すっかり忘れていた・・・

すっかり忘れていた・・・もう前回ブログの更新をしてからはや一ヶ月。
後数日で2014年が終わろうとする。今月12月について語るとする、
オモシロかった漫画などに関しては別の方で紹介する。ホントに大変だった。


12月のはじめ、母方のおばあちゃんが階段から足を滑らせては怪我をした。

先月11月からしばらく週一回は酒を飲みに行く事が多い。相手は昔お世話になった幼稚園の先生である。
正確には妹が通っていた幼稚園の先生である。今は引退して幼稚園の保育士を監督指導をしているじい様であった。

最初は妹の代わりとしてご挨拶。それから今は事実無職で次の仕事に付けずじまい、高知を離れるべきかと相談を持ちかけるつもりの酒の席であった。しかしじい様は一応前職の不満などについて話した。
今の自分の住む自宅がほぼゴミ屋敷いや物置小屋、『モノ屋敷』といった状態について話した。

はじめは笑いこけていたいたから仕方がない。「とりあえずウチきます?」と自宅の物のあふれ様を見に来てもらうのにまた来週、また来週と先延ばしされては参った。ほとんどおごってもらっているとはいえ3、4回目となると正直じい様に相談するのやめようかと思った。

じい様と飲んだその次の日、昼ごろに母方のおばあちゃんがウチに来た。
高知では友達がいないから自分の家を掃除しつくしたから外に出かけてはウチの近所に来たついでに
絶対ウチに上り込んでは勝ってに掃除を始めてしまう。

そもそも前にもこのブログで話したが母がストレス発散に自分の好きな買物をし放題しては家の中はガラクタの山!食卓の上は書類や郵便、伝票などで半分埋め尽くされては家中散らかしほうだい。暇をもて余して
おばあちゃんは掃除をしにやってくるのである。

この後、事件ははじまった。一階でおとなくしく「テレビでもみてくつろいでくれ!」といったつもりだが
大人しくしなかった。先日自分は酒を飲みに行った為体臭がひどい為シャワーを浴びるところ祖母が二階に上り込んできて「鼻かみのティシュ箱はどこかしら?」と尋ねる。その時下半分をシャワーしてる最中だった。
正直「もううんざりだ」と思った。

洗面台の棚の上にあるのを見つけてなんとか足を延ばして入手して階段を降りようとした時
なにかが崩れ落ちる音がした。正直気になってシャワーを止めて「おばあちゃん?」と確認のため呼んだ。
全く反応なし。声がしない為下半分を軽くふき取りパンツをはいて降りてみると思っていた通り

母方のおばあちゃんが階段の降り場で足をふみ外したか転び倒れていた・・・

様子をみると顔に血が出ていた。アゴを切っていた。必死で「おばあちゃん?おばあちゃん?」と呼んだ。頭を打った心配があったから激しくゆすぶるわけにはいけない。するとおばあちゃんがうなり声をあげて目を覚ました。

周りを見ると階段は母の本が端っこに山積み。もしかしたら間違えて本を踏んづけて階段を下りたのか。
少し考えた。とにかくおばあちゃんに枕を与えて大人しくそのまま寝そべってもらった。
救急車を呼ぶつもりで119番通報したがつながらなかった?
しかたがないから医者をやってる父の所に電話した。「とりあえず近所のお茶会の席にいる母を呼べ」
とにかく母を呼びもどしてみたトコロおばあちゃんの状況を理解して
救急車を呼ぶことにしたどうやら自分がかけた番号は間違っていたようだ。だいたいは消防署あたりに通報だったかな?

とにかく救急車はきたが問題はおばちゃんをどこへ運ぶか救命士の人たちが悩んでいた。
またしても父に電話して確認をとることとなり。とにかく赤十字病院へ運ぶこととなった。
決めるのに30分以上時間がかかった

病院の検査によると聞けば倒れた際に軽い脳震盪を受けたと診断。実際検査して頭蓋骨は骨折していなかったものの。体の方には損傷があった。アバラ骨を数本折ってしまい肺を片側損傷、しかも内臓の一部「ヒゾウ」にダメージがあった為内臓出血。当然のごとくそのまま入院をする事となった・・・

2,3日おばあちゃんは内臓の中の血を出すため体にパイプみたいなものを括りつけられた。
部分麻酔がかかっているとはいえ老人には大変。お花畑の夢を見ていたそうだ・・・

自分はさきほど話したじい様とまた約束だったが流石に断った。

「母方のおばあちゃんがケガして入院した」と聞いては東京に住む母方の叔父さんたちが見舞いにやってきた。叔父たちは必ずウチにあがってきた。もちろん現場検証である・・・

母はおばあちゃんは階段の中央あたりから滑ったかもしれないといい張る。
その時はおばあちゃんも足が滑りやすい靴下をはいていたという。

階段には二階から一階まで物をいくつか置いては幅をせばめていた。
実際物の置きすぎが転落の一因とも考えられるので流石に母は階段のモノをすべて片付けた

階段の降り場には大きな洋式ダンスを置いてあった。とにかくおばあちゃんはそれに直撃していなかったのが不幸中の幸いであった・・・してたとしたら70、80歳の老人の頭が割れていたかもしれない・・・

しばらく家の中は別の意味で少し荒れた、母は度重なる来客に、おばあちゃんの見舞いなどにてんてこ舞い。
流石に兄も見舞いにウチに来た。「母さん大丈夫?」と言葉がでた。久しぶりにあってはやっぱり喧嘩。

コチラ側の言い分を全く理解せず「仕事につけないからって被害妄想するなよっ」と言われては怒ったけっ・・・
そういえば叔父さんたちのメールアドレス聞くの忘れた。

話を別の話題にかえるとして12月半ば「やまもとありさ」の個展にいった。
正しくは新人漫画家が制作中の漫画原稿の制作作業ををインターネットでLIVE中継するといういびつな個展であった。
場所は高知名物・沢田マンションの一角にあるギャラリーである。

漫画の方であるが今度デビュー目指して制作している。
タイトルは『あいこのまーちゃん』、主人公の女子高生の性器が突然自分とは別の意思を持って話しかけるという漫画。どこかで聞いたことあるお話、そうだ『サロメ』なんていう映画を聞いた事がある。
とにかくやまもとありさは女性である。女性ならではのアイディアであろう。

開始2日後はトークイベントをすると聞いた。自分してはパーティーも当然だと思った。
ただそのトークイベントは主役のやまもとありさの他に彼女の知人の写真家、根付け(今でいうケータイ電話などに付けるストラップのご先祖様)職人の方たちを交えたトーク。全員沢田マンションの住人だ。

自分の他にお客は正木先生と正木先生のマネージャーさんらスタッフの方々。
だいたいの参加者は写真家さんの知人が多いようだ。

個展の話を聞いて県外から駆けつけてきたお客さんも来ていた。
名前を忘れてしまったがたしか「ヤングガンガン」の方で短期連載をしていたと聞く。
年配の方だった。

知り合いのTさんもいた。沢田マンションの住人ゆえイベントに参加。
彼に「絵をやめて高知をでようかおもってる」と一言いってみたら「やめないでくださいよ」とこんな感じでいわれた。さらにどんどん突っかかってきた。

目の前でみていたやまもとありさに「なんだか口説いているみたい」と言ってくれたおかげでTさんは一旦落ち着いた。そういえばTさん友達があまりいないと聞いている・・・
個展初日に会ったときTさんが自分のスケッチを見せくれた。元々ロックバンドやSMとかに詳しい人だったのでとにかく写実的な絵であった。このトークイベントの日、整理中の本棚から天竺浪人のエロ漫画本を一冊あげた。ちょうどTさんのスケッチに似ていたので、喜んでくれた。

話しをやまもとありさの方に戻すとする。トークイベントも終わり。差し入れの酒やフライドチキンをほおばって話をした。
東京でのいきさつを聞いた。なんでも「進撃の巨人」ので背景などの作画アシスタントをしたことや
あの名作「ブラックジャックによろしく」の作者の元でも仕事していたことがわかった。
その作者の先生がバチイチだという事もきいた。

「あいこのまーちゃん」はなんでも一流誌の方で連載するはずだったが肝心の雑誌が売れ行き不調で
廃刊するとかで連載の話は中止となったとかただし雑誌編集者の方が責任もって別の雑誌に載せてもらうように手配中とのこと。どうせなら『コミックビーム』とかいう雑誌に載ってもおかしくない。

しばらくするとやまもとありさが自分の個展会場から離れて沢田マンションの上の階に住む写真家さんの所へ行ってしまったきりもどってこない。っていうか残りわずかな人数とはいえゲストの自分らをほっぽりだして
別のパーティー会に居座っていた。

もう馬鹿馬鹿しくなって帰ることにした。そういえば差し入れの他にもってきた読み終えた少年マガジンを置き土産に置いた。それからその漫画誌にメッセージを書いてやった「good look」
後で気が付いたが正しいスペルは「Good LUCK」だということに気が付いた恥ずかしいーっ。

とにかく東京へ行く足掛かりは少しつかめた。ただ叔父さんたちは家族子供は全員大学や会社就職しようとする年齢ばかり。居候は無理だと言われた。まあアパート賃貸のための保証人にはなってくれるとの事。

暮らすにかんしてはひとつだけあてはあるかな?母の友人Mさんである。Mさんは東京都内に住んでいる
まあ先日確認の電話をした、なんでもMさん宅には空き部屋があるがそれはあくまで客間であった。
自分としては微妙だった。とにかく簡易ホテルやネットカフェよりはましだろうか?

先日デハラノリユキさんから2015年1月に開かれる個展の案内はがきが届いた。
タイトルは「女体展」ほとんどコケシか昔のダッチワイフみたいな人形が展示されるそうだ。

c0192523_22274143.jpg

[PR]
by notyou0508 | 2014-12-28 00:14 | 日記・雑談(その他)

ブログの更新は気まぐれです。とりあえず漫画などの紹介をします。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31