あなたの知らない名作

すてごろ専科【完全版】 (マンガショップシリーズ 180)

真樹日佐夫 / マンガショップ



『金銭と引き換えに問題解決』、教師が悪をもって悪を征する異色ドラマ!?

本日、夜10時新番組「黒の女教師」放送開始にちなんでこちらの漫画作品を紹介。

いわゆる「ピカレスクロマン」(悪者が主役)というもの漫画作品『すてごろ専科』だ。

今から4年前、まだ普通に勤めていた頃の給料で本書を手に入れた。

はじめて読んでみた時は、単純に『なんて言えばいいか色々な展開がある一口でいえば「カッコイイ」だね。』

『「すてごろ専科」主人公の人物像が後に石井いさみ作「750ライダー」につながるのか』といったところだ。

今にしてみればどこがカッコよかったのか?

 舞台は鎌倉、空手?いや柔道だったかな?道場「明神会」師範(女学生!)の前に

 香月史郎という男が現れた。彼女ですら手を焼かせる不良学生や暴力団幹部達を

 暴力で打ちのめして鎮圧させるという喧嘩屋だった。
  
 最初は不良たちを鎮圧していくものの
 
 しばらくして覆面の男による通り魔・暴行事件、正体は香月ではないかというウワサが?
 
 しかしそれはイケメンの門下生の仕業。彼が香月に対する嫉妬から起こしたことだった。
そうココで「裏切り」といった行動が始まる。ピカレスクロマンらしい展開だった。 

 他にも恐ろしい事件が続発。連載当時(1970年代)はあまりに問題視されていて単行本化も
  
 30年かかった問題作品だ。とにかく『黒の女教師』もこんな感じの作品だろう。
  
しかし、今夜は金曜ロードショー「サマーウォーズ」と時間帯が重なってしまう。見過ごしてしまいそうな気がする。
しかも家族はこういった番組を嫌う性質だからなおさら見られないかも。
[PR]
Commented by 流浪牙 at 2013-06-01 22:35 x
どうも始めまして、notyou0508さん。早速ですが"すてごろ専科"の

>連載当時(1970年代)はあまりに問題視されていて単行本化も30年かかった問題作品だ

と言われてますが、俺は別にそれほど問題視される様な作品でもないんじゃないか?
(今だけじゃなく、当時の視点上でも)と思うんですけどね。いや別に当作品が悪い出来だ、なんて
言うんじゃなしに(むしろ単行本化の遅れと知名度の低さが実に不可解な作品じゃないか、って)。
問題だって言うんだったら同じ真樹日佐夫先生の"ワル"のほうが、よっぽど……
(あちらの作品も早い内に全話収録単行本を出して戴きたいのです)。
Commented by notyou0508 at 2013-06-19 21:15
コメントありがとうございます。
「ワル」かーっ、これ今から探してみるの大変だな。
そちらさまがかなりの真樹日佐夫ファンとお見受けいたします。
相棒の影丸譲也も亡くなってしまい。

出版する話は今のところないなーっ。
by notyou0508 | 2012-07-20 15:37 | 漫画・アニメ | Comments(2)