書店から消えて無くなるマンガ?

c0192523_225081.jpg

前回の田中圭一に続いて紹介するのはマンガ雑誌!

集英社 ビジネスジャンプ!

「霊能者 小田霧響子の嘘」「怨み屋本舗」「傷だらけの仁清」どこかで聞いたことあるタイトル、

エッチなシーン満載の漫画「甘い生活」「マンキツ」「幼な妻マープルの事件簿」

さらには漫画家連載陣の中に「サラリーマン金太郎」の“本宮ひろし“

「野球狂の詩」「ドカベン」などで知られる大御所”水島新司”

「ぼく、オタリーマン」の“よしたに”といった人たちも参加中!

雑誌価格・290円という安さ!生活苦の中年からお小遣いの少ない学生までもが楽しめるマンガ雑誌であった。

問題はさきほど紹介したとおり雑誌の大半を占めているのは「エッチな漫画」であった。

例えば“弓月光”の「甘い生活」ビジネスジャンプの長期連載作品、いわゆる「こち亀」?

主人公の男性が下着会社のデザイナー、ゴッドハンドという技を駆使して

下着を開発しては女性たちを勇気や自信などを与える物語。

ゴッドハンドというのが女性の体に触ったりすることだから

気持ちのよさに女性たちが思わず声をあげてしまう。

さらに女性の下着姿がいやでも登場してしまうのだ!これはすごい。

「マンキツ」「幼な妻マープルの事件簿」はそれぞれ“春輝”“遊人”といったエッチな漫画のベテラン!

さらに月一回ごと連載の『My doll house』、作者・唯 登詩樹(ゆい としき)もまたエッチな漫画のベテラン

今流行りの「男の娘」を主人公にした漫画、

髪を伸ばして胸を豊胸手術して女装してファッションモデルをしている大学生、

豊胸?ということはコレは「ニューハーフ」?

とにかく紹介した漫画だけでも”東京都青少年条例改正案”の規定にひっかかる表現がある。

今のところドラえもんでいえば「しずかちゃんの入浴」、“いやーん!まいちんぐ”で知られる「パンチラ」

といった表現はまだ許すといわれている。いやでもコレは矛盾しているぞ、都知事!

太郎ちゃんが怒るぞ「こんな条例やめてしまえ!」とか

消えて無くなる度数 ★★★★☆



追記・2011年10月、まさか出版元、集英社の都合でスーパージャンプ誌との合併で本誌は完結。本当になくなるとは思わなかった。
[PR]
by notyou0508 | 2011-01-05 22:38 | 日記・雑談(その他)

ブログの更新は気まぐれです。とりあえず漫画などの紹介をします。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31