「神話ポンチ」2010年注目すべきマンガVS「聖☆おにいさん」


神話ポンチ 1 (ヤングガンガンコミックス)

桂 明日香 / スクウェア・エニックス



「天体戦士サンレッド」でも読もうと買ったヤングガンガン誌、その時ちょうど『神話ポンチ』が載っていた。
作者は『ハニカム』などでおなじみ桂 明日香

内容はギリシャ神話の神様らが人間のお宅へ居候、最初は『聖☆おにいさん』に似た感じとおもった。
最初の話はどんなものかと漫画喫茶や立ち読みできる古本屋で探してみたらなかなかみつからず
ついに書店で購入、漫画喫茶で「聖☆おにいさん」既巻全部読んだしちょうどよかった。

へそまがり主人公・デイゴは狭い家の中で家族5人暮らしが嫌で独立を考える。
一方、ゼウス神の命で“狂気の神リュッサの壷”を探すことに人間界へ降りた女神アテネ
豪邸・お屋敷で下宿屋を開く相談に来た青髪の女子、辺部空子(へんべそらこ)
不動産屋でデイゴと出会い、なぜか空子のもっていた壷が“リュッサの壷”!
デイゴのへそまがり?卑屈を貫く性格に反応してデイゴは狂気の神に取りつかれてしまう。
そこから3人の共同生活が始まるのであった!?

デイゴとリュッサの壷を切り離すには“デイゴの絶頂な幸福感”か“宿主デイゴの死”???
デイゴに惚れてしまうアテネは何とか幸せにしようと奮闘する

応援にやってきた女神アルテミス、賭博・嘘つきの神ヘルメスの登場さらに
現在アルテミスの兄・アポロンまでもがやってきて同居中!お約束のどたばたが!?

第1巻のラストでヘルメスが言う「(デイゴ)君には選択肢なんてないんだから」という怖い印象を残し終わってしまう。そもそもなぜ辺部空子が“リュッサの壷”をもっていたことが最大の謎?

もともと作者の巻末コメントではデイゴも空子も元々神話の登場人物がモデル
なんでもヘラクレスの幼名とヘラクレスの妻になるヘーベーからだとか。
ヘラクレスは試練を乗り越えて神様に昇格する物語だそうだ。

まさかネタバラシになるかもしれないが最後ダイゴ自身が神様になっちゃたりして???

第1巻ではアルテミスの天然さが嫌いでSMのようなお仕置きして喜ぶデイゴ!?
デイゴは狂気の神ならぬ狂喜の神になったりして????

多分、「聖☆おにいさん」ピンチかな?神話ポンチのでてくる女神は今やお約束のグラマー
まさか対抗策にセクシーな女神が「聖☆おにいさん」にでたりして???
両作品の似ている度数★★★☆☆

聖☆おにいさん 4 (モーニングKC)

中村 光 / 講談社


桂 明日香・その他作品

ハニカム 1 (電撃コミックス)

桂 明日香 / アスキー・メディアワークス


[PR]
by notyou0508 | 2010-02-09 18:19 | 漫画・アニメ | Comments(0)