あなたの知らない裏話

新白河原人 遊んで暮らす究極DIY生活

守村 大 / 講談社



V6のダッシュ村があるように、福島県のとある山中で自給自足をしている元・マンガ家がいた。その名は守村 大

元・マンガ家の守村 大、講談社モーニング誌で「万歳ハイウェイ」「あいしてる」を発表。

これまでの印税で山を買い取り小屋を造り自給自足、自らの暮らしをエッセイにした「新白河原人」を連載中。

住んでいる山とは福島県の山中だった。(単行本第1巻目の帯を参照)

現在もまだ連載中、今現在は地震発生時にかんするエピソード「意外な覚悟・1」を発表(モーニング誌2012No.14参照)

去年の地震から1年たった今でも連載が続いている、多分ケガはなかった事はたしかである。

家具はさすがに傾いたみたいだ。

ここで自宅の山が“事故原発から100キロメートル程の地区”であることがあきらかに。

当然、微量の放射線を浴びている。それでも山を散策し、春の山菜

タラノメ、コシアブラ、ワラビを採取し天ぷらにして食べたそうだ。

正直つばを飲み込む話。様子からしていまだに福島県の山小屋で生活を続けているようだ。

本当に福島県を愛しているマンガ家かもしれない。


今日、高知城広場では原子力発電反対に関する運動が行われていた。歌の内容は少しアホくさい。
そのうち日本からいくつか原子力発電所が無くなるのはあきらかなのだから
[PR]
by notyou0508 | 2012-03-11 19:47 | 漫画・アニメ

ブログの更新は気まぐれです。とりあえず漫画などの紹介をします。
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30