拝啓、呉智英さまへぜひ読んでもらいたい本?

X-MEN/アベンジャーズ ハウス・オブ・M

ブライアン・マイケル・ベンディス / ヴィレッジブックス



「マンガ狂へつける薬」の著者・呉智英さま、あなたはXメンをご存知でしょうか?

ヒュー・ジャックマン主演のSFアクション映画にして米国のベストロングセラー

Xメン原作で長年の宿敵マグニートがついに自分の野望をかなえた物語

実の娘スカーレットウイッチことワンダの力を利用してミュータントが支配する楽園を完成させてしまったのだ。

かってマグニートは幼い頃、ユダヤ人ゆえにヒットラー率いるドイツ帝国軍によって

強制収容所へ収監され迫害を受けた悲しい過去の持ち主

そんなマグニートが大人になって自らミュータント(新人類)としての力をつかって

世界征服をたくらむのでした。まるでこれは日本の小説、「カリスマ」著・新堂冬樹をおもわせる展開だったのです。

当ブログで紹介するのは「ハウス・オブ・M」の内容はなんといえばいいでしょうか?

カボチャの馬車、ガラスの靴で有名な「シンデレラ」に近いかも?

原作の「シンデレラ」はなんでもガラスの靴が原因で2人の義姉が大怪我をしたとか。

「ハウス・オブ・M」もラスト、ワンダの魔法で残ったモノは悲しい結果だった。

やっぱり「シンデレラ」に似ているかも?
[PR]
by notyou0508 | 2010-11-05 02:39 | アメコミ | Comments(0)