映画館へ観に行った。

先日、観た映画「Ted」(R-15)を紹介

直訳すると『クマのぬいぐるみ・テッド』ただでさえCMのワンシーンでも強烈なインパクトをしてくれる。この間、深夜の映画館にいって観に行ってやた。(深夜割引目的)

“少年の友達はクマのぬいぐるみ・テッド。「ホントにお話できたらいいのに」と願った次の朝ぬいぐるみのテッドが意思を持つて話すように。やがて少年はおじさんに、テッドも少しボロのぬいぐるみに、そのまま大人へと成長した2人の物語”。日本の漫画で例えると「大人になったドラえもん??」

主人公の元・少年はどこかで見た事ある人、ティム・バートン版『猿の惑星』の主演マーク・ウォールバーク!

c0192523_20403677.jpg



主人公は恋人とつきあいやがて同棲し4年目、勿論テッドもだいたい一緒。
そんなある日、テッドは抜きで2人っきりデートをして帰って来た夜のこと。
なんとテッドが夜のお友達、コールガール(娼婦)を呼び集めて
パーティー&映画鑑賞。普通にならまだいいとして罰ゲームに「部屋で脱糞」?

トイレではなくテレビのあるリビングでウンコが転がっていたというとんでもない事が起きていた!!

たしかにコレは最悪に強烈、下品な言葉だけでなはくウンコが、さらにはいけないギリギリのところで男と女のセックスシーンでてくるとは・・・R-15指定を受けるだけの事はある。

いやまてよ。ぬいぐるみのテッドとお姉さんのセックスって?お野菜を使った??

他にも実際の音楽家のゲスト出演。昔別の海外ドラマで観た事があるヒト、『マイネームイズアール』??

もっとも驚かされたのはSFアドベンチャー映画『フラッシュ・ゴートン』主演者の登場!?(日本のヒーローでいえば仮面ライダーを演じた藤岡ヒロシのような存在)

しかも「昔々あるところに」と語る語り手は「新・スタートレック」のパトリック・スチュワート??

とにかく話の紹介に戻るとして、夜のお友達騒動の後テッドは家を出ていく事に。

ボロアパートの一室を借りて仕事探しに、スーパーの面接で乱暴な口のきき方をして失格?

とおもってたら逆に気にいられて合格!!スーパーの店員女性とも仲良くなってひと安心。

しかしテッドの事を付け狙う怪しい親子の登場であった。

さらにテッドがふとした事で主人公と彼女の関係を破局させてしまうなど?

何とか仲直りさせようとテッドが主人公を立ち直させるため話し合いから大げんか、CGを贅沢に使った場面が見どころ。

彼女の気を引くために大物音楽家に協力を頼むなど、そしてテッドが死ぬ?

とにかく最後は泣ける事、間違いなし。

追記】レンタルショップTUTAYAで『フラッシュ・ゴートン』のレンタルDVDを探してみたがなかなか見つからない。

映画の三分の一は『フラッシュ・ゴートン』のほとんどパロディ、さらには酒に酔ったフラッシュゴートンと
幻覚のミン皇帝(中華料理店の店長、テッドの隣人)のバトル。

さらにはかわいらしく笑えるクマのテッドと(料理用の)アヒルとのバトルシーンなど。Aflac(アフラック)?
[PR]
by notyou0508 | 2013-01-31 21:30 | 映画(全般)