最近観た映画

脳男 (講談社文庫)

首藤 瓜於 / 講談社



映像化されてわかった。『脳男』とはダークヒーローというべきかな?

いつかみたバラエティ番組にゲストで出てきた生田斗真
「今度やる主演の映画です。」と簡単な宣伝で知った。

名前だけは一応知っていたグロテスクな名前と小説本の感じ悪い表紙絵が好きになれなかった。
映像化される作品はそれなりに価値があるし、TUTAYAでレンタルDVD借りるよりも大画面で観られる。

何よりもケーブルテレビで観たデビッド・クローネンバーグ監督作『ザ・フライ』シリーズ。
あのグロテスクな映像を忘れたかった為でもある。あれは夢に出てきてうなされそうだ。

話戻って「脳男」これは普通に人間同士のドラマだ。主人公の人物像は海外テレビドラマの「デクスター」いや、漫画家さそうあきら作品の一つ「ドック・ドック・ドック」が一番近いかもしれない。

犬・犬・犬(ドッグ・ドッグ・ドッグ) 5 (ビッグコミックス)

花村 萬月 / 小学館



追記】とりあえず、「脳男」と「ドック・ドック・ドック」(以下ドッグ)の違いについて。
「脳男」の主人公・(仮名)鈴木一郎ことイチロー、「ドッグ」のマヒケンともに脳内の神経に異常をきたし一部の感覚が麻痺していた。

イチローは元々大富豪である老人の孫で人里離れた所で英才教育と一流の山岳家による体力運動を受けた元御曹子。
ある日、自分の家に夜な夜な忍び込んだ強盗が祖父を半死状態にその上放火をするといった悪どい行動に怒りを感じ初めての殺人を起こしてしまった!元々祖父からも法律で裁く事ができない悪人らを
殺す為の教育を受けていた為に都会へと足を踏み入れた彼は次から次へと悪人達を殺していた。
勿論、相手が自分の判断により確実に悪であるかどうかの確認をしてから・・・

一方マヒケンとは京都のとある街に住む青年、幼い頃両親から家庭内暴力を受けて続けていた彼はついに自分の手で両親を亡きののにした・・・それからというもののマヒケンは平気で人を殺す事が出来るヤクザも恐れる青年に成長した。感覚が麻痺しているためふとした事で大怪我しても平気というか我慢も出来る・・・

やっぱり、「脳男」の方がマシだ。ある意味コッチは「バットマン」にも近い存在だ(2013年3月2日
[PR]
by notyou0508 | 2013-02-26 18:02 | 映画(全般)

ブログの更新は気まぐれです。とりあえず漫画などの紹介をします。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31