c0192523_23263455.jpg


最近、ネットショップアマゾンでアメコミを買う事が多い。ココで紹介するのは
『アイアンマン ジ・エンド』TPB
*(TPBとはアメコミに使われる用語で直訳すると、アメコミ版単行本)

もうすぐロバート・ダウニーJr主演の映画「アイアンマン2」の影響か思わず買ってしまった!
それと『バットマン ザ・ラストエピソード』の影響もあるかな?

この作品も『バットマン ザ・ラストエピソード』みたいに「アイアンマン最後の戦い」を描いている。

ネタバレで悪いかもしれないがラストは『年老いたトニースタークが次の世代にアイアンマンの座を託し引退』
普通にそんなものかな?
脚本原作者ディビット・マイケルンをネットで調べると意外なことにアイアンマンを長い間描き続けた事があきらかに!コレは深い!(エックスメンでいう長い間脚本を書いたクリス・クレイモントのようなもの)

ちなみに残り半分はアイアンマンの誕生からウォーマシーンとなるジム・ローデスの出会いエピソードなどが収録

もうすぐ映画版にあわせて『アイアムアイアンマン』日本語版が出るようだが多分、イマイチだと思う。
それならこういうアメコミをアマゾンで買いなさい!お勧めしますよ!


アイ・アム・アイアンマン

ピーター・デヴィット、ほか(作) / 小学館集英社プロダクション



Ironman Versus Whiplash

Marc Guggenheim / Panini Books

映画原作??



アイアンマン(1枚組) [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント


[PR]
by notyou0508 | 2010-05-28 23:37 | アメコミ | Comments(0)

c0192523_12463640.jpg

日本在住のアメリカ人が描く仁義なき戦い??

作者フェリーペ・スミス、あてもなく物見遊山にアメリカから日本・東京へやってきて見事に漫画家になった男!?なんでも所持金2,3万円で住むとこに困っては道具や机をお下がりでもらいながら漫画を描いていった伝説の男!?今や日本語堪能、ペラペラとか??

アニメとMANGAが大好きなミルトンは、シカゴではオタクとバカにされている。

コミックショップのおにいさんことジョディの気まぐれで憧れの国・ニッポンへやって来た。

ジョディが働く店のオーナー・ギル。実は殺し屋で日本へ来たのはヤクザ暗殺のため!コミック店長は隠れ蓑であった。

そんな彼らの前に巨乳グラビアアイドル・レイコ、ピポチューに感動するホームレス、そして米国かぶれの森本らの登場

日本のアニメ『ピポチュー』ばかり見ていて日本の文化を誤解しているミルトン
レイコらの出会いによって本当の日本を知ることに
さらにピポチューがマイナーな不条理アニメだったことに愕然とする

作中に登場するホームレス男の正体、一時失望しながらも なんとか立ち直るミルトン、
グラドルになった初心を思い出したレイコ。そして、スーツを着るより女装したかったギル??
それぞれがありのままの自分になっていく?? きっかけはピポチューだった。

ラストはミルトン・ジョディ・ギルらのいるアメリカ・シカゴへ向かうレイコさん
そしてボロボロの森本、何か納得

作中に出てくるセリフ
「日本の漫画はこの世のあらゆることをテーマにする」
このセリフがとても名言に聞こえる。まさに深い。

PEEPO CHOO ピポチュー(3) (モーニングKC)

フェリーペ・スミス / 講談社

PEEPO CHOO ピポチュー(2) (モーニングKC)

フェリーペ・スミス / 講談社


PEEPO CHOO ピポチュー 1 (モーニングKC)

フェリーペ・スミス / 講談社


[PR]
by notyou0508 | 2010-05-24 13:14 | 漫画・アニメ | Comments(2)

最近買ったアメコミで『バットマン』を紹介

ネットショップ『アマゾン』で「バットマン:ブレイブ&ボールド」を買ってみた。
輸入品だから円高の影響で1000円ぐらいなったところを注文

「~ブレイブ&ボールド」はアニメ版バットマン
異世界のバットマン(悪人バットマン)と戦うストーリーがあると聞いたので
「これはそのマンガ版かな?」と思っていたら

c0192523_14224684.jpg


読んでみたら中身がまちがいだった!

実際買ったのはバットマンが他のキャラクターと競演する物語だった!安買い損してしまった。


c0192523_14232093.jpg


一方は某ネットオークションで見つけて購入したものだ。
「バットマン・エゴ」(BATMAN・EGO)
これは大当たり!中身は絵だけでも楽しめる代物だった!

そういえば5月末にまたバットマンのアメコミが翻訳出版されるそうだ。
『バットマン:ラストエピソード』、なんでもバットマンの最後を描くパラレルストーリーだそうだ。
一緒に『スーパーマン:ラストエピソード』もでるそうだ。買ってみようかな??

(下記に出している物が原書)

Batman: Whatever Happened to the Caped Crusader?

Neil Gaiman / DC Comics


[PR]
by notyou0508 | 2010-05-19 23:17 | アメコミ | Comments(0)

c0192523_23212329.jpg


成年マンガの名匠?・上連雀三平またの名をトラウマを描いた漫画家・小野敏弘!!

かってコロコロコミックで「バーコードファイター」なる漫画を描いてメジャーデビュー!
主人公・レツと幼馴染のサクラが活躍する物語、今でいえば自分のアバター(分身)と共に戦う
バーチャルバトル・SFストーリーか?

物語が後半になってサクラの秘密があきらかに!なんとサクラは女装した男であった!??
まさに「男の娘」の元祖であった!
この展開が自分をはじめとする当時の読者にトラウマを植え付けた!??
子供のころにかなり騒がせた漫画家が数年後、別名義『上連雀三平』で成年向けマンガを出筆!

他のサイト、ブログでも色々騒ぎ立てている。

とりあえず作品の1つ『私を有明に連れてって』を表示、年齢の離れた2人のカップル
一方は普通の女の子、一方の大人は両性具有の女性!?

有名な同人誌(オリジナル漫画)作家の先生と想われていた大人の女性だったが実はガゼネタ。
しかし女の子の協力もあって無事に商業誌からのスカウトを受けなんとかメジャーデビュー
普通に青年男と少女の歳の差カップル恋物語でもよかったのに、ココで両性具有の女性にしてしまうのがスゴイ!?

現在、雑誌名は忘れたが新たに「男の娘」がでてくる漫画を描いている。上連雀三平名義で。
「上連雀三平=小野敏洋」が同一人物である証拠があきらかに、「バーコードファイター」のサクラが
登場するのであった。作品の内容は不良少年が男の娘・サクラに恋してしまうのであった。

やはり僕らが大人になっても小野敏洋は騒がせてくれている。
これまで上連雀三平名義で描き続けた成年漫画はセックスもあるがラブロマンスとしての要素も強い!
小野敏洋がその気になったら『インターセックス』なるミステリー小説をマンガ化してくれるかもしれない?

2016年12月6日深夜追記)
小学館よりコロコロコミックの兄弟誌「コロコロアニキ」なる雑誌が発刊されている。昔コロコロコミックを読んだ20代後半~30代前半の年齢層をターゲットにした雑誌だ。

最近でた新号では「バーコードファイター」の特別読み切りが載っている。

小野敏洋こと上連雀三平、久しぶりの新作だ。ここしばらく見ていなかった。
上述したように『インターセックス』なるミステリー小説をマンガ化してくれる気はないみたいだ。しかたがないか。

「バーコードファイター」続編の次は「ポケモン」かな?
タイトルはたしか「電撃ピカチュウ」。
初代ヒロイン・カスミのきわどい水着が印象的だった。
それからロケット団コンビ、ムサシとコジローが結婚エンディングしていた。

「電撃ピカチュウ」続編はどうなることやら?ムサシとコジローの子供がでるのかな?

インターセックス

帚木 蓬生 / 集英社



男でも女でもない性・完全版―インターセックス(半陰陽)を生きる

橋本 秀雄 / 青弓社



バーコードファイター (上) (fukkan.com)

小野 敏洋 / ブッキング



バーコードファイター (下) (fukkan.com)

小野 敏洋 / ブッキング


[PR]
by notyou0508 | 2010-05-06 23:41 | 漫画・アニメ | Comments(0)

ナショナル・トレジャー2 リンカーン暗殺者の日記 [DVD]

ウォルトディズニースタジオホームエンターテイメント



ダ・ヴィンチ・コード [DVD]

ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

span>

トム・ハンクス主演の「ダヴィンチ・コード」もいいけどニコラス・ケイジ主演「ナショナル・トレジャー」シリーズも悪くないかも。そういえばちかいうちニコラス・ケイジの「ゴーストライダー」が地上波(一般のテレビ番組)で放映されるとかいってたな。
[PR]
by notyou0508 | 2010-05-01 21:54 | 映画(全般) | Comments(0)