カテゴリ:アメコミ( 68 )

Wolverine: Old Man Logan

Mark Millar / Marvel Enterprises



ウルヴァリンの華麗なる老後?
本名ジェームズ・ホウレットことウルヴァリン推定年齢100歳以上??

この物語ではアメリカ合衆国は崩壊消滅した未来、いくつかの国に独立分離!
ウルヴァリンは旧ロサンゼルス地方で緑色の怪人達から家族を守っていた??

もうすぐウルヴァリンが主人公の『Xメン:ゼロ』DVD発売に向けてこちらを紹介!!
ハルク、エマ・フロスト、レッドスカル、スパイダーガール、ヴェノム、ホークアイといったキャラも登場
ウルヴァリン最後冒険の対戦相手とは????

原作脚本はマーク・ミラー!当ブログで数多く紹介した脚本作家
さらに作画者の絵も結構きれい!!お宝ものまちがいなし???

Wolverine: Origin

Paul Jenkins / Marvel Enterprises



映画に合わせて、なんと最初の物語が翻訳出版されていた。
イメージなどの都合で原書本の方を表示、原作脚本ポール・ジェイキンス、ウルヴァリンの生い立ちが明らかに!
ここで『もう1つのウルヴァリンの最後』紹介!「ウルヴァリン:ジエンド」意外なことに原作脚本は“オリジン”と同じポール・ジェイキンス!彼はウルヴァリンの最初と最後を書いた脚本家となった???

「ジ・エンド」では未来、年老いたローガンの前に1人の男が現れる!その正体は??

「オールドマン・ローガン」「うるヴァリン・ジ・エンド」共に内容は「ラストエピソード」である。

Wolverine: The End

Paul Jenkins / Marvel Enterprises


[PR]
by notyou0508 | 2010-01-31 20:21 | アメコミ

c0192523_20532771.jpg

*こちらの都合で画像縮小するか消してしまうかもしれません。

イラスト投稿専門サイト・ピクシブでも出してます。
問題は会員制なので色々問題ありますが。アメコミ・サウスパークなどで検索を

http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=7867114

Kick-Ass

Mark Millar / Marvel Enterprises



KICK‐ASS(キック・アス)今年は映画上映されるか??
原作は「WANTED」「MARVEL1985」でおなじみマーク・ミラー
色々ネットで内容チエックしたが、平凡な少年がコミックスのヒーローにあこがれてコスチュームを着て
パトロールに!?やっぱり喧嘩は弱くてボコボコにされたり
他にもニコラスケイジが映画に出演、自分もバットマンのようなコスチュームを着て、娘と一緒にヒーローに!?主人公の少年も彼らと一緒にトレーニングを、ところどころで流血シーンが登場??
これでは中年バットマンとヴァイオレンス少年ロビンだよ??

Kick-Ass: Creating the Comic, Making the Movie

Mark Millar / Titan Books


[PR]
by notyou0508 | 2010-01-03 21:03 | アメコミ

c0192523_13274433.jpg


実は「リーグ・オブ・エクストラオーディナリー・ジェントルメン」の続編!!いや正確には続々続々編???第4弾

Y!ネットオークションサイトで定価の半額入手した。中身はなんと仕掛けだらけ!??

ショーン・コネリー主演でおなじみ映画「リーグオブレジェント」原作
ジャイブコミックスから日本語訳2冊がでていたが二作目はとんでもない展開が!
作者のアランムーア(ALANMOORE)は「フロムヘル」でも有名な人!?

アラン老人とミナ・パーカーのラブシーンに、透明人間と狂人ハイドのラブシーン???
オマケの双六にポストカード用のイラストなど色々あった!?

当然、こちらにもいくつかの仕掛けが!?
とにかく内容はアランとなのる青年と吸血鬼ミナ・パーカーと想われる女性の冒険、舞台はなんと架空の1945年??
ブロンドだが首の傷からミナ・パーカーと想われる女性がボロボロの廃棄された事務所を訪れる、かってココに「紳士淑女怪人同盟」なる組織があった!?
物語の作中でオマケのHなマンガやほとんど文章だけのページがなんじゃこりゃ??
因縁の輩に追跡され攻撃をかわす中、背景に名作文学のパロディと想われるシーンにSFのロケット・ロボットなどが登場
中盤でピノキオを思わせる木人形に「だっこちゃん」のような怪人によって楽園に案内される??

とどめは付録の3Dメガネをかけてみるべし!ラストシーンには必ず必見!

リーグ・オブ・エクストラオーディナリー・ジェントルメン (Vol.1) (JIVE AMERICAN COMICSシリーズ)

Alan Moore / ジャイブ



フロム・ヘル 上

アラン・ムーア / みすず書房


[PR]
by notyou0508 | 2009-12-31 13:39 | アメコミ

c0192523_1195086.jpg


スパイダーマンの敵であった猿男ギボンは改心して、さる研究所で働いていた。
時空間の研究施設だけあったせいかトラブルが発生、ギボンは異世界へワープすることに

そこは猿人が暮らす世界、ギボンにとっては楽園に思えた。
そこには猿のスパイダーマンをはじめその他ヒーロー猿人も登場!その世界にしかいないエイプXなど
ヒーローチーム・アヴェンジャーズのリーダーにして
“猿・アメリカ英雄”のエイプ・キャプテンアメリカ(以下エイプ・キャップ)に歓迎を受けた
一緒に行動するものの彼らのやり口に疑問を感じる

そんな中エイプ・キャップの秘密に気づく、実は第2次世界大戦中にナチ軍団との戦闘で
エイプ・キャップに成り替わった偽者だった!!正体は吸血鬼

これはシリアスギャグ満点のストーリー
(日本のマンガでいえば「静かなるドン」??)
かわいらしく笑えるキャラクター達の真面目な戦いであった。

ラストはエイプXの犠牲により“エイプ・キャップ”も本物に戻りエイプ世界は平和を取り戻した。
ギボンも元の世界に戻ったが間違いでエイプ・スピードボールも一緒に来てしまった
さらに亡くなったエイプXのマスクをストリートの少年が拾うところが印象的

なんと好評か第2弾、第3弾がでているとか
[PR]
by notyou0508 | 2009-12-05 01:36 | アメコミ

某ネットショップ、某ネットオークション落札入手品、または洋書を扱う書店で立ち読み(笑)
読破してきたアメコミ単行本を紹介、専門用語ではTP(トレードペーパーバック)とか
日本の小説本に見られるハードカバー(豪華版)などがある。
とりあえずこちらの画面を

JLA/Avengers (Jla (Justice League of America) (Graphic Novels))

Kurt Busiek / Dc Comics

ジャイブより和訳された「DCバーサスMARVEL」につづくヒーロー同士の共闘劇!
ストーリーは「アストロシティ」でおなじみのカート・ビジュク氏!

スコア:



Hulk 1 (Hulk (Marvel))

Jeph Loeb / Marvel Enterprises

ハルク2代目誕生!?

スコア:



Marvel 1985

Mark Millar / Panini Books

「ソフィアの世界」もビックリ仰天!?

スコア:



Wanted

Mark Millar / Top Cow Productions

主人公はエミネムそっくり!?


バットマン : ロング・ハロウィーン ♯2

ヴィレッジブックス

全巻揃えました。これは決して手放してはいけないアイテム!?


Marvel Zombies: Dead Days (Marvel Zombies)

Robert Kirkman / Marvel Enterprises

いわゆるマーベルゾンビ関連短編集


Marvel 1602: Quill Award Edition

Andy Kubert / Marvel Enterprises

最近でた日本語版「ウルヴァリン」の画を描いたアンディ・キューバートと海外小説「アメリカンゴッズ」のニール・ゲイマンの作品、後色塗り係の人にも評価を!

スコア:


[PR]
by notyou0508 | 2009-10-26 12:03 | アメコミ

c0192523_15513472.jpg



拝啓、冬言響さま当サイトごらん頂きありがとうございます。
さてもう1品紹介するアマルガムキャラクターがございます。
日本、アメコミファンなら知っている「スポーン」「ワイルドキャッツ」「ジェン13」
「ウィッチブレード」「アストロシティ」の出版元・イメージコミックスが過去に行ったアマルガム大会
読者によって選抜された合体キャラクターでも、日本ではなじみのないキャラが多いので
こちらのタートルズ×キッスの合体キャラを表示します。
イメージコミックスより出版されてたそうです。

アストロシティ:ライフ・イン・ザ・ビッグシティ (JIVE AMERICAN COMICS シリーズ)

カート・ビュシーク / ジャイブ

スーパーマンを想わせるサマタリオンをはじめとするヒーロー達の日常、まわりの市民達のドラマ

スコア:



ウィッチブレイド公式ビジュアルファンブック (JIVE FAN BOOK SERIES)

ゴンゾ / ジャイブ


[PR]
by notyou0508 | 2009-07-08 15:59 | アメコミ

Top Ten - Book 02 (Top Ten)

Alan Moore / WildStorm

現在持っているのはこちらです。
細かく描き込まれた背景にはスパイダーマンなどがいる?

スコア:



バットマン : ロング・ハロウィーン ♯2

ヴィレッジブックス



海外テレビドラマ「HEROES」制作に関わっている“脚本家ジェイ・ローブ&絵画家ティム・セール”コンビ。
そのコンビが出した「バットマン・ロングハロウィーン日本語版」をやっと全2巻揃えた。
物語の内容はトゥーフェイス誕生などから映画「ダークナイト」の原作だとおもわれる
そしてティムセールがかなりディフォルメを利かせるアーティストだとよくわかる。

さらにおどろいたのが次にまたアメコミ日本語版が出されるという「トップ10」だ!
ネットの方でも紹介されていて、なんとか手に入れたアメコミなんていったって原作は
「ウオッチメン」でおなじみアラン・ムーア(ALAN・MOORE)だ!

10年前に発表したアメコミ、自分もつい最近原書を購入した、まさかコレがついに日本語版になるとは!
ネットで調べたら、内容は超人だらけの街で刑事10人達の“刑事ドラマ”
解りやすくいえば「はぐれ刑事純情派」「太陽にほえろ」の様なもの、古いかな?
新人警察官トイボックスが青い大男スマックスとコンビを組むところから始まる

原書アメコミを買ったのはいいが、セリフを読むのが大変!辞書を片手に読まないといけない。
が、字が読めなくても何か楽しめる!背景や小道具、登場人物など面白い仕掛けがあった。
「中にはこれはー!?」と想わせるアメコミファンにはたまらないパロデイネタ盛りだくさん。
背景のいたる所にはスパイダーマンやスーパーマンらしき人物などがビッシリ

日本の漫画でいえば「ケロロ軍曹」で小道具や舞台セットなどにガンダムのビームライフルにコピーロボットなど他のアニメパロディが使われるように「トップ10」は他のアメコミ作品キャラクターのパロディなどが使われていることがわかる。中にはアストロボーイ(鉄腕アトム)らしきキャラがほんの1コマでている!?

ケロロ軍曹 (18) (角川コミックス・エース 21-30)

吉崎 観音 / 角川グループパブリッシング


[PR]
by notyou0508 | 2009-05-26 14:31 | アメコミ

c0192523_22345954.jpg


『PUNISHER KILL THE MARVEL UNIVERSE』内容は「パニッシャー対マーベルヒーローズ?」
前回紹介したアメコミ「WHATIF?SECRETWARS」もしものマーヴェル世界を舞台にした作品

映画「パニッシャーウォーゾーン」でおなじみパニッシャーこと元警官フランクがマフィアのボスに恨みを買い家族を皆殺しにされ自ら銃を持ちマフィアに復讐するのであった、ここで紹介する作品は映画・原作と違いなんとヒーローに家族を殺されるのであった?侵略宇宙人達が街の人々を襲う中、Xメン・スパイダーマンらヒーロー連合軍団がそれを食い止める。だがそこへ野次馬にやってきた少年ら2人が命を落としてしまう、それはフランクの子供達であった。警官のフランクが駆けつけた時、子供たちが死んだと聞いて半狂乱になったフランクは銃を乱射しXメンの少女キティを撃ち殺してしまう、それが原因でフランクは警察をクビに、それはまだいいとしてソコからフランクはヒーローを憎むようになりやがてある犯罪組織に誘われ様々な武器を提供されヒーロー達の皆殺しを開始するのであった!?中でもウルヴァリンが殺害されるシーンはショキング
それを知った親友の弁護士マットマードックが彼を止めようとする、もう1つの顔ヒーロー・デアデビルとなって・・・
2人が戦い、もうコレしかないラストには自分としては納得
[PR]
by notyou0508 | 2009-05-08 22:50 | アメコミ

c0192523_17382680.jpg

「ROBERTS」(ロバーツ)直訳すると「2人のロバート」
正式名称「2人のロバート 老人ホームの殺人鬼共」
あるアメコミサイトの紹介でショップサイトAより購入

登場する孤独な老人ロバートはあの映画にもなった『怪人ゾディアック』その人!?

もう一方のロバート老人は『ボストンキラー』(ボストン街の殺人鬼?)!
なんと孫娘がいる身!?

2人はお互い過去は内緒に他の老人たちと平和に暮らす日々を送っておいた。
ときどき自分たちが起こした殺人の悪夢に悩まされる2人

ロバートと言う名前の縁から親しくなった2人は
公園を一緒に散歩中お互い自身の過去を打ち明けるのであった?

ある日のこと、一人の老婆が何者かに枕を押し付けられて窒息死
そして後日、老人夫婦に訪問者が。老夫婦は「やあ、ロバート?」と
部屋にいれた後、夫婦は殺害されてしまう。
ロバート同士は疑問し問い詰める、ついには警察が動き出した
殺したのはどっちのロバートだったのか?

ここで全部言ってしまっては面白くないココで伏せておくことにする

日本のマンガでいえばアングラ(アンダーグラウンド)系で白黒画
英文で読みづらいがとにかく味のあるアメコミだった。
巻末にはファンシーな絵で描かれたゾデイアック&ボストンキラーなどが登場
[PR]
by notyou0508 | 2009-04-28 17:40 | アメコミ

c0192523_058188.jpg

ネットショップの方で「WHATIF?SECRET WARS」を購入
日本アメコミファンでも人気のある敵役、ドクタードームが表紙

自分としては収録作の中で「もしものファンタステック4」はオススメ
以前、当ブログで紹介したスパイダーマン、ハルク、ウルヴァリン、ゴーストライダー
で構成された「新ファンタステック4」が“ある事件”まで続いていたら・・・?
“ある事件”とは「インフィニティガントレット」
10数年前にでた「マーベルクロス」誌で翻訳連載された物語
魔神サノスが崇拝する”死の女神”自身のために万能無限のアイテム
「インフィニティガントレット」を使って
宇宙の生命半分を削除するところから始まるのだ。
“生命削除”の影響で戦っていた悪漢と他のヒーロー達がその場から削除されてしまう。

この”もしもの物語”でゴーストライダーも削除の対象に含まれていた。
宿敵Drドームも登場、たった1コマなんか情けない一言を残して消える。
地球上で残った三人とアイアンマン達で「続ファンタステック4」を結成
そこへアダムウォーロックなる超人らが駆けつける。
「サノスを倒してくれ!」4人でサノスに挑むものの無限の力の前でどうにもならない。
2重人格のハルクは本来のバナー博士と肉体分離させられる
そこへウルヴァリンが降参するから手下にしてくれと言い寄る
こうなったらと宇宙魔神の遺体を利用したアイアンマンがパワーアップ!
攻撃をしたがヤハリダメかと思いきあ腰ギンチャクか金魚の糞のごとくそばにいたウルヴァリンが
今だ!とサノスの腕を切り落とす!そのため肌身ハダサズ身についてるガントレット(籠手)は
サノスの手からイヤ体から離れてしまった。アイテムを取り上げてスパイダーマンが
世界を元にもどすのあった。サノスは腕を治して農作を営み平和にくらすように
ガントレットは平和主義者の神様に封印してもらった。

ただ1つハルクを元の一人に戻すの忘れてしまった。笑えてしまうラストだった。
[PR]
by notyou0508 | 2009-04-23 22:10 | アメコミ