最近、買ったマンガ

社長 島耕作(10) (モーニングKC)

弘兼 憲史 / 講談社



最近買ったマンガ雑誌・モーニング

やっとモーニングの新号が出た!今回も合併号。なにか魅力を感じる不定期連載の「リーチマン」

かわぐちかいじの昭和フェチ満載「僕はビートルズ」

いつになったら直江カネツグがでるのかわからない「へうげもの」

「ビリーバット」はというと今回おやすみか。

ブログを書くにあたってみたら弘兼憲史が注目を集めている。

紹介するとしたら「島耕作シリーズ」かな?

元々、弘兼憲史自身がサラリーマンだった体験を元に誕生した「課長 島耕作」

いちど終了したものの、人気のためか部長になった続編「部長 島耕作」により再スタート

専務、常務、次はなんだったかな?とにかくぬかして取締役

今や電機メーカー・ハツシバあらためテコット社長の座に着いた「島 耕作」

あるいみの幸運に恵まれ、そして自らの人柄で見事に出世した男

現在は新たな開拓市場のためブラジルへ。

その一方では過去に吸収合併した相手側の会社員らがクーデターを目論むといった展開が。

なんとなくビジネスの国取り物語である。


「出世してタイトルが代わっていくマンガなんて名作漫画“のらクロ”以来ですね」
と漫画編集者に言われたそうだ。

前にも紹介した弘兼憲史の「黄昏流星群」は都の条例違反になることなくいまだに連載が続いている。

セックスといった濡れ場や女性のヌードなど登場するがやっぱり今時の魅力「萌え」が感じられない。

弘兼憲史の描く女性の裸はリアル、現実的ではなく俗物的である。

しかしなぜ「弘兼憲史」が注目のキーワードに!?

モバゲーの「出世バトラー島耕作」?なるほどこのためか。
[PR]
by notyou0508 | 2011-12-21 21:43 | 漫画・アニメ | Comments(0)