すっかり忘れていた・・・

c0192523_20101236.jpg


先日19日、高知駅のブックオフから帰るところ偶然にも漫画家・正木秀尚先生にあった。どうやらブックオフに参考資料を探しにやってみたい。一応聞いてみたら故・やなせたかしの追悼会に参加していたそうだ。

そんなことよりもまたしてもブログの更新をすっぱかし。
今月4月に新作映画2作品を見たことや正木秀尚先生の展覧会パーティーなどここしばらくの出来事をここにまとめて表記。


4月2日よりアトリエ・グラフィティにて個展オープン。
いってみたらいたのは正木先生一人、肝心のオーナーのオジサンがいなかった。
聞けば体が悪くて留守とか。

とりあえず簡単に質問した、連載がいったん終了した『トーテムズ』の再開のめどは?
作品が少しエロチズムが感じるけど少女マンガに出してみるとか?生意気に質問。

色々話みては先日中学生になる息子と父子二人アイマス(アイドルマスター)の映画を見に行ったとか。
最近息子が女房がオタクに、アニメなどに熱を入れていて困るとか。
「まあ別にかまわないのでは?ここは高知だし、それくらいの娯楽」

実際高知県は痛車(アニメキャラをプリントした車)を走らせたりする光景をよくみる

4月8日だっけ?正木秀尚先生のパーティーに参加。去年もやっていた、たしか『ヘルプマン!』のくさか里樹先生や村岡マサヒロさんが来ていたが今年はほとんど地元美術館の学芸員や先生のアシスタントスタッフや知人らの集まり。マーねージャーの人やたしかフジワラさんとかいう人達とまた会った。

去年の事考えて参加者があまり酒の飲めない女子たちなので差し入れは主にソフトドリンクと大盛り焼きそば2個。でも自分が飲むの前提にアルコール・ハイボールが2缶。

少々心配なのはグラフィティのオジサンことオーナーの信田英司さん。かなり高齢な方なので病院へ治療を受けていたとか。パーティーの中盤にやってきた普段とは変わらない姿に見えるが今回は体の事もあって飲酒は控えていた。さらにもう一人途中参加したには驚いた。いつか帯屋町で見かけた両足を亡くした車椅子の人だった。

酒が少々ススム中、グラフィティのオジサンに「この間、お前の親父にあったぞ。」
流石にコレはおどろいた。体の具合が悪くて診療を受けに行っていたそうだ。
そこから大阪の病院に行く事なったとか。
後日、正木先生に京都・出町柳付近のアトリエを紹介するためにそこの住所が所載されたハガキを渡そうとしたらオーナー、信田さんの具合のせいかグラフィティは臨時休日だった・・・

先ほど述べたように19日聞いてみたら正木先生でも詳しくことは知らないそうだ。

グラフィティアドレス) http://warakoh.com/gallery
[PR]
by notyou0508 | 2014-04-20 20:10 | 日記・雑談(その他) | Comments(0)