最近読んだマンガ・アニメ

またしてもブログほったらかしすぎ気が付けば7月9日。七夕も通り越した。ここ最近、体がだるい。くらくらする、多分酒を飲んでは水分補給を怠らない為、また脱水症状かも・・・。この上座ってばかりで腰が痛い。


このうえ梅雨入り台風接近のためか2,3日外出できないかもしれないと食糧の買いたしにいくにしろ。
自分が今住んでいる神楽坂は文字通り坂道が多いためホント歩くのが大変。転ばないように気を遣って歩いている。自分が住む場所の不便な点を改めて気が付いた… 


最近読んだマンガ、『怒りのグルメ』

 著・土山しげる 出版元:コアマガジン

ここ最近は「アクエリオン」10周年記念で続編がでたり、
人気のライトノベル、「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っている」、「GATE ゲート 自衛隊 彼の地にて 斯く戦えり 」。それから「下ネタという概念が存在しない退屈な世界」といった有名な作品がアニメ化されている中、自分は反骨精神かごく一部の人達しかしらないマニアック、不人気な作品を紹介。

c0192523_2231167.jpg


原題タイトル「噴飯男」、政治家や芸能人の悪評やきわどいヌードグラビア等をだす週刊誌『実話BUBUKA(ブブカ) タブー』で連載されていた変な漫画、イヤ痛快娯楽劇?
2013年から連載開始。コンビニや書店の店頭本棚で立ち読みして読んできたが「正直、これ単行本になるのか?」とは思っていた。ところが漫画単行本が出ると聞いて発売当日、コンビニの店頭で購入した。

さすがは東京、ちゃんと発売日には出るものだ。だがここで関心するところではない。
ビックリしたのはタイトルが変更されて出版されていた。

ここ最近、作者の土山しげるの描いてる漫画が双葉社の雑誌で描いていた『闘飯』。これ以降変な方向に走ってしまった。当然他の漫画ファンからも「おそ松くんのチビ太のまんまキャラ!」と不評を受けてたそうだ。
とにかく、「噴飯男」こと「怒りのグルメ」はまあまあ面白かったから買うことにした。

ネットショップAmazon.co.jpの方でレビューを出してやった。後日評価を確認してみたら9人の方が参考になりましたとのアンケートを確認。それから発売されてから2ヶ月かな。コンビニ店頭は勿論、置かれていない。いつの間にかネットではプレミア、高値で売られていた。

自分が買った本書も処分するときAmazonの方で売ろうかな?

けど買ってみた漫画単行本にはいつか読んでみた最終回が載っていない、第2巻目が出るのか出ないのか正直期待してる、だってまだ読んだことのないエピソードが読めるかも・・・
[PR]
by notyou0508 | 2015-07-09 22:55 | 漫画・アニメ