この間、台湾に行ってきました。

8月2日から5日にかけて台湾・台北へ旅行しにいってました。

旅行前から自分は正直イヤイヤという感じでした。
なんせ母と妹さらに祖母・大叔母さんら家族親戚
ほとんど鞄持ちになっちゃうよ
しかも父や祖父大叔父らは仕事や用事があっていけないときた。
まあ仕方がないからお供することに
泊まったホテルはなんとなく酒みたいな名前だった。

お酒といえば「青島ビール」「台湾ビール」飲んだらなんとなく
ブルーチーズみたいな味する、体調不良だったのかすぐに体が真っ赤か
それともあれか?工業アルコールでも混ぜているかも?

JTBのガイドさんは面白い人だった。もちろん台湾の人だけど
貿易商の両親と一緒に日本・神戸で昔暮らしていたそうだ。
おかげで日本語ペラペラ、時々「布団がふっとんだ」という感じ
のギャグを連発、日本・関西の方に住んでいただけのことがある

初日のコースは台北の観光地・金山(チンサン)
なんでも宮崎駿アニメ「千と千尋の隠し」の元ネタ
湯婆(ユ・バーバ)の屋敷に良く似た茶屋で台湾の茶を
味わいました。日本とは違うお茶の入れ方にビックリしました。

その日の夕飯は大変、ガイドさんに進められて行った店
は旨そうでしたが、祖母2人は僕らの話をよく聞かずに注文をすすめて
しまい、見事に失敗!向こうの、台湾の味付けは辛かった!
台湾では普通の味付けが祖母2人には体に毒なので
もったいないので自分が食べることに、他のメニューが食べたかったよ

2日目のコースは台湾の靖国神社という「忠烈祠」、偉人・蒋介石の「国立台湾民主記念館」
大きな神社「行天宮」、さらに「国立故宮博物院」をまわった。

「忠烈祠」で兵隊さんらが立ちんぼ
ガイドさんの説明では台湾の兵隊さんはちゃんとスマートでカッコいいヒトでないダメとか?
確かにスマートだった
蒋介石の記念館は半分が改装中だった。なかなか大きな建物だった。
「行天宮」は日本の神社と違い、派手だった。柱の細工はまだしも黄色かオレンジの屋根瓦
その他に金色の鉢、屋根飾りの鳥やその他動物など台湾のポップアート!

最後の「博物院」は凄いものが多かった。
日本のフィギュア会社「海洋堂」もビックリ!玉器の彫刻品数々
イナゴやコオロギがのせている白菜、見るからにほんものそっくりの豚肉煮
さらに柿の種で創ったお船?、ほとんど最古のフィギュアだよ!!

台湾ではトイレの使用法がある意味最悪だった。博物院でとてつもなくトイレにいきたくなった
無事用をたすことができたが大変なのはその後
なんでも尻を拭いた紙を流さずに横のゴミ箱に捨てなくてはいけなかった。
そこはウオシュレットも設置されてなく時間がかかった。
無事に何とか終えて手を洗ってたら掃除のオバちゃんがやって来て怒られた
なんでだ?その時ちゃんと流したはずだったが紙の使いすぎで注意されたのか?
とにかく謝って自分外人とわかって許してもらえた。

その日夕飯・北京ダックが入っていたが祖母2人らが肉類を嫌っていたので
またその日は仕方なく自分が食べるハメに。
ガイドさんから聞いた話だとだされた料理を食べきれないなら残すことも作法(マナー)
だときいた無理して食べなくても良かったなコレは。

3日目のコースは自由行動、午後5時の夕飯まで自由
昭文社のガイドブック「新個人旅行・台湾」を片手にでかけた。これは結構解りやすい本だった。
行って見たいと思ってた
「萬年商業大樓」(ワンニエンサンイエターロン)、「誠品書店」(ツェンピンスーティエン)

どちらも別々の町だったので地下鉄で行くことに、なんでも台湾地下鉄は地下街同士つながっていて
その気になったら歩いていけると思ったが止めておいた。初めての不慣れなモノなので
20元(60円くらい?)で安い運賃、後はほとんど日本地下鉄とかわりなかった。
いってみたらソコは東京・中野ブロードウェイとジュンク堂を想わせるところだった。
「萬年商業大棲」はほんと中野ブロードウェイ
少しわかったのが台湾でもフィギュアショップがあった、ケロロ軍曹やガンダムなどのプラモが!
さらに幼い子供達にはドラえもん!キティちゃんなど定番キャラが!

「誠品書店」で驚いたのがなんと座り読み!
床に座ってほとんど座り読みされていたのだ!?
中にはもちろん女性もすわり読み、顔は見えなかったがズボンからチラッとパンツが・・・ゴクッ

ファッション、オシャレにはいてるシューズがクロックスなど、しかしゲーム機がなかなか見当たらなかった
ゲームセンターをみたらプリクラ、クレーンゲームはまだいいとして他のゲーム機が以上に古すぎた!
もう10年それ以上は古いタイプのモノなどが置いてたりした。

地下街をあるくとゲーム機「Will」が展示されもちろん遊んでる子供達がさらに大人までもが!?
自分の泊まってるホテルの地下街の方はDVDがいっぱい置いてある店が!「功名が辻」「利家とまつ」など時代劇、さらに深夜ドラマ「33分探偵」「名探偵天下一五郎」などが!

その晩飯はB級グルメのシュウマイ店へ
ウエイトレスウエイターが皆これがなかなかカッコいい人達ばかり!
そして世界一高いといわれる101タワーへ高みの見物の夜だった

最後の日お昼、迎えのバスに乗って帰国

台湾にはスターバックスコーヒーやなじみのあるコンビニがいっぱい
“K”マークでおなじみの「サークルK」が“OK”と表示されてたり
ファミリーマートも漢字名でだされていた。
中でもセブンイレブンに新鮮味を感じた
なんせいまだに自分の住む高知には今だにセブンイレブンがないから。
[PR]
by notyou0508 | 2009-08-09 23:03 | 日記・雑談(その他)