あなたの知らない裏話

深夜食堂(9) (ビッグ コミックス〔スペシャル〕)

安倍夜郎 / 小学館



とうとうテレビドラマ「深夜食堂 第2部」が終了してしまった。
もともと小学館のマンガ雑誌で連載されているマンガが原作なのだ。

しかも「深夜食堂」の原作者・安倍夜郎は高知県出身なのだ。
実際読んでみたら作中に「高知県出身の芸能人のリンリン」が登場する話が究めつけである。

深夜食堂のマスターに「目玉焼きのせ焼きそば」を注文する女性客、それがリンリン。
年齢は中年であるが20代は有名な歌手だった。
出生地は高知県だが親の都合で東京へ引越し。しかし父親の借金が原因で一家離散。
彼女は苦労しながらもアイドル歌手デビュー。
家族の楽しい思い出といえば「目玉焼きのせ焼きそば」、父親が作ってくれた料理であった。
だから注文するのであった。

そんなある朝、店を閉める深夜食堂の前にホームレスの爺さんがやってくる。
なんでもマスターの財布を拾って届けにきてくれた。
お礼にと朝飯をご馳走する中、爺さんがマスターにある助言をする。

後日、リンリンがやってきたトコロへさっそく爺さんから聞いた話を実行する
「目玉焼きのせ焼きそば」になんと青海苔をふりかけたのだ。

それを食べて涙を流すリンリン。ホームレスの爺さん、実は昔別れた父親だった。
父親の作る焼きそばには必ず目玉焼きと青海苔がはいっていたのであった。

さらに青海苔は四万十川の物、これはさすがに高知県出身者でないとわからないネタである。

次週からは新番組「家族八景」、少女ナナセは家政婦として転々とする彼女は超能力者
これ実は「時をかける少女」でおなじみ筒井康隆作品のひとつである。
なんでも「家族百景」、昭和の時代にも一度テレビドラマ化されたとか。いや関連作品だったかな?

「家族八景」の続編「七瀬ふたたび」、ナナセが恋に落ちる「エディプスの恋人」

さらに「家族八景」が平成の時代にもマンガ化もされてきた。
「角川書店・マンガ版家族百景」、磯山さやか・作画の「ナナセ」など
まるで「昭和の西尾維新」であった。

どうしてかって?西尾維新も小説家、書き続けてきた数々の小説、ライトノベルが
今になっていくつかテレビアニメ化。最近は「化物語」をはじめその関連作がアニメ化
「血物語」「偽物語」などなど

家族八景 (新潮文庫)

筒井 康隆 / 新潮社


[PR]
by notyou0508 | 2012-03-14 01:25 | テレビドラマ

ブログの更新は気まぐれです。とりあえず漫画などの紹介をします。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30