最近、買ったアメコミ

First Wave

Brian Azzarello / DC Comics



最近、買ったアメコミ「FIRST WAVE TPB」(ファーストウェブ・単行本)はちょっと残念だった。

内容は「バットマン」「ドク・サヴェッジ」「ザ・スピリット」ら3人にヒーローによる競演劇
脚本はブライアン・アザレロ(BRIAN・AZZARELLO)、日本語版アメコミ「ジョーカー」と同じヒト。

映画でおなじみアメコミキャラクターのバットマン、フランク・ミラー監督のザ・スピリット

そしてスーパーマンの原型ともいえるドク・サヴェッジ(ドクターサヴェッジの略?)

ドク・サヴェッジとザ・スピリットらは共にスーパーマン・バットマン誕生以前に活躍した世代のヒーロー

様子を見るところバットマン本編とは違う、時代風景などからしてパラレルな世界。
まずはバットマンの活躍から始まりドク・サヴェッジの登場、そして探偵ザ・スピリット

背景の所々にはスーパーマンのルーツに関する子道具などが登場。
例えばドク・サヴェッジのフルネームは「クラーク・サヴェッジ」、スーパーマンの本名の由来があきらかに。
後、ジャングルといった秘境の探索、「インディー・ジョーンズ」の原典とも読み取れる。

探偵ザ・スピリット、映画監督のフランク・ミラーが自分好みのハードボイルドストーリーにしたため
原作は映画とかなりイメージが異なる。元々は陽気な探偵が活躍する娯楽作品だったそうだ。
長期連載だけあってなんでも月面旅行をした物語などがあきらかに。

それぞれキャラクターの単独行動ばかり。肝心の敵役にバットマンのジョーカーは出番なし
それぞれが追跡した敵役が同じ仲間だったところで肝心のトコロで3人が勢ぞろい。

豪華な顔ぶれだったが、地味な物語に残念だった。しかも現在入手可能なのは豪華版、ハードカバーである。かなり高い値段だった。
[PR]
by notyou0508 | 2012-02-12 22:41 | アメコミ | Comments(0)