「たいようのマキバオー」舞台は高知だった!?

たいようのマキバオー 1 (プレイボーイコミックス)

つの丸 / 集英社



実はマキバオーの家は高知県なのです!?

あの名作「みどりのマキバオー」続編、「たいようのマキバオー」
初代マキバオーことたれ蔵の甥っこ・文太が行き着いたところはなんと高知県!

高知・春野競馬場で活躍するアイドル馬なのです!ところがなかなかレースで1番になることなく
マイペースで走る文太、しかしある来訪者の登場がきっかけで競走馬としての自覚に目覚めるのであった!?

相棒ともいえる“ねずみのちゅうべえ”にかわって“土佐闘犬の雷電”が登場

初代とはどことなく違う2代目マキバオー・文太、実は母親マキバ子はたれ蔵の種違いであると同時に
ベテラン競走馬カスケードの腹違い!そのため文太にはカスケードと同じ髪形であるのだ!
[PR]
by notyou0508 | 2010-01-11 23:53 | 漫画・アニメ | Comments(0)