飛ばされたゾンビ・スパイダーマン

過去の世界で行動するゾンビ・スパイダーマンが本来のスパイダーマンと取り違えられて

キングピン、ドクターオクトパスらがゾンビに襲いかかる!

敵役らを返り討ちにしては食べるゾンビによってもうはやメチャクチャ!

敵役らはゾンビウィルスに感染してゾンビ被害が拡大しはじめた。

一方、本来のスパイダーマンはゾンビと取り違えられたタメ殺されるために・・・

ところが過去のスパイダーマンが死んだのにゾンビが消滅していなかった。

この世界がゾンビの住んでいた世界とは別の異世界である証拠なのだ。

ただでさえグロテクスな表現が強い『マーベルゾンビ』シリーズ

ゾンビスパイダーマンはついに自ら人間と決別し完全なるゾンビとなるため人間の皮を脱ぎとり
姿を一時消すのであった。

ゾンビウルヴァリンは日本・東京へ異世界の自分と鉢合わせ。

ゾンビジャイアントマンはアイアンマンことトニースタークを死なせてしまう羽目に。

こちらの異世界もマーベルヒーロー達がゾンビに感染されてメチャクチャな世界になるのであった。

完全にゾンビの惑星となった異世界で

ゾンビ・スパイダーマンたちと旧ゾンビ軍団と新ゾンビ軍団の戦いに注目!! これこそ真の『マーベルゾンビ3』!?

意外な人物がラストを飾るのであった?映画「スパイダーマン3」にも登場したサンドマンであったのだ!!

一方、新ゾンビ軍団の生き残りがふとしたことでさらなる異世界へ飛ばされる。

実はこれが本編の世界に少し登場するゾンビセントリーだった?
[PR]
by notyou0508 | 2011-01-27 20:03 | アメコミ

めだかボックス 1 (ジャンプコミックス)

暁月 あきら / 集英社




2011年注目すべきマンガ「めだかボックス 」

2010年はTVアニメ『刀語』を見ては西尾維新に興味を持ってしまった。

他にもいくつか作品をだしているが西尾維新は元々ライトノベル作家。

すなわち小説家、文学作品を読むには大変だ。

どちらかといえば自分は漫画をよく読むほうだ。小説全巻読破するには大変だ。

こういった作品が映像化されたらずいぶん楽だ。

少年ジャンプで連載中の『めだかボックス』はスムーズに読めて本当に助かる。

特異能力者が集まる学園にただ一人、何の力も持たない“普通”の人吉善吉はふとしたことから

生徒会の雑用係をすることになった。会長は“黒神めだか”なる女子

彼女は幼い頃一緒に遊んだ幼馴染、いわゆる再会を果たしたのであった。

最初は生徒の悩みを解決する珍道中、SFコメディだった物語。

現在、人々に害をなす能力者チーム「マイナス13組」との対戦中の熱血格闘マンガ状態だった。

学園のイメージとしてはSF映画「Xメン」を連想させるものだと考えればいいかも?

物語も中盤、ついには善吉の母親までもが登場。思いっきり特異能力者の母親、

十代を思わせる幼女体質にして天才外科医。やはりどうみても普通じゃない人吉善吉

少々気になるが主人公ともいえる人吉善吉には気になる一瞬“シンクロ”(同調)能力者ではないかと想像してしまう。

「マイナス13組」の一人、球磨川との対戦試合により視力を失った善吉

球磨川の能力は言霊だっけ?「善吉の目がなかったことになる」の一言で視力を失う羽目に

試合は引き分け、蛇の毒によるデスマッチ。両者は蛇の毒にやられて球磨川は能力を使って毒を無効化

どういうことか善吉も助かった上に視力も無事に回復した?

こんなシーンをみたしまいやはり“シンクロ”(同調)能力者ではないかと考えてしまう。

これまで数多くの能力者と格闘してはなんとか相手に打ち勝った善吉

「ワンピース」でいう黒ヒゲ海賊、海外テレビドラマ「ヒーローズ」のピーター・ペトレリを連想してしまう。

現在、善吉と球磨川のリターンマッチ、両者爆死か??明日の少年ジャンプではどうなるのだろう?

原作者の西尾維新には少々応援したくなるなんせ同年代だから・・・
[PR]
by notyou0508 | 2011-01-24 00:10 | 漫画・アニメ

あなたの知らない裏話

DEATH NOTE (デスノート) 全12巻&別冊 完結セット (ジャンプ・コミックス)

小畑 健 / 集英社



今更なんですが、『デスノート』の原作者・大場つぐみは『とってもラッキーマン』の作者“ガモウひろし”である!!

以前、当ブログで『バクマン。』を紹介したが、
『バクマン。』作中に主人公の叔父さんが描いた漫画“オトコノロマン”なる作品が登場、話の内容は『とってもラッキーマン』人物そのまんまなのだ。
さらに「バクマン。」単行本には漫画の絵コンテ(下絵)が紹介されている。
その絵は見るからに”ガモウひろし”の絵だった。 

これまで少年ジャンプでギャグマンガを描いていた“ガモウひろし”最初は自分一人で「デスノート」を描く予定だったかもしれない。
多分、当時の少年ジャンプ編集者が「あんたが描くにはもったいない面白い漫画じゃん!」というわけで
綺麗な絵を描く漫画家に”小畑 健”が選ばれて作画をさせることになったのだろう。

ちなみに小畑健はこれまで少年ジャンプで『ヒカルの碁』『サイボーグじいちゃん』を描いてきた人だ。

金曜ロードショーで放送中の「デスノート」こそが多分、“ガモウひろし”が考えたオリジナルに近いかも?

だって、少年ジャンプで連載されていた「デスノート」は“キラ”が“L”に勝利した数年後のアメリカを舞台にした展開があるのだ。人気が強い作品のため続けて欲しいという要望があったに違いない。

ネタバレで申し訳ないが映画版「デスノート」は”L”が”キラ”に逆転勝利するのである。
[PR]
by notyou0508 | 2011-01-21 21:38 | 漫画・アニメ

2011年注目すべきマンガ

へうげもの(11) (モーニングKC)

山田 芳裕 / 講談社



2011年注目すべきマンガ『へうげもの』

実際読んでみてこれは面白い、と思っていたものまさかアニメ化になるとは!
「ジャイアントキリング」に告ぐモーニングマンガ第2弾だ。

調べてみると『へうげもの』とかいて「ひょうげもの」と読むそうだ。

時は戦国、安土・桃山時代。本作品の主人公「古田織部」、あだ名は「古織」

敵の大将を追い詰めて置きながら持ち荷の中から“茶碗”をもらう事で命を見逃すことにした。
これは今でいえば大失態ではある。

ついには織田信長が攻め入った敵城の主に宝物の鍋を要求した際、敵は鍋共々粉々に自爆死!

古織は「せめてコレだけは!」と鍋の一部を素手で受け止めては火傷をする。

古織は筋金入りの“数奇者”であった。

数奇者(すうきしゃ?すうきもの?)は芸道に熱心な人物の俗称。

当時の娯楽は茶道具や物珍しい輸入品を集めてはそれを茶会などで披露することが主であった。

そうそれはガンダムプラモや美少女フィギュアの限定品を集める行為に等しい、現代でいう「オタク」と思う。

戦国武将・織田信長をはじめ豊臣秀吉、徳川家康、伊達正宗といった歴史に名だたる名将。

さらに茶道家・千利休も登場。

「華の慶次」ではあまり活躍しなかった千利休の登場が物語の大半を占めている

実在したとされる戦国武将「古田織部」を漫画家・山田芳裕が面白おかしく描く時代劇

「へうげもの」は冒険というよりも大昔のファッションデザイナー・建築家・アーティスト・演出家らが活躍する物語である 。おかげで千利休や茶道のことが少しわかっていく漫画。

とにかくここでしか見られない「本能寺の変」に注目!

へうげもの 古田織部伝―数寄の天下を獲った武将

桑田 忠親 / ダイヤモンド社


[PR]
by notyou0508 | 2011-01-14 22:56 | 漫画・アニメ

黄昏流星群 39 (ビッグコミックス)

弘兼 憲史 / 小学館



書店から消えて無くなるマンガ?『黄昏流星群』 引兼 憲史

引兼 憲史とは『島 耕作シリーズ』の作者でもあるのだ。

講談社「週刊モーニング」で『島 耕作』と同時に小学館「月刊ビックコミックオリジナル」連載中である

第1話は中年サラリーマンの出世と不倫の物語、家にいては妻と娘には邪魔者扱いの男。

会社で意見の合わない上司に反論したため、出世が危うくなった。「もういや」と思ったところ

一人の40代女性と知り合い恋仲に落ちる、しかしこれは実際「不倫」と呼ばれる行為であった。

そんな男が彼女とデートするなか娘が自分よりも年上の老人とデートするところを目撃!

相手は女子大生でもある娘が通う大学の教授であった。

当然、ここから官能小説やアダルトビデオ(以下AV)で見られるような展開が見られるのであった。

”条例改正案”の規定にひっかかる表現だが納得はいく表現である。

ほとんどの主人公が中年・老人という漫画、小説をよく読む方にいえば「ズッコケ中年組」か

他にも映画「プリティウーマン」をモデルしたと思われる話

中年男性4人が不思議な空間に迷い込みそれぞれの過去と秘密が明かされたことで喧嘩別れ。

小説家の父親から遺産をくじ引きで受け継いだ四人兄弟、三男が遺言により父の別れた愛人を訪問。

平安の世から1000年生き続ける妖怪(オバサン)とホラー小説家(ジイサン)の話

いまだに独身の大学教授がメイドカフェに通うところから美人局(つつもたせ)にあい騙されるものの、相手のメイド娘が本気に恋してしまう話

若干、若者のライトノベルと同じ表現が見られるのだ。しかし“萌え”がないかもしれない

引兼憲史が女体を描くとあまりにも真面目、現実的、俗物的な熟女の裸が登場だ。

余談だが『島 耕作』と同じネタが『黄昏流星群』にも見られる。

消えて無くなる度数 ★★★☆☆
[PR]
by notyou0508 | 2011-01-14 22:29 | 漫画・アニメ

金子ナンペイの フキダシたいの。

金子 ナンペイ / 白夜書房

地元の本屋に置いてなーい???!



先日、デハラノリユキ氏のまたパーティー、先日とはひとあじ違う相棒の“金子ナンペイ”をまじえての
ライブであった。

デハラ&金子コンビが最初におこなったのは、なんと女装だったのです。しかも絶妙に似合っていたのです。生足が魅力的でした。

単純にうたって踊って、商品・グッズのPR、2010年におこなった石垣島の撮影DVD公開。

さらにまた二人が一度席をはずしてまたコスプレで登場、地蔵の格好というよりも・・・

ブリーフパンツ1枚の姿、体に絵の具を塗りたくっていたのです。

よだれ掛けをつけて何とか地蔵らしい格好で、用意された板にペインティングを開始。

おにぎり、お餅の絵を描いて。「味見をするぞ」といっては絵の具をなめてしまった?

会場は満席だから見ていた位置からホントに絵の具をなめたのかわからなかった。

どこまで本気かどこまでふざけているのかわからない。

まさに体当たりの漫才!?というべきでしょうか?

パンツ1枚の姿を披露するので二人とも何かたくましいボディだった

とりあえず、ペイティング無事終了して「炭丸」なるホルモン居酒屋で二次会

デハラ・金子の二人とも絵の具をなかなか落とせずにそのまま地蔵のコスプレ、いや

顔面ペイントで参加であった。

東京からきた金子氏も高知が寒いことにビックリしていた。二人とも風邪を引いていないだろうか?

c0192523_2341066.jpg

※イラストはあくまでもイメージです。そのうち消します。
[PR]
by notyou0508 | 2011-01-10 14:29 | 日記・雑談(その他)

キック・アス (ShoPro Books)

マーク・ミラー / 小学館集英社プロダクション



書店から消えて無くなるマンガ?「キック・アス」

今回紹介するのは日本語版アメコミ「キック・アス」

内容は退屈な日々をおくるのがイヤになって少年がコスチュームを身に包み

バットマンの真似ごとを始めキックアスと名乗る。

そんな自分の前に仲間ができる。赤いマントマンにヘルメット親父&ムラサキ娘・親子

そんな4人が正真正銘のギャングに挑む!

人気のあまり映画化もされた「キック・アス」

ジョンロミータJrの画は日本のマンガやフランスのBDに通用する画風で絵だけでも楽しませてくれる作品だが

後半があまりにもスプラッター(流血的)&バイオレンス(暴力)な表現

これまでのヒーローコミックを裏切る展開、ウオッチメンも真っ青?

とにかく日本のマンガに匹敵するアクションコミックだった。

元々映画上映にあわせて日本語訳出版された本だ。

しばらくしたら出版をとめて本屋に置かれなくなってしまう。

まさに別の意味で“書店から消えて無くなるマンガ”である。

まだ持っていない人、今のうちに手に入れては?

消えて無くなる度数 ★★★★☆

[PR]
by notyou0508 | 2011-01-08 14:29 | アメコミ

あなたの知らない迷作?

侵略!イカ娘 1 (少年チャンピオン・コミックス)

安部 真弘 / 秋田書店



世界の孫(1) (アフタヌーンKC)

SABE / 講談社



週刊誌・少年チャンピオンで連載中「侵略!イカ娘」もビックリ!
どうみても地球人と大差変わりない姿だが実は宇宙人のイカ娘。

そんな地球にイカをこよなく愛する女がいたことを知っているか?

あなたの知らない迷作?「世界の孫」

講談社・月刊アフターヌーンで連載されていた漫画

作中に登場する“孫さん”町をあるけばおじいちゃんというおじいちゃんから頭をなでられる、お小遣いもらわれるというすごい人気ぶり!?孫さんもおじいちゃんが大好きだった

そんな孫さんが通う学園の女教師、これがものすごいイカに執着したオンナ、通称“イカ子”であった。

孫さんとは逆におじいちゃんが大嫌い!

イカ子は幼い頃、実のおじいさんと墓参りでとんでもない行動とって体罰に打たれた過去があった。

とんでもない行動とはお参りの花をさすところにどこから持ってきたのかイカをさした事だった・・・

それ以来、彼女はおじいちゃんを嫌いイカに執着することになった。

実際、普段の暮らしでもイカをかたどったドレス。孫さんとの格闘のときに使用する武器もイカ!

さらに主食もイカ料理だった??

著者・SABE、普段は成年雑誌の方面で活躍している人
[PR]
by notyou0508 | 2011-01-08 14:04 | 漫画・アニメ

あなたの知らない名作

サムライチャンプルー 巻之壱 [DVD]

ビクターエンタテインメント



あなたの知らない名作「サムライチャンプルー」

集英社・少年ジャンプに連載中の「銀魂」、江戸時代を思わせる世界に宇宙人がやって来たおかげで

価値観がかわってしまった。そこはクルマやバイクが走り回りコンビニエンスストアやインターネットが普及した現代文化が入り混じった異世界、歌舞伎町に住む銀時ら3人組が活躍する漫画である。

大人気のギャグ漫画だからそのうちゲームソフトやフィギュアはもちろんパチンコ・スロットが出てくると思うだろう。

そんな「銀魂」よりも先に登場した時代背景がメチァクチャな漫画・アニメがあった。

それが「サムライチャンプルー」!

チャンプルーの名前通り、ところどころに現代文化がミックスされた独特の世界。

おもしろいことに「銀魂」と同じように主役がムゲン・ジン・フウら三人組である

さらにキャラクターにはメガネと紅1点がいる!

しかも紅1点のフウがとてつもない食いしん坊!「銀魂」の神楽と重なってしまう!

「銀魂」ほど車やテレビがでてきたりするわけではないが、

物語の展開に雰囲気を盛り上げるヒップポップを歌う金髪に染めたミュージシャンが出てきたり

酒を飲みかう場面のお店がなぜかキャバクラかバーを思わせる現代的な洒落たお店だったりするのだ!

「銀魂」が江戸幕末・明治時代がモデルにしたどたばたとした日常の物語である。

対するチャンプルーは江戸中期をモデルにした世界にフウのふるさとを目指し西海道(九州)へむかう道中記(旅記録)であった。

していえば「ハードボイルドな銀魂」ともいうべきか?

今回、当ブログに載せたのはパチンコ・スロットになった記念というべきか?
[PR]
by notyou0508 | 2011-01-07 13:53 | 漫画・アニメ

c0192523_225081.jpg

前回の田中圭一に続いて紹介するのはマンガ雑誌!

集英社 ビジネスジャンプ!

「霊能者 小田霧響子の嘘」「怨み屋本舗」「傷だらけの仁清」どこかで聞いたことあるタイトル、

エッチなシーン満載の漫画「甘い生活」「マンキツ」「幼な妻マープルの事件簿」

さらには漫画家連載陣の中に「サラリーマン金太郎」の“本宮ひろし“

「野球狂の詩」「ドカベン」などで知られる大御所”水島新司”

「ぼく、オタリーマン」の“よしたに”といった人たちも参加中!

雑誌価格・290円という安さ!生活苦の中年からお小遣いの少ない学生までもが楽しめるマンガ雑誌であった。

問題はさきほど紹介したとおり雑誌の大半を占めているのは「エッチな漫画」であった。

例えば“弓月光”の「甘い生活」ビジネスジャンプの長期連載作品、いわゆる「こち亀」?

主人公の男性が下着会社のデザイナー、ゴッドハンドという技を駆使して

下着を開発しては女性たちを勇気や自信などを与える物語。

ゴッドハンドというのが女性の体に触ったりすることだから

気持ちのよさに女性たちが思わず声をあげてしまう。

さらに女性の下着姿がいやでも登場してしまうのだ!これはすごい。

「マンキツ」「幼な妻マープルの事件簿」はそれぞれ“春輝”“遊人”といったエッチな漫画のベテラン!

さらに月一回ごと連載の『My doll house』、作者・唯 登詩樹(ゆい としき)もまたエッチな漫画のベテラン

今流行りの「男の娘」を主人公にした漫画、

髪を伸ばして胸を豊胸手術して女装してファッションモデルをしている大学生、

豊胸?ということはコレは「ニューハーフ」?

とにかく紹介した漫画だけでも”東京都青少年条例改正案”の規定にひっかかる表現がある。

今のところドラえもんでいえば「しずかちゃんの入浴」、“いやーん!まいちんぐ”で知られる「パンチラ」

といった表現はまだ許すといわれている。いやでもコレは矛盾しているぞ、都知事!

太郎ちゃんが怒るぞ「こんな条例やめてしまえ!」とか

消えて無くなる度数 ★★★★☆



追記・2011年10月、まさか出版元、集英社の都合でスーパージャンプ誌との合併で本誌は完結。本当になくなるとは思わなかった。
[PR]
by notyou0508 | 2011-01-05 22:38 | 日記・雑談(その他)

ブログの更新は気まぐれです。とりあえず漫画などの紹介をします。