「BILLYBAT」(ビリーバット)の感想と原案者・長崎尚志のオタクぶり

c0192523_029271.jpg

モーニング連載中の「ビリーバット」、画は「20世紀少年」でおなじみ浦沢直樹
自分の創ったキャラクターが実は盗作だった?
戦後のアメリカでファンシーキャラ「ビリー・バット」を描く日系2世ケヴィン・ヤマガタは日本に自分と同じコウモリキャラクターの存在を知った。真相を確かめるために再び日本へ渡り調べるうちにビリーバットの悪夢にさい悩まされる。
気がついたら目の前に死体が・・・・!?

と、ビリーバットが「殺して権利を一人締めしろ!」という展開が自分の読んだ小説「タイムスリップ森鴎外」
を連想させてしまった。
なんせ森鴎外のまわりで他の小説家達が若くして早死してきた原因は新鋭小説家・江戸川乱歩がライバルを消すためだったというオチなのだ。作者は…クジラさんだったけ?

タイムスリップ森鴎外 (講談社文庫)

鯨 統一郎 / 講談社

命を狙われる森鴎外がふとしたことで
現代へタイムスリップ!?
そこでじっくり考えた「犯人にはアノ人?」
好都合に小説作家夫婦の一人娘にひろわれる展開もありましたが、自分としては面白い作品でした。

スコア:


「ビリーバット」の作中で登場する数々の小道具でビックリしたのは「新宝島」である。
手塚治虫の若い頃の作品、自分も見たことない裏側までしっかり描かれている実物を描いたとしか思えない。多分、長崎氏が資料として実物を持ってきたのだろう!こんなの持っているなんて相当なコレクター
いや、オタクである証拠だ!今にも「ビリーバット」コミックの実物を持ってきそうだ!?


なんでも長崎氏は別名・東洲斎写楽でもあり「ディアスポリス」の原作者リチャード・ウーでもあるそうだ。
[PR]
by notyou0508 | 2009-02-22 01:10 | 漫画・アニメ

ブログの更新は気まぐれです。とりあえず漫画などの紹介をします。
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30