カテゴリ:アメコミ( 70 )

あなたの知らない名作

The Amazing Spider-Man 2: Revelations

J. Michael Straczynski / Marvel Enterprises



あなたの知らない名作「SPIDERMAN/911」

(The Amazing Spider-Man 2: Revelations収録)

衝撃的だったあの事件、アメリカを敵視する他国からのテロリスト行為により
ニューヨークのシンボルだったツインタワーと多くの命が消えた大事件

急遽作成されたスパイダーマンらマーベルヒーローが現場に駆けつける物語

空を飛ぶことができる者や怪力といった能力を持ったヒーローたちが実際の大惨事を前に何もできなかった。ひっそりと救助活動などを手伝うといったことだけだった。

この物語ラストに消防士、救命士や警察官らが登場、彼らこそが本当のヒーローである事を

意味づけている。

当ブログで紹介するスパイダーマンをはじめ911事件を基にしたコミックが数多く出版された。

さらにそれ以降コミックスにツインタワーとリボンのマークがつけられていた。

ちなみに日本時刻、夜の10時ごろに起こった事件、実際アメリカ本国では日付の都合で「9月11日午前9時」である。
[PR]
by notyou0508 | 2011-09-11 13:47 | アメコミ

あなたの知らない裏話

c0192523_14503.jpg


X-men: From the Ashes

Chris Claremont / Marvel Enterprises



「X-men: From the Ashes」TPB

オークションで落札した中古アメコミ単行本

発送料金が思ったよりも高くついたがそのときは出品者がオマケをつけてくれた。

ただ「悔しい」とおもうのは表紙絵はアーサーアダムスのカッコイイジャケット絵だが

中身の絵は連載当時の担当した人が描いていて少し雑。

内容はダークフェニックス事件より数年後が舞台

新メンバーになったキティブライド、同じく悪人から足を洗ったローグ

下水管の住人ら集団モーロック、後のXメンとなる若きカリバン

ウルヴァリンとシルバーサムライのバトル、もちろん日本の街で繰り広げられる!

そしていよいよウルヴァリンがマリコとの結婚、だが旧敵マスターマインドの妨害により破局

そしてダークフェニックスも帰って来た!?

さらにマデリーンの登場!なんと結末はサイクロップスとの結婚だった!

他にも「X-men: From the Ashes」読んでみて解った事実が!

話が変わってウルヴァリンがアニメ製作社マッドハウスによってアニメ化

略して「マッドハウス・ウルヴァリン」!?いやアニメ版といったほうが早い。

アニメ版の内容は大体、昔のエックスメンエピソードが基になっている。

ウルヴァリンが恋仲の日本人女性・マリコをおって日本へむかい彼女の父親・シンゲンと対面

なんとシンゲンは日本マフィア、ヤクザの大親分!

といったストーリー展開が全く同じ「WOLVRINE」なるアメコミがあるのだ。

(作画者:後のバットマンを描くことになるフランク・ミラー!)

内容はモロにアニメ版の原作と考えられる作品だった。

今回紹介した「X-men: From the Ashes」作中で日本を舞台にしたエピソードがあり、

ちょうど作中でアニメ版キャラクター・ユキオのモデルと思われる女性キャラクターが登場する!

やっぱりアニメ版ウルヴァリンが昔のアメコミエピソードを基にして造られた作品であることがよく解る。
[PR]
by notyou0508 | 2011-08-14 02:22 | アメコミ

あなたの知らない迷作?

c0192523_2232769.jpg


Xメン外伝「エックスベイビーズ」

ミュータントヒーローチーム「エックスベイビーズ」とは?

元々はある事件で子供の姿に戻ってしまったXメンら本人らであった。

現在登場活躍するメンバーらはXメンのコピー!(ロボット?クローン?)

異次元の怪人モジョーが自ら運営するテレビ番組にこっそり盗撮という形で放送されていたXメンが

全員死亡!?(後で死後の世界から無事に生還するというエピソードが)

そんなモジョーは番組を継続させるために急遽つくられたのが

「エックスベイビーズ」だった!

最近ではオンスロート事件直前にエックスベイビーズが登場するエピソードがある。

当然モジョーの異世界から逃亡してきたエックスメンのコピーらである。

詳細データ:小学館プロダクション(現・集英社小学館プロ)より翻訳出版された雑誌「マーベルクロス」より

そんな昔懐かしいアメコミをネットオークションで手に入れることができた!

元祖エックスベイビーズエピソードとは? 

 ふとしたことで子供に戻ってしまったXメン、1986年の展開では当時、Xメンを治めていたのがマグニート!

 数々の死闘の末、プロフェッサーXと仲直り、彼の留守を預かる形でチームをまとめていた。
 
 当時のチームはご存知ウルヴァリンとモヒカンストーム、巨人コロッサス、さらにはキティ・プライド
 
 もと悪人のローグ、テレパシーのサイロック(当時は忍者になるキッカケを生んだ改造手術を受けていない。)
 
 それからキャノンボールといった2軍、少年チームの面々
 
 ある日、Xメン基地でトレーニング中にテレポートしてきた男、彼の名はロングショット!

 なんと当初は異次元人モジョーによって送り込まれたスパイだった!

 彼を看病した翌日に異変を感じたXメン、なんと若々しくなったメンバー達

 十代後半の青年になったウルヴァリン昔からクセ毛だったことがよく解る。
 
 ロングショットがスパイとわかったときには手遅れ!

 Xメンはモジョーによって洗脳されてはいずこかへといなくなった。

 一方、エックスメンの2軍チームの面々
 
 「僕らがXメンになって出動だ!」丁寧にコスチュームまで新調して出発
 
 ある劇場にいることを突き止めた。彼らはついには子供に戻って悪い子になってしまったXメンらと

 異次元人モジョーが待ち構えてた!自らのテレビ番組を盛り上げるイベントとして

 「Xメン対エックスベイビーズ」の始めるのだった。

 ちなみにエックスベイビーズらもコスプレをして登場
 
 ウルヴァリンの変なゴムマスク姿とナチス嫌いのマグニートがナチス軍服姿に笑えた。コスプレ?

 とにかく洗脳も戦闘途中で解けてなんとかXメン全員でモジョーを攻撃してめでたしめでたし。

 読んでみては確かに面白いエピソードだった!
 
 しかも絵を担当したアーサーアダムスの絵があまりにもきれいだった!
 
[PR]
by notyou0508 | 2011-08-12 03:23 | アメコミ

最近、買ったアメコミ

Incredible Hulk - Volume 1: Son of Banner

Greg Pak / Marvel


ここ最近、買って読んだアメコミ単行本を紹介・『HULK』(ハルク)

ブログで表示している作品を直訳すると

「ハルク:ブルースバナーの息子」

そもそも「ハルク」は直訳すると「大男」

ブルース・バナー博士が核実験の放射エネルギーを浴びてしまい怪力大男ハルクの変身が可能に
今のイメージでは小説「ジキル博士とハイド氏」「昭和初期の仮面ライダー」を連想させるものだが

元々原子爆弾の放射能により誕生したゴジラのように
核廃絶などを訴えるために誕生した悲劇のヒーローであった。

しかし長年続く漫画だけあったハルクもまたゴジラのごとく
娯楽映画さながらの道をたどる羽目に・・・

現在進行中のあらすじは

ハルクが本来のブルースバナー博士に戻れずじまい危険とされて
地球のスーパーヒーローたちに追放、流れ着いた異星の独裁者を倒し
その星の英雄となり地球のヒーローたちへ復讐のために帰還?

一方、「プラネットハルク」イベントで知り合った女闘士ともうけた息子が父親であるバナーを探しに地球へと旅立つ・・・

*(PLANET HULK・プラネットハルク~WORLD WAR HULK・ワールドウォーハルク参照)

ここで紹介する単行本

「ハルク:ブルースバナーの息子」
 ついに父親との対面を果たした息子、その名をSKULL?(スクール?)
 暴れまわる息子をおとなしくさせる為、バナーも変身して「自分が父親」と名乗り出たいところだが 
 ハルクへの変身が上手くいかずバナー博士の姿で息子に接触する。
 
 そんな中、ウルヴァリンが息子を引き連れて現れる!?
 
 ミッキーマウスがミニーマウスと結婚してやがてミッキーの子供が登場するように
 ハルクやウルヴァリンの子供たちもついに登場した!?娯楽として作風が強いのであった。
[PR]
by notyou0508 | 2011-03-03 14:11 | アメコミ

最近、買ったアメコミ

Marvel Zombies Return

Fred Van Lente / Marvel



最近、買ったアメコミ『MARVELZOMBIES RETURN』TPB

TPBとは単行本の意味である。

内容はマーベルゾンビ2』のラストでテレポーター(転送機)によって

飛ばされたゾンビ・スパイダーマン、ウルヴァリン、アイアンマン

ジャイアントマン&ワスプ、ブラックパンサー、ルーク・ケイジらのその後を描いた話である!

少し過去の世界に飛ばされたゾンビ・スパイダーマン

過去の世界で行動するゾンビ・スパイダーマンが本来のスパイダーマンと取り違えられて

キングピン、ドクターオクトパスらがゾンビに襲いかかる!

敵役らを返り討ちにしては食べるゾンビによってもうはやメチャクチャ!

敵役らはゾンビウィルスに感染してゾンビ被害が拡大しはじめた。

一方、本来のスパイダーマンはゾンビと取り違えられたタメ殺されるために・・・

ところが過去のスパイダーマンが死んだのにゾンビが消滅していなかった。

この世界がゾンビの住んでいた世界とは別の異世界である証拠なのだ。

ただでさえグロテクスな表現が強い『マーベルゾンビ』シリーズ

ゾンビスパイダーマンはついに自ら人間と決別し完全なるゾンビとなるため人間の皮を脱ぎとり
姿を一時消すのであった。

ゾンビウルヴァリンは日本・東京へ異世界の自分と鉢合わせ。

ゾンビジャイアントマンはアイアンマンことトニースタークを死なせてしまう羽目に。

こちらの異世界もマーベルヒーロー達がゾンビに感染されてメチャクチャな世界になるのであった。

完全にゾンビの惑星となった異世界で

ゾンビ・スパイダーマンたちと旧ゾンビ軍団と新ゾンビ軍団の戦いに注目!! これこそ真の『マーベルゾンビ3』!?

意外な人物がラストを飾るのであった?映画「スパイダーマン3」にも登場したサンドマンであったのだ!!

一方、新ゾンビ軍団の生き残りがふとしたことでさらなる異世界へ飛ばされる。

実はこれが本編の世界に少し登場するゾンビセントリーだった?
[PR]
by notyou0508 | 2011-01-27 20:03 | アメコミ

キック・アス (ShoPro Books)

マーク・ミラー / 小学館集英社プロダクション



書店から消えて無くなるマンガ?「キック・アス」

今回紹介するのは日本語版アメコミ「キック・アス」

内容は退屈な日々をおくるのがイヤになって少年がコスチュームを身に包み

バットマンの真似ごとを始めキックアスと名乗る。

そんな自分の前に仲間ができる。赤いマントマンにヘルメット親父&ムラサキ娘・親子

そんな4人が正真正銘のギャングに挑む!

人気のあまり映画化もされた「キック・アス」

ジョンロミータJrの画は日本のマンガやフランスのBDに通用する画風で絵だけでも楽しませてくれる作品だが

後半があまりにもスプラッター(流血的)&バイオレンス(暴力)な表現

これまでのヒーローコミックを裏切る展開、ウオッチメンも真っ青?

とにかく日本のマンガに匹敵するアクションコミックだった。

元々映画上映にあわせて日本語訳出版された本だ。

しばらくしたら出版をとめて本屋に置かれなくなってしまう。

まさに別の意味で“書店から消えて無くなるマンガ”である。

まだ持っていない人、今のうちに手に入れては?

消えて無くなる度数 ★★★★☆

[PR]
by notyou0508 | 2011-01-08 14:29 | アメコミ

あなたの知らない裏話

シュレック3 [Blu-ray]

パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン



現在、CGアニメを駆使した洋画シュレックシリーズ最新作『シュレック フォーエバー』

「シュレック3 チャーミング王子の逆襲」ラストではれて父親になったシュレックが

ある日、子育てにうんざりしていた。そんなところへ1人の魔法使いが現れる

『よかったらあなたの人生1日を私にゆずってくれたらイインダヨ、この契約書にサインを・・・』

てっきり“明日、1日入れ替わり”とおもって契約をしていまい魔法によって荒れ果てた世界へ。

しかも妻・フィオナの指名手配書が貼られている、それに驚くシュレックは原因を探しを突き止める

契約の内容は「あなたの人生1日、すなわち誕生日をゆずること!」

世界を元にもどす方法は”フィオナとの愛の口付け”だった・・・

ここで紹介したいのはスパイダーマンも魔法の契約をかわしたことがあるのだ!

『Spider-Man: One More Day 』TPB、 直訳すると 『スパイダーマン:もう一度チャンスを・・・』アメコミ単行本

物語は『ニューアヴェンジャーズ:ブレイクアウト』で超人犯罪者たちの集団脱走が、

中にはスパイダーマンの敵も数名含まれていた。脱走に成功した犯罪者たちがチームを組んで

スパイダーマンの正体がピーターパーカーであることをつきとめられてしまう。

スパイダーマンは年老いた叔母・メイとセレブ妻・メリージェーンという家族がいる

家族のためにアヴェンジャーズに正体を明かしアヴェンジャーズの宿舎にお引越し

だが、法律によりヒーローとしての活動を規制する『シヴィルウォー』事件が発生!

反対派、賛成派に分かれてヒーロー同士の戦いが始まる。

賛成派についたピーターパーカーが世間に正体を明かした後、狙撃事件が起こる!?

メリージェーンを助けた代わりメイ叔母さんが銃弾を受ける羽目に

スパイダーマンの正体を明かした後も大忙しマスコミなどからも追われる羽目に

ピーターパーカーとしての生活、夫婦仲もメチャクチャ

瀕死の状態 の叔母を救うためにも“悪魔との契約”をつかうことにした!?

 ”世界の人たちに自分がスパイダーマンであることを忘れてもらう”

 ”叔母さんが銃弾を受けなかったことしてもらう”

悪魔が出した代価は『愛するメリージェーンとの結婚をなかったことにする』

おかげで叔母さんは助かり、世界の人たち、アヴェンジャーズも

スパイダーマンがピーターであったことを忘れてしまった。

それと御つりとして事故でなくなった友人、さらに戦死した宿敵たちが生き返った!?

とにかくシュレックとは逆に悲しい別れであった。

実を言うとこれはドラえもん、サザエさんのように長い連載のため全く新しい世界にするための

リセットでもあった?

ニューアベンジャーズ:ブレイクアウト

ブライアン マイケル ベンディス / ヴィレッジブックス



Spider-Man: One More Day (Spider-Man (Graphic Novels))

J. Michael Straczynski / Marvel


[PR]
by notyou0508 | 2011-01-03 12:12 | アメコミ

X-MEN/アベンジャーズ ハウス・オブ・M

ブライアン・マイケル・ベンディス / ヴィレッジブックス



「マンガ狂へつける薬」の著者・呉智英さま、あなたはXメンをご存知でしょうか?

ヒュー・ジャックマン主演のSFアクション映画にして米国のベストロングセラー

Xメン原作で長年の宿敵マグニートがついに自分の野望をかなえた物語

実の娘スカーレットウイッチことワンダの力を利用してミュータントが支配する楽園を完成させてしまったのだ。

かってマグニートは幼い頃、ユダヤ人ゆえにヒットラー率いるドイツ帝国軍によって

強制収容所へ収監され迫害を受けた悲しい過去の持ち主

そんなマグニートが大人になって自らミュータント(新人類)としての力をつかって

世界征服をたくらむのでした。まるでこれは日本の小説、「カリスマ」著・新堂冬樹をおもわせる展開だったのです。

当ブログで紹介するのは「ハウス・オブ・M」の内容はなんといえばいいでしょうか?

カボチャの馬車、ガラスの靴で有名な「シンデレラ」に近いかも?

原作の「シンデレラ」はなんでもガラスの靴が原因で2人の義姉が大怪我をしたとか。

「ハウス・オブ・M」もラスト、ワンダの魔法で残ったモノは悲しい結果だった。

やっぱり「シンデレラ」に似ているかも?
[PR]
by notyou0508 | 2010-11-05 02:39 | アメコミ

バットマン:ダークビクトリー Vol.2

ジェフ・ローブ / ヴィレッジブックス



バットマン:ダークビクトリー Vol.1

ジェフ・ローブ / ヴィレッジブックス



『バットマン:ダーク ビクトリー』!!(若本規夫の声イメージ)

今回購入したバットマンのアメコミ単行本は一味違う、去年アメコミファンの間でも話題になった「バットマン:ロングハロウィーン」の続編!これはスゴイー!

しかもY!ネットオークションでかなり安く入手できたラッキー!!

と、思ったら「バットマン ダークビクトリー」がヴィレッジ・ブックスの方から翻訳出版されることになった?!

別にいいか、文字を調べて読むのは大変だけど、絵だけでもかなり楽しめるから・・・

追記)読んでみると「バットマン ロングハロウィーン」の続編!
    ラストで怪人トゥーフェイスとなったハーベイは”心の病”と診断されて
    精神病院アーカムへ投獄!そして新たなる事件が発生!
    バットマンが調査を進める中、アーカムでトラブル発生、脱獄であった。
    苦労するバットマン、コウモリなのにクロウ(カラス)??とにかく新キャラ続々登場
    その名もディック・ギブソン、彼は後のロビンとなる少年であった。
   
    脚本はジェイ・ローブ、作画者ティム・セールのコンビ!
    これが何と海外テレビドラマ『ヒーローズ』に関わっているコンビなのよねー!
    (若本規夫の声イメージ??)2010.08.24
   
[PR]
by notyou0508 | 2010-08-14 17:01 | アメコミ

c0192523_2315217.jpg
すっかり7月も半ばになってブログの更新を忘れていた。とりあえずアメコミを紹介

「WHAT IF!? SECRET INVASION TPB」
直訳すると「ホワットイフ!? シークレットインベーション 単行本」

単行本だけあって表題作「もしものシークレットインベーション」をはじめ
「もしものX-メン」
「もしものスパイダーマン ハウスオブM」
「もしものワールドウォーハルク」
「もしものデアデビル」

自分としてはおススメは「もしものデアデビル」だな。
映画版「デアデビル」「エレクトラ」を観たせいかとても楽しめた。

映画でデアデビルをかばってエレクトラが重傷を負い死亡
いや、ブルズアイとのみつどもえで死亡だっけ?

とにかくこの後エレクトラは秘密結社の秘術で再生(リボーン)!

この「もしものデアデビル」は逆にデアデビルが死亡してしまう!
そして秘密結社によって再生(リボーン)したのが当然デアデビル。

逆にエレクトラはニック・フェーリー率いるスパイ組織シールド(映画アイアンマン2)
にスカウトされてスパイとして活動、デアデビルがキングピンといったギャング団、商売敵
を暗殺する中、組織の命令をうけたエレクトラが現れる。2人の行く末は・・?

映画では不可能なゲスト、ウルヴァリンが登場!

こういう作品は元ネタを知っていないと楽しめないという人もいる。
…たしかに先に映画をみていたから楽しめた。

WHAT IF!?“もしもの物語”は長い歴史をもったアメコミが考えた特別企画だ。

そういえば最近またX-メンがまた新しい日本語版が出版されている
「X-メン:ギフト」だっけ?「もしものX-メン」と合わせて読むと楽しめるかもしれない

PS:北九州・中国地方が大雨騒動の中こんな記事をだして不謹慎かな…

アストニッシングX‐MEN:ギフテッド

ジョス ウェドン / ヴィレッジブックス


[PR]
by notyou0508 | 2010-07-14 23:28 | アメコミ

ブログの更新は気まぐれです。とりあえず漫画などの紹介をします。
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31