「パリセン」2009年注目すべきマンガ&小説「ギャグスタ」

c0192523_1212521.jpg


月刊ヤングキング・少年画報社の新連載「パリセン」

塚脇永久、カナリ前にウヒョ助名義でいくつか漫画をだしてきて、とある時期に出した読みきり漫画と
発表と一緒にペンネーム改名、今にいたる。ちなみにその作品は今おもえば新作「パリセン」の元ネタ
の1つかも知れない。なんせ舞台はヤンキーだらけの工業学校だ。

ちなみにこの間、書店で購入した新堂冬樹の新作「ギャングスタ」
挿絵のせいか漫画と誤認してしまう。
それもそのはず「漫画版・無間地獄」「漫画版・夜騎士物語」で画を描いた早川ナオヤだ!
思わず購入、ここで紹介した二作見るからに番長モノだ。

ガリベンが親に反感し自由とキャンパスライフを求めてやってきたトコロが不良の巣窟?「パリセン」
パシリだった男が喧嘩の達人と知り合い、出世していく物語「ギャングスタ」

評論家・呉智英にとりあげられちゃったりして・・・?

追記・このあいだ「ギャングスタ」旅行中に読んでしまった。
どことなく笑えてしまうシーン、不良四天王の一人がプリンをこよなく愛するシーン
がなんとなく笑える。さらに覇王・拳王・魔王のトリオの登場など

ギャングスタ

新堂 冬樹 / 徳間書店



マンガ狂につける薬 下学上達編 (ダ・ヴィンチブックス)

呉智英 / メディアファクトリー


[PR]
by notyou0508 | 2009-07-23 12:05 | 漫画・アニメ | Comments(0)