映画館へ観に行った。

ブログの更新をすっかり忘れていた。とりあえずここ最近映画館で観に行った作品の紹介でもしますか。

4月の末までは『シュガー・ラッシュ』、『とある魔術の禁書目録-エンデュミオンの奇蹟-』

前回いったとおり『シュガー・ラッシュ』は観に行ってやった、正直楽しみにしていた。
なんたってテレビCMでも何回か紹介されていたし興味津々だった

最初の5分間は『紙飛行機』というショートストーリーだった。
一人の青年が一目ぼれした女性にもう一度会いたいと願った途端それが現実に
なんと自分の勤める会社のビルのむかいにつとめていた。
彼女にあいたい一心で彼は必死で紙飛行機を彼女のいる部屋に投げつけて行った・・・

これも結構良かった。

とりあえず本編に戻ってテレビ画面のモニターの裏側で繰り広げられる冒険

かって大昔、「ターボ」なるレーシングゲームのキャラクターが
新しく導入されたレーシングゲーム機に嫉妬して
本来いるべきゲーム機から電気コードをつたってそこへ乱入
故障扱いとみなされてしまい、彼はゲーム機と共に姿を消してしまった
この違反者の名前が由来となって他のゲーム機に住むキャラクター達から

違反の総称として「ターボ」と呼ばれるようになった

そして現代
とあるゲームマシンの悪役キャラクター・ラルフが他のキャラクターを見返すために必要なメダルを探しに
ゲームセンターの電気コードを伝ってちがうゲームの世界「シュガー・ラッシュ」へと移動
 
レーシングゲームの世界
そこでいじめられっ子の少女ベネロぺとであう。
しかし彼女は異端、コンピュータにおけるバグなので
画面に登場すると故障扱いされてしまう。
「シュガー・ラッシュ」が廃棄処分されてしまうとそこの王様から話を聞かせれ

ベネロぺと別れることに・・・
お目当てのメダルを手にいれて帰ってきたかわり、幼馴染のフィリックスと
行き違いになってしまい。さらに自分の住む世界が崩壊、ゲーム機が廃棄処分されてしまう危機が

もう一度「シュガー・ラッシュ」の世界へ突入を考えるラルフ
しかし外から見たときに彼はベネロペがれっきとした登場人物であることに気が付く

実は王様はレースに参加するはずのないキャラで彼女にかわってレースに参加していた
ラルフはフィリックスとベネロペを救い出しレースに彼女を出場させた。

レースが進む中、王様の正体があきらかに、不気味な骸骨のような顔であった。
実はかれこそがゲームキャラクター達で最初の違反者ターボであった。


日本のゲームキャラクターでいえば「スーパーマリオカート」
のようなもの。もっとも実際にマリオの宿敵クッパがゲストで登場。
ラルフが悪役キャラ集合会の席にて画面の端にいることがわかる


5月のはじまり、『アイアンマン 3』、『スーパーヒーロー大戦Z』
これは後日に紹介しょうか。

前にもいったようにパソコンの買い替えなどたいへんだった。
今度はパソコン用デスクだ。足についているタイヤがいかれてしまってとにかく
ホームセンター「ニトリ」へ買い換えることになった。

ちなみに届くのは明日明後日、連休の最中である。組み立てるのが大変だ。
[PR]
by notyou0508 | 2013-05-04 22:32 | 映画(全般)

ブログの更新は気まぐれです。とりあえず漫画などの紹介をします。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30