新しく買ったけどスパイダーマンが少し違う!

c0192523_21434190.jpg

最近映画の影響でこれまでスパイダーマンのコミックをいくつか買いあさってきた。

去年までにはスパイダーマンが立て続けに翻訳出版されてきてはこれは転機、いや好機というヤツか。
①『スパイダーマン:ニューウェイズ・トゥ・ダイ』
②『スパイダーマン:エレクション・デイ』 
③『スパイダーマン:アメリカン・サン』

すべて定価購入、一通り読み終えた後はネットショップやオークションに売りにだした。
けど無理して置いてもよかったかも上記の①、②に関してはなんせ絵師はジョン・ロミータJrだから。

今度はネットオークションでスパイダーマンのコミックス3点セット購入。
実をいうとこれAmazonの方で高く売れることが解った。
一冊目は「日本語版アルティメットスパイダーマン 第1巻」
二冊目はアメコミファンにいわせれば旧設定の話かタイトル名「Sins Past」。内容は「グリーンゴブリンの隠し子」
三冊目、コレはおまけ、スパイダーマンが追われる身なってしまった為別の新人ヒーローに扮するよみきり

さっそくネット購入した品をすぐさまAmazonに出品できる分だけ出したもの他にも出品者がいたため
日本語版はだいたい定価に近い値段で出した。すぐに売れた!

もう一方の「Sins Past」。海外から販売出品者が主だった。これはまあ定価で出しても文句ないだろう。
日本国内で売るとしたらね。

そこであることに気が付いた『アルティメットスパイダーマン』で主人公ピーター・パーカーが死んでしまう話を思い出した!コアマガジン社が出しているルポマンガで紹介されていたっけ!(画像左側・ルポマンガのワンシーン)

他のアメコミ関係のブログをチエックしてみたら本当に『ピーター・パーカーが殉死』とのことである。
ところがルポマンガによるとちゃんと「アルティメット」版は継続している。二代目登場との事

というわけで二代目が初登場する単行本をAmazonで注文購入。

『黒人少年マイルス・モラレスがふとした事でピーター・パーカーと同じイヤそれ以上の能力を手に入れた!
原因はオズボーン社の関連施設で秘密裏に研究している特殊クモに噛まれたことだった!?』

結局能力の会得に関しては初代と同じか。

気になるのは施設に忍び込み誤って資料と一緒に特殊クモも持ち帰ってきた男の正体が
二代目の家族を思われる。マスクのデザインからして「アルティメット・スポイラー」といった処かもしれない。

同じころ初代スパイダーマンことピーター・パーカーが殉死。
マイルス少年がスパイダーパワーを使いこなして自ら新たなるスパイダーマンになること決意。

街をパトロールする中「あなた何者なの!?」とスパイダーガールがやってくる。
さらにアルティメット・アベンジャーズに捕まってしまい尋問を受ける中、エレクトロの暴動が発生。
新スパイダーマンもアベンジャーズに加わり出動!?

ここで物語は「TO BE CONTINUED」→「つづく」となった。次の単行本を買おうかな?

あっそういえば5月の文のブログすっかりすっぽかし。次も総集みたいな記事を又出すか。
[PR]
by notyou0508 | 2014-06-04 21:47 | アメコミ | Comments(0)