すっかり忘れていた・・・


すっかり忘れていた2月末にはこの記事を書くべきであった
高知市北秦泉寺にある「じんぜんじゅカフェ」。店主・下尾仁さんの経営する個性的なお店
一階は基本的カフェ。そして屋上には、石や釜を運び上げ下尾さん自らが作り上げた “屋上露天五右衛門風呂”  『じんぜんじゅ』 = 秦泉寺の湯。

先月2月1日偶然にもツーカッターさんなる知人に再会。
以前にも当ブログで紹介したことがある人だ。
彼から「もしよかったたらこちらのパーティーにきてくれませんか?」

c0192523_20172478.jpg

せっかくなので観に行くことにした。
当日2月2日は珍しく高知が暖かい日であった。その証拠に目がかゆい、鼻水が出る。花粉症だよコレッ。
内容は個性派アーティストらが集まりクラシックアコーディオンを使用した演奏。自作の歌やパフォーマンス、谷川俊太郎の詩を朗読するなどトークショーライブみたいなものか。
当のツーカッターさんは自分が昔使用していたマスクを着用しての登場。
たしか昔、東京の方でライブをしていた時のモノか(↑)

c0192523_20173895.jpg

c0192523_15215318.jpg

マスターの下尾さんには見覚えがあった。そうだたしかデハラさんや村岡さんのイベントでよくであった人だ。
自分はただでさえ目立つ顔のなので向こうはおもいっきりこっちの顔覚えていた!

下尾さん自身とはあまり話さなかったが彼のプロフィールは喫茶店のトイレで解った!

トイレの壁一面に張り付けている写真からしてどうやら高知観光関連スポットで仮装するエキストラや舞台などの脇役をこなす人のようだ。仕事柄のおかげでいろんな芸能人とのツーショット写真がいくつかあった。
(バウバウでおなじみの松村邦弘など)

なにやらトイレで小便するのに気を使った。
そこはおいといて問題は忘れもしないトークショーの休憩で
トイレを先に占拠されてしまった事であった!
元々喫茶店だからソフトドリンクなんてすぐに用意できる。
最初にコーヒーを頼んだのがいけなかった。

喫茶店の近所といえば目の前は墓場、坂道の上にはラブホテル!
仕方がないから坂道を下り一番近くのお店を探した。
エースワンなるスーパーを見つけたがそこはトイレを容易に借りられるお店ではなかった!
仕方がないからイオンモールあるいはサンシャインベルティスなるお店を方を目指していった。
往復には10分近くかかった。しかも坂道なので自転車は重労働だった。
c0192523_20171294.jpg
またみなが集まりトークショーライブをするとしたら4月のはじめだそうだ。そういえばビラもらったな。

ちなみにその日、打ち上げの宴会が開かれた。ツーカッターさんの話では宴会の参加者に漫画家関係の仕事についてる人がいるので話題や話についていけないからぜひ参加を頼まれこととなった。

最初はどういうことかわからなかったが、とりあえす新規の居酒屋で飲むことに。
男女数名に分かれて少し合コンのような宴会になった。

自分が漫画について詳しいといったらさっそく古味さんなる女性と少し話をすることに。
しかしここで驚いたのは古味さんが漫画家関係者の理由がよくわかった。

週刊少年ジャンプ連載中の『ニセコイ』作者・古味直志の実姉だそうだ・・・


〒780-0022

高知県高知市北秦泉寺30-3

 

tel 090-9774-4418

e-mail xl200cc@ezweb.ne.jp

(じんぜんじゅCafe 下尾)

 

定休日 水曜日

c0192523_20134229.jpg

[PR]
by notyou0508 | 2014-03-02 21:04 | 日記・雑談(その他) | Comments(0)